GPWA

攻略法

31システム投資法(31法、2連勝法)の特徴や賭け方、実際に使える必勝法なのか徹底解説!

31システム投資法(31法、2連勝法)の特徴や賭け方、実際に使える必勝法なのか徹底解説!

ギャンブルで重要なのは、資金管理を徹底して行うこと。いつか訪れるチャンスをものにできる資金を、どんな時にも手元に残しつつ勝負を行うことです。

そんな資金管理の側面から、特におすすめなのが31システム投資法。

あらかじめ最大負債額を把握できるだけでなく、小さなチャンスをものにすることでコツコツと利益を積み上げる必勝法です。

今回の記事ではこの31システム投資法について、特徴から活用法までを詳しく解説してきます。

【注目】あなたにピッタリなオンラインカジノは?今話題の厳選オンカジランキング!

もくじ

31システム投資法とは?

31システム投資法

31システム投資法は、大きなリスクを背負うことなしにコツコツと資金を増やすことを目的としたベット手法です。

「31」という名称の「31」は、このベット手法のカギを握る数字です。

まず賭け金額を4つのグループに分割します。

その内訳は「1単位」のグループ3つ、「2単位」のグループ2つ、「4単位」のグループ2つ、そして「8単位」のグループ2つで構成されています。

これらすべての数字を加算すると「31」になるので、31システム投資法と呼ばれているのです。

31システム投資法の特徴

2連勝すれば利益を出せる

グループ ゲーム数 賭け金 勝敗 累計損益
A-1 1 1ドル 勝ち +1ドル
B-1 2 2ドル 勝ち +3ドル
A-1 3 1ドル 負け +2ドル
A-2 4 1ドル 勝ち +3ドル
B-1 5 2ドル 勝ち +5ドル

31システム投資法は2連勝または、9セット完走でリセットするベット手法です。つまり2連勝をすれば、必ず利益が得られるようになっています。

勝利した場合、次のステップへ進み賭け金額を上げます。

表のグループの項目であるA-1は、1単位の賭け金をAグループ、数字は同じグループでの賭け回数を表しています。

例えば3ゲーム目はA-1で1ドルの賭けをしていますが、負けたので4ゲーム目ではA-2へ進み再び1ドルの賭けをしていることを表しています。

ここでのポイントは、2連勝をすると必ず利益が確定している点で、2連勝すると必ず利益が確定します。

攻略法に失敗しても損失額は最大で31ドル(約3,100円)

グループ ゲーム数 賭け金 勝敗 累計損益
A-1 1 1ドル 負け -1ドル
A-2 2 1ドル 負け -2ドル
A-3 3 1ドル 負け -3ドル
B-1 4 2ドル 負け -5ドル
B-2 5 2ドル 負け -7ドル
C-1 6 4ドル 負け -11ドル
C-2 7 4ドル 負け -15ドル
D-1 8 8ドル 負け -23ドル
D-2 9 8ドル 負け -31ドル

冒頭でも少し触れていますが、31システム投資法は4つのグループ、最大で9回を1セットとした必勝法です。

勝てば次のグループへ進みます。負けた場合は同一グループで規定回数の賭けを行います。

ですが、Aグループでは3回、その他のグループでは2回連続で負けると自動的に次のグループへ進む決まりがあります。

最大の損失額は、1ドルから活用した場合で9連敗した場合の31ドルです。仮に失敗しても、最大で31ドルの損失に抑えることができます。

31システム投資法の基本的な流れ

31システム投資法は1単位の賭け金のAグループで最大3回、2単位のBグループ、4単位のCグループ、8単位のDグループで最大2回の賭けを行います。

基本的な流れは勝ったら次のグループへ進み、負けた場合は規定回数内であれば同額の賭けを行います。

そして規定回数が終了すれば、自動的に次のグループへ進みます。

結果、最長で9ゲーム1セットです。そして最短で早々に2連勝した場合、2ゲームが最短ゲーム数となります。

31システム投資法はA~Dの4グループに分けた表を使って賭ける

31システム投資法のグループ表

グループ 賭け金
A(A-1、A-2、A-3) 1ドル
B(B-1、B-2) 2ドル
C(C-1、C-2) 4ドル
D(D-1、D-2) 8ドル

まずは、A~Dの各グループ分けについて確認していきます。

1単位の賭け金のAグループが3セット、2単位のBグループ、4単位のCグループ、8単位のDグループは2セットで構成されています。

31システム投資法のルールは、勝ったら次の単位のグループへ進みます。そして負けた場合は同一単位の賭けを行います。

しかしAグループで3連敗、B~Dグループでは2連敗すると次のグループへ進むこととなります。

よってDグループで連敗をした場合、31システム投資法が完了となり負けが確定します。

1. A-1の金額から31システム投資法を開始

A-1の金額から31システム投資法を開始

最初の賭けは上の表のA-1からスタートします。この表を活用すると31システム投資法の法活用がしやすいです。

勝った場合、負けた場合で異なる流れとなります。その流れを次に説明していきます。

またA-1やB-2などの下に表記している数字は賭け金額です。

負け:同じグループの右側の賭け金で次のゲームを行う

負け:同じグループの右側の賭け金で次のゲームを行う

負けた場合は右へ移動します。例えばA-1で負けた場合はA-2へ進みます。そしてA-2でも負けてしまえばA-3へ進むこととなります。

また、A-3、B-2、C-2で負けた場合は下の段の左端へ移動します。

勝ち:下のグループの賭け金で次のゲームを行う

勝ち:下のグループの賭け金で次のゲームを行う

勝った場合は次のグループへ進みます。例えばA-1で勝利をしたらB-1へ。A-2で勝ってもA-3で勝っても次に進むのはB-1です。

またD-1とD-2で勝利をした場合、31システム投資法の完了となります。

2. 2連勝したら攻略法を終了してA-1から再度賭ける

2. 2連勝したら攻略法を終了してA-1から再度賭ける

31システム投資法の完了は2つの場合があります。

1つが2連勝です。31システム投資法は2連勝すると利益が確定します。そして、さらにゲームを進める場合は再びA-1からリスタートすることになります。

ただ最後のDグループでは勝っても次のグループに進めません。よってDグループで勝利した場合も完了となります。

D-2まで賭け終わった場合も攻略法を終了してA-1から再度賭ける

D-2まで賭け終わった場合も攻略法を終了してA-1から再度賭ける

負けて終了するのがもうひとつの完了パターンです。つまりD-2まで進み負けてしまった場合です。

この場合も次に進むところがないので完了となり、さらにゲームを進める場合はリセットしてA-1に戻ることとなります。

この場合、最大で31ドルの損失が出ますが、ここまで進む中で何度か勝利をしていれば損失は31ドル以内になります。

31システム投資法は本当に使える必勝法かルーレットを使って実践

31システム投資法を実践

賭け方 赤・黒賭け

31システム投資法が有効な必勝法なのか、ルーレットの赤・黒賭けを利用して検証します。

同時に31システム投資法の活用の仕方も確認しやすいように、31システム投資法の活用表を掲載しておきます。

1単位を1ドルとして検証を始めます。

1ゲーム目

1ゲーム目

グループ A-1
ゲーム数 1ゲーム目
賭け金 1ドル
勝敗 勝ち
累計損益 +1ドル

1ゲーム目はA-1からスタートですから、賭け金額は1ドルです。赤を選択し1ドルを賭けます。

結果は「赤の9」となりましたので的中です。2ドルの配当が得られ1ドルの利益が得られました。

2ゲーム目

2ゲーム目

グループ B-1
ゲーム数 2ゲーム目
賭け金 2ドル
勝敗 勝ち
累計損益 +3ドル

2ゲーム目はB-1へ移動します。よって賭け金額は2ドル。

今度は黒を選択して2ドルを賭けます。結果は「黒の22」となり見事に的中です。

4ドルの配当を得られ、利益総額は3ドルとなりました。2連勝したので31システム投資法は一旦完了となります。

3ゲーム目

3ゲーム目

グループ A-1
ゲーム数 3ゲーム目
賭け金 1ドル
勝敗 勝ち
累計損益 +4ドル

2連勝したのでリセットします。再びA-1からスタートなので賭け金額は1ドルで、赤に賭けることにしました。

結果は「赤の30」となり見事に的中です。2ドルの配当が得られ累積損益もプラスの4ドルとなりました。

4ゲーム目

4ゲーム目

グループ B-1
ゲーム数 4ゲーム目
賭け金 2ドル
勝敗 負け
累計損益 +2ドル

先のゲームで勝利を収めたのでB-1へ進みます。よって賭け金額は2ドルとなります。赤を選択して2ドルを賭けます。

結果は「黒の28」となり残念ながら不定中。2ドルの損失が生じ、累積損益もプラスの2ドルに減ってしまいました。

5ゲーム目

5ゲーム目

グループ B-2
ゲーム数 5ゲーム目
賭け金 2ドル
勝敗 勝ち
累計損益 +4ドル

負けたのでB-2へ進みます。賭け金額は変わらす2ドルです。

黒を選択して2ドルを賭けます。結果は「黒の20」となり的中しました。

4ドルの配当を得られ、累積損益もプラスの4ドルに復活をしました。

6ゲーム目

6ゲーム目

グループ C-1
ゲーム数 6ゲーム目
賭け金 4ドル
勝敗 勝ち
累計損益 +8ドル

先のゲームで勝利したのでC-1へ進みます。賭け金額は4ドルとなり、黒を選択して賭けを行いました。

結果は「黒の6」となり見事に的中。8ドルの配当を得られ、累積損益もプラスの8ドルと増やすことができました。

2連勝したのでここで、31システム投資法が完了となります。

31システム投資法の実践結果

グループ ゲーム数 賭け金 勝敗 累計損益
A-1 1 1ドル 勝ち +1ドル
B-1 2 2ドル 勝ち +3ドル
A-1 3 1ドル 勝ち +4ドル
B-1 4 2ドル 負け +2ドル
B-2 5 2ドル 勝ち +4ドル
C-1 6 4ドル 勝ち +8ドル

6ゲームを行い5勝1敗の結果となりました。そもそも勝ち数が大きく上回ったので利益が得られました。

もしフラットベットだったと場合5ドルの利益ですが、今回の結果では8ドル得ることができました。

この結果からはフラットベットよりも有用かつ、リスクを抑えることもできると実感をします。

31システム投資法のメリット・デメリット

メリット・デメリット

有効な活用にはメリットの理解のみではなく、デメリットの理解も欠かせません。

そこで31システム投資法のメリットとデメリットを確認していくことにしましょう。

メリット1. 軍資金と損失額が決まっているので資金管理がしやすい

計算

31システム投資法の最大のメリットは、資金管理がしやすいという点にあります。

1ドル賭けの場合、負けても最大31ドルとあらかじめ最大の負け額が把握できます。

このことから逆算すれば31システム投資法を活用するためには、資金は最低で31ドルということです。

最大のメリットは、必要な資金と最大負債額があらかじめ把握できる点にあります。

メリット2. 連敗が続いても連勝すれば利益が出せる

チップ

次のメリットは2連勝さえすれば必ず利益が生じる点です。

最大9ゲーム31システム投資法ですが、2勝7敗でも利益を得ることが可能なのです。

カギとなるのは2連勝ですが、2連勝さえ決めてしまえば必ず利益が確定する点はメリットの1つとなります。

4連敗した後に連勝した場合

グループ ゲーム数 賭け金 勝敗 累計損益
A-1 1 1ドル 負け -1ドル
A-2 2 1ドル 負け -2ドル
A-3 3 1ドル 負け -3ドル
B-1 4 2ドル 負け -5ドル
B-2 5 2ドル 勝ち -3ドル
C-1 6 4ドル 勝ち +1ドル

連敗した場合の収支についてもう少し詳しくみておきましょう。

例えば4連敗をしてしまうと、A-1からA-3と進みB-1へ進むこととなります。ここまでの負債額は1+1+1+2で5ドルという現状。

B-2で勝利しC-1で勝利した場合、B-2で2ドルの利益が得られ、累積損益はマイナス3ドルです。

そしてC-1での勝利で4ドルの利益が得られ、累積損益はプラスの1ドルになります。

6戦して2勝4敗の結果ですが、少ないながらも利益が生じています。

最終グループで連勝した場合

グループ ゲーム数 賭け金 勝敗 累計損益
A-1 1 1ドル 負け -1ドル
A-2 2 1ドル 負け -2ドル
A-3 3 1ドル 負け -3ドル
B-1 4 2ドル 負け -5ドル
B-2 5 2ドル 負け -7ドル
C-1 6 4ドル 負け -11ドル
C-2 7 4ドル 負け -15ドル
D-1 8 8ドル 勝ち -7ドル
D-2 9 8ドル 勝ち +1ドル

終盤まで勝てずに7連敗をした場合は、累積損益はマイナス15ドルです。

D-1の勝利で8ドルの利益を得られ、累積損益はマイナス7ドルまで挽回することができます。

しかしD-1の勝利後は次に進むグループがありません。そこで、D-2へ進み8ドルをベットすると勝利をすれば累積損益はプラスの1ドルです。

仮に負けると8ドルの損失ですから、累積損益はマイナスの15ドルとなります。

デメリット1. 攻略法を使う場合に表を覚えるかメモをとる必要がある

メモ

31システム投資法は少しばかり面倒な側面があります。

活用するためには表を覚える必要があり、正確に活用しようとするためにメモを取る必要が生じるかもしれません。

この手間が少しばかりかかる点はデメリットということができます。

デメリット2. 連勝できないと利益を出しにくい

グループ ゲーム数 賭け金 勝敗 累計損益
A-1 1 1ドル 負け -1ドル
A-2 2 1ドル 勝ち 0
B-1 3 2ドル 負け -2ドル
B-2 4 2ドル 勝ち 0
C-1 5 4ドル 負け -4ドル
C-2 6 4ドル 勝ち 0
D-1 7 8ドル 負け -8ドル
D-2 8 8ドル 勝ち 0

もう1つのデメリットは、連勝できないと利益が得られないという側面です。

最大で9ゲームの中で連勝が必須というのは、キツイ場合もあるはずです。

このような側面はデメリットと言わざるを得ません。

31システム投資法を使う際の注意点

31システム投資法は、すべてのカジノゲームで活用できるものではありません。

そのためゲームの選択には注意が必要になります。

また資金管理の側面では、1ドルベットで31ドルを失う可能性があることを理解しておきましょう。

勝率約50%で配当が2倍のゲームを選ぶ

勝率約50%で配当が2倍のゲームを選ぶ

まずはゲームの選択での注意点です。選択できるゲームは勝率が約50%のゲームであること、同時に勝利時の配当が2倍のゲームである必要があります。

該当するゲームはバカラ、ブラックジャック、ルーレットのイーブンベットが対象になります。

勝率約50%のゲームの中でも独立事象のゲームがおすすめ

独立事象 従属事象

勝率が同じの約50%のゲームでも、バカラとルーレットには明確な違いがあります。ルーレットは独立事象のゲームで、バカラは従属事象のゲームです。

独立事象のゲームとは先のゲームの結果が当回のゲームの結果に影響を及ぼさないゲームで、ルーレットの他にクラップスも該当します。

従属事象のゲームとは、先のゲームの結果が当回ゲームの結果に影響するものを指します。

バカラやブラックジャックがこれに該当します。ゲームの進行に合わせてカードが消費されることが要因。

31システム投資法は、独立事象のゲームの方がより効果的に活用できる必勝法です。

31システム投資法を使う前に目標金額を決めておく

事前に目標金額や損切り額を決めておく

31システム投資法は最大で31単位、初期ベット額を1ドルに設定すれば31ドルが最大の負債額になる必勝法です。

資金面では31ドル以上の資金を用意する必要があると同時に、目標利益額を設定した上での活用が有効になります。

これを設定していないとダラダラとゲームを続けてしまい、せっかくの利益を食いつぶしてしまったりすることになりかねません。

攻略法に慣れるまではライブカジノでは使わない

ルーレット

31システム投資法は賭け金額が変動する必勝法です。それゆえ慣れるまではベットコントロールに時間を要してしまう可能性があります。

心配な方は慣れるまで、賭け時間の比較的短いライブカジノはおすすめしません。

賭け時間を十分に利用できるテーブルゲームで十分に身に付けてから、ライブカジノでの実践をすることをおすすめします。

軍資金に余裕のある方は賭け金を調整するのもおすすめ

軍資金に余裕がある方は、賭け金額の1単位を調整することでハイベットも可能になります。

最大の負け金額は初期ベットの31倍です。そのため自己資金の具合によって、初期ベット額を調整することも可能になります。

初期ベット額を2倍や3倍にするとどうなるのか、簡単に確認しておきましょう。

賭け金を2倍にした場合

グループ 賭け金
A-1 2ドル
A-2 2ドル
A-3 2ドル
B-1 4ドル
B-2 4ドル
C-1 8ドル
C-2 8ドル
D-1 16ドル
D-2 16ドル

まずは2倍の2ドルにした場合です。

Aグループでは2ドル、Bグループでは4ドル、Cグループでは8ドル、最終Dグループでは16ドルの賭け金になります。最大負債額は全敗した際の62ドルと倍額になります。

賭け金を3倍にした場合

グループ 賭け金
A-1 3ドル
A-2 3ドル
A-3 3ドル
B-1 6ドル
B-2 6ドル
C-1 12ドル
C-2 12ドル
D-1 24ドル
D-2 24ドル

3倍とするとAグループでは3ドル、Bグループでは6ドル、Cグループでは12ドル、最終Dグループでは24ドルの賭け金となります。

最大負債額は93ドルとなります。

31システム投資法を実践する際におすすめのオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノで利用できる入出金方法

取得ライセンス

30ドル+ハワイアンドリームのフリースピン20回分プレゼント!

ベラジョンカジノは2011年から日本市場に参入し、10年以上の運営実績がある日本で人気ナンバーワンのオンラインカジノです。

入金ボーナスは回数によって最大950ドル貰え、ボーナスの出金条件も20倍と緩いため、初心者の方でも簡単に勝利金を出金できます。

さらにベラジョンカジノへの入金に応じて、1日あたり5ドル分のゲームを10日連続で無料プレイ可能!

ベラジョンカジノはオンラインカジノ業界の中でも先行配信されるゲーム数がとても多いので、いち早く新作ゲームで遊ぶことができます。

どの項目をとっても日本人ユーザーの満足度が高いので、登録先に迷ったらまずベラジョンに登録するのがおすすめ。

当サイトからのご登録で

入金不要ボーナス30ドルを

無料プレゼント

当サイトからご登録いただいた方にもれなく、入金不要ボーナス30ドル(約3,000円)をプレゼント致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

カジノシークレット

カジノシークレットで利用できる入出金方法

取得ライセンス

   キャッシュバック最高500ドルをプレゼント!

カジノシークレットは、キャッシュバック方式というボーナスを採用しているオンラインカジノ。

キャッシュバックとは対象ゲームをプレイして勝負に負けた時に、賭け金の一部が自動的に戻ってくるという仕組みです。

またオンラインカジノでボーナスを出金する際に出金条件という制限を満たす必要がありますが、カジノシークレットは出金条件なし!

つまり、獲得した勝利金をすぐに出金できます。

遊べるゲームの種類も豊富なので、面倒なボーナスの賭け条件を気にせず遊びたい方におすすめ。

当サイトからのご登録で

最高500ドルまでの初回入金額50%を

キャッシュバック!

当サイトからご登録いただいた方に、最高500ドルまでの初回入金額50%をキャッシュバック致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

インターカジノ

インターカジノで利用できる入出金方法

取得ライセンス

    入金不要ボーナス30ドルをプレゼント!

1996年に世界の先駆けとなるオンラインカジノとして誕生したインターカジノ。

インターカジノに新規登録したプレイヤーは、ロイヤリティポイントを貯めると総額500ドルのウェルカムキャッシュと交換が可能。

ウェルカムキャッシュは出金条件がないので、交換してゲームで使うことは勿論、そのまま出金することもできます。

またライブカジノやビデオゲームの種類も豊富なので、飽きずに沢山のカジノゲームで遊べます。

インターカジノは優良オンラインカジノを評する数多くの賞を受賞しているので、信頼できるオンラインカジノで遊びたい方にもおすすめです。

当サイトからのご登録で

入金不要ボーナス30ドルを

無料でプレゼント!

当サイトからご登録いただいた方にもれなく、入金不要ボーナス30ドルをプレゼント致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

まとめ

31システム投資法はリスク管理と資金管理に秀でた必勝法です。

2連勝することで利益が確定し、1セットの最大負債額は初期ベット額の31倍の金額となります。

ここでのポイントは2連勝。2連勝さえすれば利益が確定する反面、2連勝できなければ損失が生じてしまいます。

最大で9戦の中でいかに連勝機会があるのかが最大のポイントとなります。

そして何より優れているのが資金管理の側面です。最大の損失額は31ドルですが、途中の経過によってはその損失額は異なることとなり、最大損失額となってしまうのは非常に稀といえます。

塵も積もれば山となる31システム投資法を有効活用して、小さな資金を大きく増やしてみてはいかがでしょうか。

迷ったらここ!おすすめのオンラインカジノをランキングで紹介!

数あるオンラインカジノから、カジノラッシュオンラインがおすすめをランキング化しました!

どのオンラインカジノにするか悩んでいるあなたに、ランキング形式でわかりやすく紹介します。

まだどこにも登録していないあなたも、他のオンラインカジノも遊んでみたいというあなたも

是非このランキングから探してみてください。

▼ランキングを今すぐチェックする

最新版!オンラインカジノ総合ランキング

-攻略法