GPWA

バカラ

バカラの絞りのやり方や予想方法&マナーなどをまとめて解説!

バカラの絞りについてやり方や予想の仕方&マナーなどをまとめて解説!

バカラが世界的に人気の高いカジノゲームである理由は、この“絞り”にあると言っても過言ではありません!

絞りとは、カードをゆっくりとめくることで、どんなカードが出てくるのか予想すること。

特にランドカジノで流行りだした理由、そしてハイローラーがこぞって遊ぶ理由はここにあります。

今回はバカラの絞りについて、やり方やカード予想、そしてマナーなどについてもご紹介します。

【注目】あなたにピッタリなオンラインカジノは?今話題の厳選オンカジランキング!

バカラの絞りとは

ディーラーがカードをゆっくりとめくる

バカラの絞りとは、勝敗が決着するカードを、ゆっくりとめくっていく演出のひとつ。

カードの隅にある数字を隠しつつ、マークの数や絵柄の有無などで、どんなカードが出現するのか予想します。

ランドカジノでは参加プレイヤーたちが、オンラインカジノではディーラーが、絞りを行います。

何のカードか予想することこそが楽しみ

カジノ

絞りとは、ただゆっくりとカードをめくる、そして何のカードを予想するか、というだけの演出です。

それ以上でもそれ以下でもない、それがバカラの絞り。ですが、この演出が他では味わえない、緊張感をもたせてくれます。

特にランドカジノでは周囲の参加プレイヤーと顔を合わせ、喜び悲しみというのが絞りの醍醐味です。

親指でカードの数字を隠しながらめくる

親指でカードの数字を隠しながらめくる

バカラで絞りを行うときには、少しカードをめくった状態で、マークや絵柄だけが見えていなければいけません。

カードの数字は隅に記載しているので、この数字は親指で隠しながらめくります。

カードは使い切りなので、しっかりと数字を隠しつつ、折り曲げるようにめくって問題ありません。

バカラの縦絞り

縦絞り

まずはバカラの縦絞りからご紹介していきます。

カードのめくり方には2種類あり、それが『縦絞り』と『横絞り』です。

縦絞りでは、カードを縦方向に構えて、1辺の短い方を自分側に向けて絞ります。

縦絞りで予想できるカード

縦絞りで予想できるカード

縦絞りで予想できるカードの種類は、マークの数や絵柄などでこのように判断できます。

縦絞りの場合は、カードの絞り込みがかなり難しく、4~10のカード全てがマーク2つとなっています。

縦絞りをしたときのマークの見え方

マークが1つ(タテ/モーピン)

マークが1つ(タテ/モーピン)

縦絞りをしたときに、マークが1つしか見えない場合は『2・3』のどちらかです。

タテやモーピンなどと呼びます。

マークが2つ(足がある)

マークが2つ(足がある)

縦絞りでマークが2つあると、カードは『4・5・6・7・8・9・10』と全部で7種類のパターンがあります。

かなり幅広く予想できるようになるため、このときの緊張感はとても高まりますよね。

絵柄(ピクチャー/コン)

絵柄(ピクチャー/コン)

絵柄がすぐに見えたようなときには、絵柄3種類『J・Q・K』のどれかしかありません。

どのカードであっても、全て点数は0点なので、あまり期待ができるものではありませんね。

マークも絵柄もなし(エース)

マークも絵柄もなし(エース)

絞りをしたときに、何のマークも絵柄も見えないようなときは、カードが『A』であると確定します。

このときには1種類しかありませんので、縦絞りの時点でどんなカードかすぐにわかります。

バカラの横絞り

バカラの縦絞り

縦絞りに続いて、バカラの絞りには“横絞り”というものもあります。

これはカードを横向きにして、1辺が長い方を自分側に向けてカードをめくっていきます。

基本的には『縦絞り→横絞り』という順番で、それぞれめくり、横絞り後にカードをオープンします。

横絞りで予想できるカード

横絞りで予想できるカード

横絞りの場合は大きく分けて5種類になっているため、細かくカードを予想することができます。

マークの数や絵柄の有無など、細かく点数を予想していくことができるため、縦絞りよりも正確になります。

横絞りをしたときのマークの見え方

マークが2つ(ツーサイド/リャンピン)

マークが2つ(ツーサイド/リャンピン)

横絞りでマークが2つという場合には、カードは『4・5』のどちらかとなっています。

この時点で2種類のカードに絞り込むことができるため、横絞りはより正確だと言えますね。

マークが3つ(スリーサイド/サンピン)

マークが3つ(スリーサイド/サンピン)

マークが3つだった場合には、カードは『6・7・8』の3種類となります。

マークが4つ(フォーサイド/セイピン)

マークが4つ(フォーサイド/セイピン)

マークが4つだった場合には、カードは『9・10』のどちらかです。

勝負を決定付ける大きな役割を持つカードなので、どっちの数字なのかワクワクしますね。

絵柄

絵柄

横絞りをしたときに絵柄が見えたら、その時点で『J・Q・K』であることが確定します。

これは縦絞りのときと同様であるため、あまり期待できないカードですね。

マークも絵柄もなし(ノーサイド/モーピン)

マークも絵柄もなし(ノーサイド/モーピン)

横絞りでマークも絵柄もないようなときには、カードは『A・2・3』の3種類です。

2や3だけでなく、Aである可能性もある、というのがポイントになります。

バカラで絞りをするときのマナー

バカラの絞りには、ランドカジノにおいていくつかのマナーがあります。

オンラインカジノではこれらのマナーがありませんので、ランドカジノで遊ぶ時にだけ注意しましょう。

賭け金最高額の人が絞る

賭け金最高額の人が絞る

ランドカジノでの絞りは、基本的にもっとも賭け金が大きい参加プレイヤーが行います。

自分でカードをめくるドキドキ感や、他ゲームでは味わえないほどの緊張感があるもの。

特別な権利とも言える絞りは、賭け金が大きい人に対して、優先的に与えられるものなのです。

絞りが好調な人に譲るのもアリ

絞りが好調な人に譲るのもアリ

自分が絞りを行える立場になったようなとき、勝ち続けている人に譲るというのもおすすめ。

同じような賭け方をしている人で、好調な人に対して譲ることで、同様に連勝することもできます。

運要素がとても強いバカラだからこそ、こうしたオカルトのような考え方も重要だと言えますね。

バカラの絞りが楽しめるオンラインカジノゲーム

バカラスクイーズ

バカラの絞りが楽しめるのは、ランドカジノだけでなく、オンラインカジノでも同様。

オンラインカジノで絞りが楽しめるバカラといえば、もっとも人気のバカラスクイーズです。

このバカラスクイーズでは、美女ディーラーたちが勝負を決定付けるカードの絞りを行ってくれます。

バカラコントロールスクイーズ

自分で絞れるバカラコントロールスクイーズ

どうしても自分で絞りがしたい!という人には、バカラコントロールスクイーズというゲームがおすすめ。

このバカラでは、公開前のカードが伏せられているままで、スマホやパソコンから絞りを行えます。

カードを曲げるという演出はできませんが、スマホならスワイプ、パソコンならマウスでカードをめくることができますよ。

まとめ

多くのプレイヤーたちがここまでバカラにハマるのは、間違いなくこの“絞り”の存在が大きいでしょう。

緊張感のある演出だけでなく、その一瞬一瞬を丁寧に楽しんでいくことができる要素のひとつ。

ランドカジノでしか味わえなかったこの楽しみも、今ではオンラインカジノで楽しめるようになりました!

カジノの王様バカラで稼ぐならこのオンラインカジノがおすすめ!

カジノ初心者もシンプルなルールで始めやすい、そして稼ぎやすい!!

高額勝利金のGETチャンスが豊富なバカラで、しっかり稼げるオンラインカジノを厳選しました。

カジノの王様と言われるだけある、稼ぎやすさ・面白さ・スリル感のカジノゲームを体験してみてください。

→バカラで稼ぐならこのオンラインカジノ!厳選TOP5のオンラインカジノ

-バカラ