GPWA

ブラックジャック

ブラックジャックのエース(A)について特徴や使い方を詳しく解説!

ブラックジャックのエース(A)について特徴や使い方を詳しく解説!

ブラックジャックは一枚のカードがとても重く、簡単に勝敗が覆ります。

バストしてしまったようなとき、21が揃ったようなとき、カード一枚でその結果は決まります。

そんな中で、もっとも強く肝になるのが、エース(A)です。

今回はブラックジャックにおいて、エースにどんな特徴があるのか、カウントパターンや使い方についてもご紹介します。

【注目】あなたにピッタリなオンラインカジノは?今話題の厳選オンカジランキング!

 

ブラックジャックにおけるエース(A)の特徴

ブラックジャックのエースには、大きく分けて4つの特徴があります。

1または11としてカウントできる

1または11としてカウントできる

ブラックジャックでは通常、カードの数字をそのままにカウントしていきます。

そのままカウントするカードは2~10、そして「J、Q、K」は全て10としてカウントします。

そんな中、特殊なカウントであるエースは、“1でも11でもOK”というカウント方法になっています。

ハンドに適した数字に自動変換される

ハンドに適した数字に自動変換される

1でも11でもOKというエースは、ハンドによってバストしないような数字に自動変換されます。

例えばこちらのハンドにおいて、Q+3=13という状況。エースを仮に11としてカウントしたなら、その時点でバスト。

しかし、エースはバストしないよう自動変換されるため、バストするような状況では1とカウントするのです。

「10、J、Q、K」との組み合わせでナチュラルブラックジャックになる

「10、J、Q、K」との組み合わせでナチュラルブラックジャックになる

ブラックジャックにおいて、最初に配られたカード2枚で21が完成したとき、これをナチュラルブラックジャックと言います。

2枚のカードで21が完成する、ということは必ずエースを含んでいなければいけません。

組み合わせとしては「10、J、Q、K」のいずれかと、エースという組み合わせが必要になります。

エースを含んだハンドはソフトハンドという

ベーシックストラテジー

ブラックジャックで知られる基本戦略こと、ベーシックストラテジー。

このストラテジーチャートには3種類あり、そのうちプレイヤーハンドにエースを含んでいると、“ソフトハンド”と呼ばれます。

エースを持っていない時と持っている時では、取るべきアクションが異なっているということですね。

ブラックジャックにおけるエース(A)のカウントパターン

パターン1. 1と11のどちらでもOK

ブラックジャックにおけるエース(A)のカウントパターン

エースが配られたとき、もう一枚との組み合わせでバストしないとき、1でも11でもOKです。

例えばこの図のように、エースと6という組み合わせ。パターンとしては以下の2パターンになるため、どちらでもOKなのです。

ポイント

1カウント:エース+6=ハンドは7

11カウント:エース+6=ハンドは17

パターン2. 1と11が自動で決まる

バストを回避するカウントパターン

ブラックジャックにおけるエース(A)のカウントパターン

仮にエースを11としたとき、バストしてしまうような場合には自動的に1にカウントされます。

例えばこちらの図では、エースにプラスで4と7なので、11カウントだと22になってしまい、バストします。

ポイント

1カウント:エース+4+7=ハンドは12

11カウント:エース+4+7=ハンドは22

21になるカウントパターン

21になるカウントパターン

また、バストはしないものの11カウントにすることで、ハンドを21にすることもできます。

それがこちらのようなパターンで、エースにプラスして4+6。

エースを11とカウントすることにより、ナチュラルではないものの、ハンドは21となります。

ポイント

1カウント:エース+4+6=ハンドは11

11カウント:エース+4+6=ハンドは21

パターン3. エースが2枚以上のハンド

エースが2枚以上のハンド

ハンドにエースが2枚あるようなとき、エースカウントのパターンは3種類になります。

ただし、そのうちひとつのパターンはバストとなるため、実際には2種類です。

スプリットをプラスすると、さらにハンドのパターンは広がることになります。

ポイント

2枚とも1カウント:エース+エース+8=ハンドは10

2枚とも11カウント:エース+エース+8=ハンドは30

1枚ずつ1と11でカウント:エース+エース+8=ハンドは20

ブラックジャックにおけるエース(A)の最強ハンド

ブラックジャックにおけるエース(A)の最強ハンド

ブラックジャックにおいて、もっとも強いハンドといえばエース+「10、J、Q、K」という組み合わせ。

最初の2枚がこの組み合わせとなれば、その時点で負けることはなくなります。

ほぼ勝ちが確定しますが、仮にディーラーもナチュラルブラックジャックならば、プッシュ(返金)となります。

ナチュラルブラックジャックならば、通常の勝利よりも配当が高い、2.5倍となっています。

ブラックジャックにおけるエース(A)のスプリット

エース2枚のハンドは必ずスプリット

エース2枚のハンドは必ずスプリット

最初に2枚がどちらもエースだった場合、基本的な戦略としてはスプリットが正解です。

この時点でハンドは2もしくは12となり、このままのハンドではどちらも強いとは言えません。

しかし、これをスプリットすることで、3割の確率で引くことができる「10、J、Q、K」を引き、21にできる可能性がとても高いのです。

注意

エースのスプリット後は、ハンドがとても強いため「ヒットは1度しかできない」、というルールを採用しているカジノが多いです。

ベーシックストラテジーで見るスプリット判断

ベーシックストラテジー

ブラックジャックの基本的な戦略をまとめたベーシックストラテジーでも、エースのペアはスプリットを推奨しています。

これはディーラー側のアップカードが何であろうと、必ずスプリットにするという判断になります。

確率的にもこのスプリットが、もっとも勝ちやすいパターンであるということです。

ブラックジャックにおけるディーラーのエース(A)

ディーラーのアップカードがエースである

ディーラーのアップカードがエースである

ここまではプレイヤーのエースについてご紹介してきましたが、ディーラーのアップカードがエースであるパターンも重要。

エースは「10、J、Q、K」との組み合わせで、ナチュラルブラックジャックとなり、その時点で勝敗が決まります。

プレイヤーがナチュラルブラックジャックではない場合、ディーラーだけがエースのアップカードだと、インシュランスを選択することができます。

インシュランスは保険をかける行為

インシュランスは保険をかける行為

インシュランスとは、ディーラーがナチュラルブラックジャックであることを予想する、という選択肢です。

通常、プレイヤーがナチュラルブラックジャックでない状態で、ディーラーがナチュラルブラックジャックだと、その時点で負け。

しかし、インシュランスを選択し、見事成功したならば3倍の配当がもらえます。

インシュランスには追加チップが必要ですし、仮に失敗すると追加チップはそのまま没収されてしまいます。

まとめ

ブラックジャックにおけるエースは、とても重要なポジションを持っていることがわかりました。

どれだけ重要なのか、またエースを引いた際の適切なアクションなども、ぜひ覚えておきましょう。

ブラックジャックで稼ぐなら、勝つなら、このエースというカードがとても重要になりますよ!

実力で勝つ!ブラックジャックがおすすめのオンラインカジノ5選!

blackjack_cta_01

自分の実力がそのまま結果に反映される、そんなブラックジャックだからこそ面白い!

還元率が唯一100%を超えると言われ、判断ひとつで勝ててしまうのがブラックジャック。

当サイトが厳選に厳選を重ねた、大注目のオンラインカジノ5選を選び抜きました!

→還元率102%!実力で勝ててしまうブラックジャックで注目のオンラインカジノ5選!

-ブラックジャック