GPWA

攻略法

チャンピオンゲーム法の特徴や賭け方、実際に使える必勝法なのか徹底解説!

チャンピオンゲーム法の特徴や賭け方、実際に使える必勝法なのか徹底解説!

必勝法の多くは利益を求めて、システム的にベットコントロールを行うためどこか楽しさが軽減されてしまう気がするものです。

しかし楽しみながら攻略法を実践できるのが、チャンピオンゲーム法です。

このチャンピオンゲーム法は、カジノゲーム以外にもゲームをやっている錯覚を感じることができるのです。

今回の記事ではこのチャンピオンゲーム法の特徴や活用法の解説、実践結果をご紹介します。

【注目】あなたにピッタリなオンラインカジノは?今話題の厳選オンカジランキング!

もくじ

チャンピオンゲーム法とは?

トロフィー チャンピオン

チャンピオンゲーム法は少しばかり複雑で手間がかかる必勝法です。

トーナメント表を活用し、予選、決勝とゲームを進め見事にチャンピオンとなることで利益を確定させます。

そのために数列を使います。合わせてトーナメント表も使うので手間が2倍かかります。

まずは特徴から確認していくことにしましょう。

チャンピオンゲーム法の特徴

チャンピオンゲーム法の特徴は数列を使うこと、さらにトーナメント表を活用する点にあります。

トーナメント表を用いて、トーナメントの勝ち抜きで利益を確定させるのです。

詳細は後程の活用法の記事で確認ができるので、まずは特徴の確認から進めることにしましょう。

予選→決勝の流れを2回繰り返して利益を出す必勝法

チャンピオンゲーム法

チャンピオンゲーム法の最大の特徴となるトーナメント表ですが、予選→決勝の流れとなります。

上の画像を参考にしながら確認していくことにしましょう。用意するトーナメント表は上記のようなものになります。

そして予選を行うため「1,  1」という数列を用意します。この数列を使ってカジノゲームの賭け金額を決定します。

同時にこの数列の活用の仕方はモンテカルロ法と同じです。賭け金は両端の数字を加算した金額を賭けます。

勝ったら数列を消去。全ての数字が消去出来たら予選を突破します。

逆に負けた場合は負債額を右端に書き足し、モンテカルロ法と同じように数列の消去を目指します。最終的に数列が消去できれば決勝へ進みます。

1セット終了時に+10ドルの利益が得られる

ステージ ゲーム数 数列 賭け金 勝敗 累計損益
1予選 1 11 2ドル 勝ち +2ドル
1決勝 2 111 2ドル 勝ち +4ドル
3 111 1ドル 勝ち +5ドル
2予選 4 11 2ドル 勝ち +7ドル
2決勝 5 111 2ドル 勝ち +9ドル
6 111 1ドル 勝ち +10ドル

次の特徴は、見事に勝ち抜けば10ドルの利益が上げられる点です。これは数列の数字を「1」で始めた数字です。

つまり決勝を勝ち抜けば、10倍になるというわけです。これもチャンピオンゲーム法の特徴です。

少しばかり複雑ですが、平たく言えばモンテカルロ法を小分けにすることで短期戦にし、リスクを軽減しているのがチャンピオンゲーム法です。

チャンピオンゲーム法の基本的な流れ

それではチャンピオンゲーム法はどのように活用するのか、基本的な流れを理解することにしましょう。

チャンピオンゲーム法は予選から決勝へと進めますから、まずは予選から確認することにしましょう。

チャンピオンゲーム法の予選ステージの流れ

チャンピオンゲーム法の予選ステージの流れ

チャンピオンゲーム法の予選は第一予選と第二予選があります。

どちらも同じものといえますが、上の画像を参考にしてください。

それぞれの予選を勝ち抜いて決勝に進みます。

1. 紙に横並びで数字の12つ書く

紙に横並びで数字の1を2つ書く

まずは数列を作成します。「1,  1」という数列です。「1」でなければ絶対にいけないというわけではありません。

それぞれの資金力に応じて変更も可能ですが、理解を優先させるため「1,  1」という数列で解説を進めます。

2. 両端にある数字を足して最初の賭け金を決める

2. 両端にある数字を足して最初の賭け金を決める

賭け金額はこの数列の両端を足した金額になります。よってこの場合は1+1=2となりますから、2ドルが賭け金額になります。

ゲームの結果次第で後の流れが変わりますから、以降は勝った場合と負けた場合でそれぞれ解説していきます。

負け:前回の賭け金を右端に追加&両端の数字を足して次ゲームの賭け金とする

負け:前回の賭け金を右端に追加&両端の数字を足して次ゲームの賭け金とする

負けた場合は、負債となった2ドルの2を数列の右端に書き足します。

よって次のゲームでの賭け金額は1+2=3となり、3ドルです。

このように負けた場合は負債額を右端に書き足し、以降数列が無くなるまで同様に繰り返します。

勝ち:両端の数字を1つ消す

勝ち:両端の数字を1つ消す

勝った場合は両端の数字を消去します。例えば、初期ベットの「1,  1」の数列の状態で勝利すれば、2つの1が消去できて予選突破。

一方、負けた場合の「1,  1,  2」の数列の場合は「1」と「2」を消去すると「1」だけが残ります。

よって次のゲームでは残った「1」から1ドルを賭けることになります。

3. 最終的にすべての数字を消せたら予選ステージ終了

3. 最終的にすべての数字を消せたら予選ステージ終了

数字がすべて消去できることで予選を突破できることになります。予選を突破したら決勝に進みます。

決勝は予選とは少し異なる部分があるので、しっかりと確認をしてください。

チャンピオンゲーム法の決勝ステージの流れ

チャンピオンゲーム法の決勝ステージの流れ

予選をめでたく突破をすると決勝になります。決勝では数列の作成の仕方が予選とは異なります。

予選では2つの数字で数列を作りましたが、決勝では3つの数字で数列を作ります。

相違点はこの1点だけですが、注意を必要とする部分にもなります。

1. 紙に横並びで数字の13つ書く

1. 紙に横並びで数字の1を3つ書く

それでは、決勝に備えて数列を作成します。

3つの数字ですから「1,  1,  1」という数列を作成します。

以降の流れは予選と同じですが、念のためにしっかりと確認しておくことにしましょう。

2. 両端にある数字を足して最初の賭け金を決める

2. 両端にある数字を足して最初の賭け金を決める

決勝の初戦は「1,  1,  1」の数列の両端の数字を足して112と計算をします。2ドルが賭け金額になることが分かります。

決勝も予選同様に勝った場合と負けた場合について確認をしていきます。

負け:前回の賭け金を右端に追加&両端の数字を足して次ゲームの賭け金とする

負け:前回の賭け金を右端に追加&両端の数字を足して次ゲームの賭け金とする

負けた場合は負債の2ドルから数列に「2」を書き足します。よって数列は「1,  1,  1,  2」となります。

そして自ゲームの賭け金額は1+2=4で求められ、3ドルと確認することができます。

勝ち:両端の数字を1つ消す

勝ち:両端の数字を1つ消す

勝った場合は両端の数字を消去。初期ゲームで勝利すれば、「1, 1, 1」の数列の両端を消去して「1」だけが残るため、次ゲームの賭け金額は1ドルとなります。

一方で「1, 1, 1, 2」となった数列では、両端の数字を消去すると12が消去でき、「1, 1」という数列が残ります。

そのため次のゲームでは、1+1を計算して2ドルを賭けることになります。

3. 最終的にすべての数字を消せたら決勝ステージ終了

3. 最終的にすべての数字を消せたら決勝ステージ終了

決勝も全ての数字が消去できれば終了となります。

チャンピオンゲーム法は予選2つ、決勝1つで構成されているので全ステージは3ステージです。

また決勝で数字がすべて消去できれば利益が確定します。

チャンピオンゲーム法は本当に使える必勝法かバカラを使って実践

チャンピオンゲーム法を実践

賭け方 プレイヤーベット

チャンピオンゲーム法が有用かどうかは検証をすればすぐに判断することができます。

合わせて実践での活用法を確認すれば、チャンピオンゲーム法の活用の仕方の理解も深まるはずです。

今回はバカラのプレイヤーベットのみを賭けることで検証を行っていくことにします。

1ゲーム目

1ゲーム目

ステージ 1予選
ゲーム数 1ゲーム目
賭け金 2ドル
勝敗 勝ち
勝敗後の数列 11
累計損益 +2ドル

予選の1ゲーム目は「1, 1」の数列から2ドルの賭け金となります。2ドルをプレイヤーにベットします。

結果は70でプレイヤーの勝利で的中です。早くも数列を全消去できたので予選が終了です。

2ドルの配当を得られ、累積損益はプラスの2ドルとなりました。

2ゲーム目

2ゲーム目

ステージ 1決勝
ゲーム数 2ゲーム目
賭け金 2ドル
勝敗 勝ち
勝敗後の数列 111
累計損益 +4ドル

無事に予選を突破したので決勝に進みます。決勝の数列は「1, 1, 1」なので2ドルの賭けを行います。

プレイヤーに2ドルを賭けます。結果は96でプレイヤーの勝利です。

見事に決勝の初戦を勝つことができました。数列は「1」だけが残る状態となります。

4ドルの配当を得られ、累積損益はプラスの4ドルとなりました。

3ゲーム目

3ゲーム目

ステージ 1決勝
ゲーム数 3ゲーム目
賭け金 1ドル
勝敗 勝ち
勝敗後の数列 111
累計損益 +5ドル

決勝の2戦目は1ドルをプレイヤーにベットします。結果は86でプレイヤーの勝利。

見事3連勝で決勝をクリアしました。2ドルの配当を得られ、累積損益はプラスの5ドルとなりました。

4ゲーム目

4ゲーム目

ステージ 2予選
ゲーム数 4ゲーム目
賭け金 2ドル
勝敗 勝ち
勝敗後の数列 11
累計損益 +7ドル

再び予選です。「1, 1」の数列から2ドルをプレイヤーにベットします。

結果は52でプレイヤーの勝利です。見事に的中して4ドルの配当を得ることができました。累積損益はプラスの7ドルとなりました。

5ゲーム目

5ゲーム目

ステージ 2決勝
ゲーム数 5ゲーム目
賭け金 2ドル
勝敗 負け
勝敗後の数列 11、1、2
累計損益 +5ドル

予選を突破し決勝に臨みます。「1, 1, 1」の数列から賭け金額は2ドルです。2ドルをプレイヤーにベットします。

結果は09でバンカーの勝利で外れてしまいました。数列に負債額の2を書き足し「1, 1, 1, 2」の数列を作成します。

2ドルの損失が生じ、累積損益はプラス5ドルとなりました。

6ゲーム目

6ゲーム目

ステージ 2決勝
ゲーム数 6ゲーム目
賭け金 3ドル
勝敗 勝ち
勝敗後の数列 1112
累計損益 +8ドル

決勝の2戦目は「1, 1, 1, 2」の数列から3ドルをプレイヤーにベットします。

結果は97でプレイヤーの勝利で見事に的中です。

6ドルの配当を得られ、累積損益はプラスの8ドルとなりました。数列の12を消去します。

7ゲーム目

7ゲーム目

ステージ 2決勝
ゲーム数 7ゲーム目
賭け金 2ドル
勝敗 負け
勝敗後の数列 11、1、22
累計損益 +6ドル

決勝の3戦目は「1, 1」の数列から2ドルをプレイヤーにベットします。

結果は26でバンカーの勝利でした。2ドルの損失が生じ、累積損益はプラスの6ドルとなりました。

数列に2を書き足し「1, 1, 2」の数列で次のゲームに臨みます。

8ゲーム目

8ゲーム目

ステージ 2決勝
ゲーム数 8ゲーム目
賭け金 3ドル
勝敗 勝ち
勝敗後の数列 11122
累計損益 +9ドル

1, 1, 2」の数列から3ドルをプレイヤーにベットします。結果は84でプレイヤーの勝利です。

見事に的中し6ドルの配当を得ることができました。

累積損益はプラスの9ドルとなり、残る数字は1だけとなりました。

9ゲーム目

9ゲーム目

ステージ 2決勝
ゲーム数 9ゲーム目
賭け金 1ドル
勝敗 負け
勝敗後の数列 111221
累計損益 +8ドル

最終戦となることを期待しながら1ドルをプレイヤーにベットします。結果は18でバンカーの勝利です。

残念ながら外れてしまい1ドルの損失となりました。累積損益はプラスの8ドルとなりました。

損失の1を書き足し、次のゲームに臨みます。

10ゲーム目

10ゲーム目

ステージ 2決勝
ゲーム数 10ゲーム目
賭け金 2ドル
勝敗 勝ち
勝敗後の数列 111221
累計損益 +10ドル

1, 1」の数列から2ドルをプレイヤーにベットします。結果は95でプレイヤーの勝利です。

数列をすべて消すことができました。チャンピオンゲーム法の完了となりました。

4ドルの配当を得られ、累積損益はプラスの10ドルとなりました。

チャンピオンゲーム法の実践結果

ステージ ゲーム数 数列 賭け金 勝敗 累計損益
1予選 1 11 2ドル 勝ち +2ドル
1決勝 2 111 2ドル 勝ち +4ドル
3 111 1ドル 勝ち +5ドル
2予選 4 11 2ドル 勝ち +7ドル
2決勝 5 111 2ドル 負け +5ドル
6 11、1、2 3ドル 勝ち +8ドル
7 1112 2ドル 負け +6ドル
8 11、1、22 3ドル 勝ち +9ドル
9 11122 1ドル 負け +8ドル
10 111221 2ドル 勝ち +10ドル

※10ゲーム目で第2決勝の数字がすべて消えたので終了

結果として総ゲーム数は10ゲームとなりました。

プレイヤーベットのみの選択なのでバンカーに偏られたらと心配していましたが、73敗の好成績で実践を終えることができましたね。

実践を通じて利益を重ねるのも非常に緩やかですが、損失が生じても損失も緩やかに増えるイメージが持てました。

このことからチャンピオンゲーム法は、コツコツと利益を重ねたい時に特に有用だと実感しました。

チャンピオンゲーム法のメリット・デメリット

メリット・デメリット

チャンピオンゲーム法の特徴と活用法が確認できたので、メリットとデメリットについても確認しておくことにしましょう。

チャンピオンゲーム法の有効活用には欠かせない知識になるので、しっかりと確認しておくことをおすすめします。

メリット1. 賭け金を抑えつつ利益を得られる

ステージ ゲーム数 数列 賭け金 勝敗 累計損益
1予選 1 11 2ドル 負け -2ドル
2 112 3ドル 勝ち +1ドル
3 112 1ドル 勝ち +2ドル
1決勝 4 111 2ドル 勝ち +4ドル
5 111 1ドル 勝ち +5ドル

2予選

6 11 2ドル 負け +3ドル
7 112 3ドル 勝ち +6ドル
8 112 1ドル 勝ち +7ドル
2決勝 9 111 2ドル 勝ち +9ドル
10 111 1ドル 勝ち +10ドル

最大のメリットは少ない賭け金額でコツコツと利益を重ねやすいという側面です。

負けたからと言って大きくベットが上がるわけでもないですし、緩やかなベットコントロールは多くの人が活用しやすいはずです。

コツコツと利益を積み重ねたい人にとっては理想の必勝と言えるかもしれません。

メリット2. ゲームのやめどきがわかりやすい

チップ

優勝をすれば区切りが付くため、やめどきが分かりやすい特徴があります。

せっかく利益を得ることができても、やめどきが分からず利益を減らしたり、失うこともしばしばあります。

このチャンピオンゲーム法は利益が最大で完了するので、完了と同時に止めれば無駄に利益を失うことがありません。

デメリット1. 攻略法を使う際にノートとペンが必要

ノートとペン

とにかく手間がかかるというのは、このチャンピオンゲーム法の最大のデメリットです。

トーナメント表や数列を頭の中だけで進めるのは難易度が高く、ミスをしてしまいがち。

そのためメモ書きをするのが理想ですが、ゲーム中にメモをしながらゲームを進行させるのは大きな負担ですよね。

デメリット2. 勝ち負けが続くと1ステージのゲーム数が長くなりやすい

ステージ ゲーム数 数列 賭け金 勝敗 累計損益
1予選 1 11 2ドル 負け -2ドル
2 112 3ドル 負け -5ドル
3 1123 4ドル 勝ち -1ドル
4 1123 3ドル 負け -4ドル
5 11233 4ドル 勝ち 0
6 11233 2ドル 勝ち +2ドル

モンテカルロ法と同様に勝ち負けが続くと、長期戦となる傾向が強い点はデメリットといえます。

ゲーム時間が長くなれば集中力を欠きミスをするリスクが生じます。

その意味では極力少ないゲーム数で完了したいのですが、思い通りにならないのもカジノゲームです。

チャンピオンゲーム法を使う際の注意点

チャンピオンゲーム法を活用する際にはいくつかの注意すべき事柄があります。

実践で活用する前にこれらの注意点を再確認し、チャンピオンゲーム法の有用性を最大限に引き出すことをおすすめします。

勝率約50%で配当が2倍のゲームを選ぶ

勝率約50%で配当が2倍のゲームを選ぶ

チャンピオンゲーム法の活用は、勝率が約50%のゲームで、勝利時に賭け金額の2倍の配当を得られるゲームが適しています。

バカラ、ブラックジャック、ルーレットのイーブンベットなどが該当します。

併せて、バカラのバンカーベットは配当が1.95倍である点に注意。

またブラックジャックでは、ダブルダウンやスプリットを選択すると活用が難しくなります。

勝率約50%のゲームの中でも独立事象のゲームがおすすめ

独立事象 従属事象

チャンピオンゲーム法の活用は、独立事象のカジノゲームがおすすめです。

独立事象とは、当回のゲームの結果にこれまでの結果が影響することがないものを指す言葉です。ルーレットやクラップスが該当します。

一方、従属事象のゲームにはバカラやブラックジャックがあります。

これらのゲームでは当回ゲームの結果は、先のゲームの結果に何かしらの影響を受けることになります。

その理由はカードが消費され、様々な確率がゲームの進行によって変動してしまうからです。

チャンピオンゲーム法の活用は、ルーレットがもっともおすすめとなるのです。

チャンピオンゲーム法を使う前に損切り額を決めておく

チップ

カジノゲームを楽しむ際は、資金管理は絶対に欠かせない側面となります。

適切に資金管理を行わなければ資金を失うこととなり、これから訪れるチャンスをみすみす見逃してしまうことになるのです。

資金管理は損切りの設定、利益目標額の設定という2つの側面を持っています。

ゲームを始める前に許容損失額と利益目標を設定してから、ゲームに臨むことをおすすめします。

ステージ序盤で利益がマイナスになったら最初からやり直すのもおすすめ

ステージ ゲーム数 数列 賭け金 勝敗 累計損益
1予選 1 11 2ドル 負け -2ドル
2 112 3ドル 勝ち +1ドル
3 112 1ドル 勝ち +2ドル
1決勝 4 111 2ドル 負け 0
5 11、1、2 3ドル 負け -3ドル

チャンピオンゲーム法で中々次のステージに行けない場合、ゲーム途中であっても一旦離れて、仕切り直すことも有用となります。

これは序盤戦で負債が膨らんだ際にも有効な選択です。うまくいかないと思ったら、仕切り直すことも有効な手段となるのです。

チャンピオンゲーム法を実践する際におすすめのオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノで利用できる入出金方法

取得ライセンス

30ドル+ハワイアンドリームのフリースピン20回分プレゼント!

ベラジョンカジノは2011年から日本市場に参入し、10年以上の運営実績がある日本で人気ナンバーワンのオンラインカジノです。

入金ボーナスは回数によって最大950ドル貰え、ボーナスの出金条件も20倍と緩いため、初心者の方でも簡単に勝利金を出金できます。

さらにベラジョンカジノへの入金に応じて、1日あたり5ドル分のゲームを10日連続で無料プレイ可能!

ベラジョンカジノはオンラインカジノ業界の中でも先行配信されるゲーム数がとても多いので、いち早く新作ゲームで遊ぶことができます。

どの項目をとっても日本人ユーザーの満足度が高いので、登録先に迷ったらまずベラジョンに登録するのがおすすめ。

当サイトからのご登録で

入金不要ボーナス30ドルを

無料プレゼント

当サイトからご登録いただいた方にもれなく、入金不要ボーナス30ドル(約3,000円)をプレゼント致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

カジノシークレット

カジノシークレットで利用できる入出金方法

取得ライセンス

   キャッシュバック最高500ドルをプレゼント!

カジノシークレットは、キャッシュバック方式というボーナスを採用しているオンラインカジノ。

キャッシュバックとは対象ゲームをプレイして勝負に負けた時に、賭け金の一部が自動的に戻ってくるという仕組みです。

またオンラインカジノでボーナスを出金する際に出金条件という制限を満たす必要がありますが、カジノシークレットは出金条件なし!

つまり、獲得した勝利金をすぐに出金できます。

遊べるゲームの種類も豊富なので、面倒なボーナスの賭け条件を気にせず遊びたい方におすすめ。

当サイトからのご登録で

最高500ドルまでの初回入金額50%を

キャッシュバック!

当サイトからご登録いただいた方に、最高500ドルまでの初回入金額50%をキャッシュバック致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

ユースカジノ

ユースカジノで利用できる入出金方法

取得ライセンス

    入金スロットボーナス最大200%をプレゼント!

ユースカジノは、入出金スピードが業界トップクラスのオンラインカジノ。

一般的に数営業日がかかるような銀行送金においても、10分~1時間程度で反映されます。

またユースカジノではVIPプログラムというランク制度があり、ランクアップするに連れてリベートボーナスなど様々な恩恵が受けられます。

遊べば遊ぶほど豪華な特典が貰え、かつ勝利金の入出金にストレスを感じたくないオンラインカジノを探している方におすすめです。

当サイトからのご登録で

入金スロットボーナス最大200%を

無料でプレゼント!

当サイトからご登録いただいた方にもれなく、入金スロットボーナス最大200%をプレゼント致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

まとめ

チャンピオンゲーム法は、トーナメント表と数列を使った少しばかり手間のかかる必勝法です。

ゲームの結果によって数列を消去したり書き足したりと、慣れるまでは負担感を感じることもあるはず。

ですが、慣れてしまえばこの手間で煩わされる負担感は軽減できます。

ベットコントロールも非常に緩やかで、賭けに対する精神的な負担も大きく変動することがありません。

このチャンピオンゲーム法を通じて、必勝法を実践する楽しみを味わってみるのもおすすめです!

迷ったらここ!おすすめのオンラインカジノをランキングで紹介!

数あるオンラインカジノから、カジノラッシュオンラインがおすすめをランキング化しました!

どのオンラインカジノにするか悩んでいるあなたに、ランキング形式でわかりやすく紹介します。

まだどこにも登録していないあなたも、他のオンラインカジノも遊んでみたいというあなたも

是非このランキングから探してみてください。

▼ランキングを今すぐチェックする

最新版!オンラインカジノ総合ランキング

-攻略法