ベラジョンカジノコラム

ベラジョンカジノで噂される回収モードは実在する?ベラジョンカジノの運営の仕組みから、実態を解説します

ベラジョンカジノ 回収モード

あっという間にテーブルゲームで5連敗。ブラックジャックではディーラーのアップカードがまた10など、どうにもこうにも勝てそうな気がしない流れが存在します。

このような場面では、オンラインカジノ側が操作して、勝てないようにしているんじゃないの?と疑いたくなることもあります。

このような場面は回収モードと表現されることもあるようですが、実際にオンラインカジノ側が意図的に回収モードを作ることがあるのでしょうか。

オンラインカジノの仕組みとカジノゲームの性質を確認しながら、回収モードが存在するのかを解説していきます。

ベラジョンカジノの回収モードとはプレイヤーが絶対に勝てない状態のこと

回収モードとはプレイヤーが絶対に勝てない状態のこと

オンラインカジノで遊んでいると回収モードという言葉を目にすることがあります。回収モードとは、プレイヤーが勝つ可能性が低い状態を指す言葉として利用されています。

実際にオンラインカジノで遊んでいると、ブラックジャックでは、常にディーラーのハンドが強く、アップカードが[A]や[10]カードが連続して、どうにも勝てる気がしない流れがあるのは確かなことです。

同じように、スロットマシンでもスキャッター揃いが中々出現せずに、ボーナスゲームの獲得ができない。やっと獲得できたボーナスゲームなのに、獲得できた賞金がショボい配当で終わることは度々あることです。

このような時は、回収モードとも呼ばれる絶対に勝つことができない状態なのでしょうか。

結論としてベラジョンカジノに回収モードはない

スロット

先に結論からお伝えしますが、ベラジョンカジノをはじめとするオンラインカジノに回収モードなるものは存在しません。

「でもバカラで10連敗をしたり、スロットマシンで全然ボーナスゲームを獲得できないときがあるじゃないか」と言いたい気持ちはわかります。

しかしこれらは回収モードであるがゆえに起こったことではないのです。ゆえにベラジョンカジノでは回収モードがないと言わざるを得ないのです。

それでもベラジョンカジノの回収モードを疑いたくなる理由

そもそもベラジョンカジノで回収モードを疑いたくなるのには、それなりの理由があります。バカラのような勝率が約5割のゲームで、大きな連敗が続く場合には疑いたくなります。

この他勝負と判断して賭け金を上げたタイミングで負ける確率が高い場合なども疑いたくなります。

さらにゲームの仕組みが分かりづらく、理解に至るまでに負債額が大きくなれば、回収モードと疑いたくなる気持ちも理解はできます。

このように回収モードを疑う要因は、プレイヤーが負けをスムーズに受け入れられないことから生じているのです。

回収モード?

  • 何連敗もしてしまう
  • 賭け金を上げると負ける
  • ゲームの仕組みがわからない

ベラジョンカジノに回収モードがない明確な理由

ベラジョンカジノに回収モードがないと言われても、実際に連敗が続く、ベットを上げると負けるなどがあるので信用できないと言う方のために、回収モードなるものが存在しない明確な理由を解説することにします。

これらを確認すれば意図的に回収モードなるものを設定できないことが分かります。

意図的に行えない確認もできれば、回収モードの存在を打ち消すことができるはずです!

ゲームにはRNG(乱数発生器)が採用されている

RNG(乱数発生器)

ベラジョンカジノで配給されているカジノゲームにはRNGと言われる乱数発生器が採用されています。

RNGとはランダム・ナンバー・ジェネレイターの略語であり、ゲーム毎に乱数を発生させる装置です。

この乱数によって当たり外れが決められるので、意図的に外れを出す。意図的に当てることは不可能になります。

さらにゲームごとに決められた還元率を守るプログラムをこのRNGに連動させれば、決められた還元率の中でランダムに当たり外れを決めることができるのです。

このRNGが提供されるゲームに使用されている以上、回収モードなるものを作ることはできません。

正式なライセンスの取得及び第三者機関の存在

第三者機関

ベラジョンカジノは正式なライセンスを取得しているオンラインカジノです。ゆえに提供しているゲームの公平性は常に監査される状況にあります。

同時にゲームを配給するプロバイダーにおいてもライセンスを取得し、同様な状況にあるのです。

さらに後押しをするのが、第三者機関の存在です。

ベラジョンカジノにカジノゲームを提供するプロバイダーは、第三者機関の監査を受ける体制を整えています。

このような状況下で回収モードなるものが存在するとすれば、それは公平性を欠く事態となるわけです。

何かした場合、即刻、第三者機関の監査で発覚してしまいます。

同様にライセンスを発行する機関の監査でも発覚します。

これまでそのような事案がベラジョンカジノにないということは、回収モードなどはないことの証明になるのです。

イカサマをするメリットが一切ない

不正 イカサマ

ベラジョンカジノがこのような回収モードのようなイカサマ行為に近いことをするメリットは何ひとつ存在しません。

あえてイカサマと表現をしますが、このような不正行為はライセンスのはく奪につながります。

ライセンスがはく奪されれば、オンラインカジノとしての運営が行えなくなってしまいます。

ベラジョンカジノは創業以来、多くの日本人カジノプレイヤーを獲得してきました。イカサマをすれば、その多くの顧客を失うとともに、企業としての未来をも失うことになります。

このような大きなリスクを背負ってまで、イカサマをするかと考えれば、その答えは明らかなはずです。

ベラジョンカジノがイカサマをするメリットは、何ひとつないのですから絶対にイカサマはないのです。

ベラジョンカジノで回収モードだと感じる理由は全て理論的に説明できる

説明

それでも連敗が続いたり、ベット上げのタイミングで負けたり、ボーナスゲームが中々獲得できないことがあるのも確かです。

これらの事柄が論理的に説明できるとすれば、回収モードはないことの証明ができると言えます。

勝率が偏っているように感じる

落ち込む

連敗、連勝は勝率の偏りが生じている場面です。勝率が約5割のゲームにおいて、少ないゲーム数では偏りの影響を強く受けます。

例えば10ゲームのルーレットにおいて、球が赤に入る確率も黒に入る確率も約50%です。

10回のゲームを行えば、理論上は5回ずつ出現することとなりますが、実際はこのような結果となる方が稀でしょう。

そのため10回という少ないゲーム数では、赤または黒のいずれかの方が多くなるのです。ゆえに確率が偏っていると錯覚してしまうのです。

大数の法則により最終的には還元率通りになる

大数の法則

この偏りはあくまでも一時的なものです。何万ゲーム、何十万ゲームと試行回数を増やすと、その確率は理論値に限りなく近くなります。

ルーレットの赤、黒の出現率でみれば、いずれも約48.6%に限りなく近づくのです。

もしこれが何万、何十万というゲームの試行を重ねても、赤の出現率が30%で、黒の出現率が67%となるような事態が生ずれば、これはイカサマということができます。

このように確率が理論値に収束することを大数の法則といいます。

言い換えれば少ないゲーム数では、大数の法則の影響はほぼありませんが、ゲーム数を重ねると徐々に大数の法則を受けることになるとの理解が必要です。

賭け金を上げ下げしていないのに負けてしまう

負けてしまう

賭け金額を変えずにプレイをすることをフラットベットと言います。

フラットベットをして勝つために必要な条件は、バカラ、ルーレット、ブラックジャックなどの勝率が約50%の賭けで、勝率50%以上を確保する必要があります。

厳密に言えば各ゲーム勝率は50%を切りますから、ゲーム数を重ねれば重ねるほど、勝率50%を大きく超えなければなりません。

つまり理論上の勝率を大きく上回ることができなければ、勝つことができないのです。

ゆえに賭け金額を上げ下げしないフラットベットでは勝つことが難しいというわけです。

控除率の問題で、フラットベットは還元率100%以下なら必ず負ける

控除率

このフラットベットを繰り返すことは、実は確実に負けることを意味しています。

それはギャンブルに必ず付きまとう控除率が影響するからです。

控除率とは、毎回の賭け金からカジノ側が利益として受け取る報酬部分を指す言葉です。

わかりやすく言えば、毎回の賭け金額の一部をカジノ側に支払っているのです。

オンラインカジノでの控除率は、テーブルゲームで賭け金額の約3%前後、スロットマシンで約5%前後の金額になります。

勝率が約50%のゲームで理論上の勝率の通りの結果となると、一見勝ち負けなしのように思えますが、実は控除率分の負けが発生しています。

控除率が0%では運営者側が収益を上げられないため、ギャンブルとして成立できないことになってしまうのです。

ベラジョンカジノがゲームを操作しているように感じる

操作

オンラインカジノを楽しんでいて、理論上の確率では生じにくい事象が起きた場合。さらに同様の事象が繰り返された場合など、オンラインカジノ側がゲームコントロールしているのではないかと感じてしまうことがあります。

しかしオンラインカジノ側はゲームコントロールができない仕組みであり、ベラジョンカジノがゲームを操作するなどの事態は絶対にありえないのです。

RNGを導入しているうえ操作はできない

no

オンラインカジノのカジノゲームの多くは、RNGを導入しています。

このRNGは第三者機関が管理するため、オンラインカジノやプロバイダーが手を加えることができません。

つまりゲームを操作することは不可能なのです。仮の操作できたとしてもRNGが働くことで意図した結果が得られません。

▼ベラジョンカジノで勝てない人におすすめ

【参考】ベラジョンカジノで勝てない人、勝てる人の違いと特徴

ベラジョンカジノで勝てるようになるための方法と対策

ベラジョンカジノで勝てるようになるためにはいくつかの方法があります。

まずギャンブルの基本として資金管理をしっかりと行うこと。それと資金を十分に用意することです。

十分な資金がないと数回の負けで追い込まれ、無理な賭けを行わざるを得なくなります。その結果負けるリスクが大きくなるのです。

またプレイするゲームも重要性が高いです。

還元率の高いバカラやブラックジャックがおすすめ

還元率

次にカジノゲームの選択です。

大切な視点は還元率の高いゲームを選択することです。還元率が高いということは、勝ちやすいことを意味します。

この視点に立てば、バカラやブラックジャックといったテーブルゲームがおすすめです。

スロットマシンをやりたい場合、運の要素が強いため回数や資金をあらかじめ決めてその範囲内で遊ぶ必要があります。

常に負けを取り戻せる許容範囲内で遊ぶことが肝要です。

▼ベラジョンカジノのおすすめバカラ

【参考】ベラジョンカジノのバカラについて種類や遊び方をご紹介!

豊富なボーナスやイベントを活用していく

ベラジョンカジノのボーナス

ベラジョンカジノは、入金ボーナスの機会の多いオンラインカジノです。勝率を高めるためにもこのボーナスを利用しない手はありません。

例えば入金額の50%ボーナスを利用した場合100ドルを入金すると、150ドルの資金で遊ぶことができます。

純粋に資金が増える。資金的なゆとりができるので勝機に勝負をすることも可能になります。

また連敗時にも資金的ゆとりがあるために無理な勝負をしないで済みます。

このような理由からベラジョンカジノのボーナスは有効に活用するのが得策なのです。

▼ベラジョンカジノは入金不要ボーナスでお得に稼ぐ

【参考】ベラジョンカジノの入金不要ボーナス、登録ボーナスのもらい方と出金条件

ライブカジノで適切な攻略法を使う

ライブカジノで遊ぶ際は、適切な攻略法を活用することも勝率を上げるために必要です。

資金により使える攻略法が異なりますが、状況に合わせて適切な攻略法を使うことで、勝率を上げることが可能です。

一回一回の勝ちにこだわらず、トータルで勝つことを目指すことを考えれば、適切な攻略法を使えるようになるでしょう。

適切な場面で有効活用していきましょう。

▼ベラジョンカジノでおすすめのライブカジノについてはこちら

まとめ

ベラジョンカジノには回収モードという、プレイヤーが勝てない状態は存在しません。

それは提供されるゲームがRNGという乱数による管理がなされているからです。

このRNGは、ベラジョンカジノもプロバイダーも操作することができません。第三者機関が管理をしているので操作ができないのです。

またベラジョンカジノが回収モードのような不正を行う理由がありません。

ライセンスと第三者機関によって、不正は厳しく取り締まられています。万が一、不正を行った場合は、ライセンスがはく奪され、オンラインカジノやプロバイダーとしての運営が行えなくなります。企業が廃業をかけて不正をするはずがないのです。

つまり回収モードとは偶然の産物でしかありません。

このことを頭に入れてプレイすれば、負けが続くときは一旦プレイを止めるなど、冷静な対処ができるようになるはずですよ!

当サイトからのご登録で無料で30ドルプレゼント!
ベラジョンカジノ当サイト限定キャンペーン!
当サイトからご登録いただいた方にもれなく、 ベラジョンカジノで使えるボーナス30ドル(約3,000円)を無料プレゼントします!
今すぐ登録して無料特典を受け取る!

-ベラジョンカジノコラム

© 2021 ベラジョンカジノ専門攻略サイト