GPWA

バカラ

バカラのやめどきを見極める方法と撤退する目安について解説!

バカラのやめどき

シンプルなルールとド派手な稼ぎ方で人気の高い、バカラにハマる人はとても多くいます。

そんな中で勝ち続けられていれば何の問題もないですが、負け越してしまっている人も多くいるでしょう。

今回はバカラで負け越してしまう、どんなタイミングでやめるべきかわからない、という方にやめどきを解説。

バカラではどんなタイミングでやめるべきなのか、他のゲームにも共通するポイントを踏まえてご紹介します!

【注目】あなたにピッタリなオンラインカジノは?今話題の厳選オンカジランキング!

バカラのやめどきは?

バカラのやめどきについて

どんなカジノゲームでも、勝つときがあれば負けるときもあるもの。

どちらか一方に偏ることは基本的になく、一時的に偏っても最終的には勝率通りに収束していきます。

勝っていればいつやめても問題ないですが、負けてしまっているならやめるタイミングが重要です。

やめどきを理解することで自分の資金を守り、次のゲームへと資金を繋げていくことができます。

バカラのやめどきがわからない人の特徴

ダラダラと目標を決めずにプレイしている

負ける

やめどきを見失ってしまう人の多くは、ダラダラとプレイし続けてしまっている人が多いです。

目標などを決めることもせず、ただ時間がある限り、プレイし続けてしまうという人。

これではやめるべきタイミングを見失ってしまいますし、キリのいいタイミングがわからなくなってしまいます。

賭け金を変動させず賭け続けている

チップの賭け方に変化がない

賭け金を変動させず一定額を賭け続けることを、フラットベットと言います。

フラットベットをずっと行っていると、勝率よりも敗率が高いゲームにおいて、勝つことはできません。

その結果負け越してしまい、どんなタイミングでやめたらいいのかわからなくなります。

1ゲームで大きく勝とうとする

必ず勝っているタイミングでやめる

コツコツ稼ぐスタイルではなく、1ゲームで大きく稼ぐスタイルだとやめどきが難しくなります。

一度大きく勝ってしまうと、再び同じように勝てるのではないかと思うからです。

堅実にコツコツと目標に向かうスタイルよりも、一攫千金を狙っていくとやめどきの判断が難しいのです。

バカラのやめどきは損切りどき

損切りすることで資金を守る

損切り

損切りとは、損失が出ている状態で現在の取引をやめる、投資などの世界で使われる言葉です。

これと同様に、どうしてもうまくいかない日、どんなゲームでも勝てないような日には損切りすることが大事。

損切りは損失を確定してしまうため精神的にしづらいものですが、自分の大切な資金を守るためには必須です。

ムキにならないような場面で損切りする

熱くなったりムキにならないよう冷静に

熱中しすぎてしまうと、ある一定のタイミングで歯止めが効かなくなり、損切りすらできなくなります。

損切りせずさらにプレイし続けてしまうと、やめどきを見失うこととなるのです。

ムキになってしまうタイミングを見極めて、その前に損切りすることが重要です。

バカラのやめどきを見極める方法

10連敗したらやめる

アウト

あらかじめ連敗数や連勝数などできっちり数字を決めておく、というのはひとつの手段です。

目標金額や許容損失額とは違い、勝った数や負けた数で判断することができます。

例えば10連敗したらやめる、というように決めておくとやめどきを見極めやすくなりますよね。

手持ち資金の1/3を失ったらやめる

少ない資金

手持ち資金を失いすぎてしまうと、損失を回収することが難しくなってしまいます。

そうならないために、手持ち資金の1/3を失ったらやめる、というのをひとつの判断基準にするのもアリです。

この割合に関しては自分の資金と相談して、負担にならない金額で決めるのがポイントですよ。

目標利益を達成したらやめる

目標利益

もっともわかりやすいやめどきは、目標利益を達成したらその日はやめる、というのがおすすめ。

同時に許容損失額も決めておけば、勝っても負けても判断基準が明確です。

ただし目標利益を高く設定しすぎると、ダラダラとゲームを続けてマイナスになる場合もあるので、注意しましょう。

バカラのやめどきを必勝法で見極める

10ユニット法

10ユニット法

目標利益をあらかじめ決めて、その目標利益を10で割ります。

さらにこれを、数列のように書き出します。

数列の両端を足した金額が賭け金となり、勝利すれば両端の数字を削除。負ければ損失額を右端に足します。

これを繰り返していき、数字が全て消えたときには目標利益を確保できている、という状況でやめどきの判断ができます。

ラブシェール法

ラブシェール法

ラブシェール法は、10ユニット法のように目標利益を決めますが、分割する数は自由です。

積極的に利益を狙っていきたいときには大きく分けて、堅実に利益を狙いたいときには小さくわけていきます。

両端を足して賭け金とし、勝てば両端の数字を削除。負ければ右端に追加するだけでOKです。

ハーフストップ法

ハーフストップ法

ハーフストップ法は目標利益を達成しても、なかなかやめられないという人向けの必勝法。

目標利益の半分だけを使用可能な資金とし、なくなるまで使ってOKとします。

残りの資金は出金するなど、手を付けない状況にしておくと、一定の利益を確保し続けられますよ。

まとめ

やめどきを見極めることは、自分の大切な資金を守ることに直結します。

バカラのみならず、ブラックジャックやルーレットなど、どんなゲームにも共通すること。

簡単ではありませんが、1度やめどきを把握できるようになれば、自由に資金管理できるようになります。

まずは損切りをするクセ付けからしていき、やめどきを見極められるようになりましょう!

カジノの王様バカラで稼ぐならこのオンラインカジノがおすすめ!

カジノ初心者もシンプルなルールで始めやすい、そして稼ぎやすい!!

高額勝利金のGETチャンスが豊富なバカラで、しっかり稼げるオンラインカジノを厳選しました。

カジノの王様と言われるだけある、稼ぎやすさ・面白さ・スリル感のカジノゲームを体験してみてください。

→バカラで稼ぐならこのオンラインカジノ!厳選TOP10のオンラインカジノ

-バカラ