GPWA

攻略法

グランパーレー法の特徴や賭け方、実際に使える必勝法なのか徹底解説!

グランパーレー法の特徴や賭け方、実際に使える必勝法なのか徹底解説!

マーチンゲール法と並んで、よく知られている必勝法にパーレー法があります。

パーレー法は、連勝を重ねれば雪だるま式に利益を膨らませることが可能。しかし連勝は簡単ではありません。

2連勝ならまだしも、3連勝、4連勝ともなるとその機会はそう多くないでしょう。この厳しい現実に立ち向かう必勝法がグランパーレー法です。

これを活用すればパーレー法よりも、連勝機会が少なくとも利益を大きく膨らませることも可能になりますよ。

今回の記事では、このグランパーレー法に的を当てその特徴や活用法を確認し、実践を交えながら有用性を解説していきます。

【注目】あなたにピッタリなオンラインカジノは?今話題の厳選オンカジランキング!

もくじ

グランパーレー法とは?

グランパーレー法

グランパーレー法のベースとなるのは、その名の通りパーレー法。

パーレー法をより攻撃的にした必勝法がグランパーレー法です。

「グラン」とはフランス語読みで「大きな」を意味する言葉です。

その言葉の通り、パーレー法の破壊力を増した必勝法がグランパーレー法なのです。

グランパーレー法の特徴

パーレー法をベースにした必勝法なので、パーレー法の特徴と重なる部分が多いです。

しかしその攻撃性はパーレー法を大きく凌ぐという特徴を持っています。

それでは、グランパーレー法の特徴を確認していくことにしましょう。

連勝できれば短時間で利益が出せる

チップ

最大の特徴は、連勝さえできれば大きく利益を膨らませることが可能な点にあります。

そのため短時間でも大きな利益を上げられることになるのです。

パーレー法では倍々と利益が増やせるわけですが、グランパーレー法では倍々を凌ぐ利益の上積みが可能となるのです。

パーレー法よりも大きな利益が狙える

ゲーム数

勝敗

パーレー法
累計損益

グランパーレー法
累計損益

1ゲーム目

勝ち

+1ドル

+1ドル

2ゲーム目

勝ち

+3ドル

+4ドル

3ゲーム目

勝ち

+7ドル

+11ドル

4ゲーム目

勝ち

+15ドル

+26ドル

5ゲーム目

勝ち

+31ドル

+57ドル

パーレー法では連勝をすると、2倍→4倍→8倍→16倍と利益を膨らませることが可能でした。

グランパーレー法はプラスαの金額を加算します。

上の表はパーレー法と、グランパーレー法での5連勝時の累積損益を表にしたものです。

グランパーレー法活用時のプラスα金額は1ドルとし、5連勝時のパーレー法では31ドルの利益。

対してグランパーレー法では、57ドルの利益が生じています。

このようにグランパーレー法は、パーレー法よりも大きな利益が狙えるという特徴があるのです。

グランパーレー法の基本的な流れ

基本的な流れは、パーレー法を活用する場合と非常に似ています。

そのためパーレー法をすでに知っている方、活用されている方は直ぐに理解できるはずです。

またパーレー法をよく知らない方であっても、非常にシンプルなのですぐに理解できますよ。

1. ゲーム前に賭け金と+αの金額を決める

1. ゲーム前に賭け金と+αの金額を決める

まず初期ベット額と、プラスαで加算する金額の2つを決定します。

グランパーレー法は攻めの攻略法であるため、自己資金を大きく意識する必要はそれほどありません。

しかし連勝しなければ利益に繋がらないため、何回かのチャレンジ機会は必要になります。

2. ゲームに勝ったら賭け金を2倍+αでさらに賭ける

ゲームに勝ったら賭け金を2倍+αでさらに賭ける

グランパーレー法の活用のためには、まず1勝が必要になります。

1勝した後は、前回の賭け金額の2倍額、つまりは配当として得られた金額を次のゲームに賭けます。

さらに合わせてプラスαで加算すると決めた金額を上乗せして賭けましょう。

2連勝以降もグランパーレー法で連勝を狙うなら、賭け金額の2倍とプラスαの金額を加算します。

3. ゲームに勝った場合は最初に決めた賭け金に戻す

ゲームに勝った場合は最初に決めた賭け金に戻す

何連勝を狙うかによって異なりますが、事前に決めた連勝数をクリアしたらグランパーレー法は完結。

目標を達成しグランパーレー法が完了すれば、初期ベットに戻します。

また、残念ながら不的中となり負けた場合も初期ベットに戻します。

バカラでタイ(引き分け)が発生した場合はゲーム回数にカウントしない

ゲームに勝った場合は最初に決めた賭け金に戻す

バカラやブラックジャックでこのグランパーレー法を活用する場合、勝敗の結果に引き分け(タイ)となる場合があります。

この場合は賭け金額が全額返還されますから、ゲーム回数にカウントせずに次のゲームで同額を賭けることとなります。

このようにグランパーレー法を活用する場合、引き分け(タイ)となった場合は、1回とのカウントをしないことになるのです。

グランパーレー法は本当に使える必勝法かバカラを使って実践

グランパーレー法は本当に使える必勝法かバカラを使って実践

賭け方

プレイヤー

初回賭け金

1ドル

+αの金額

1ドル

選択するゲームはバカラですが、バカラはバンカーベットでの勝利時の配当が1.95倍となり理想的ではないため、プレイヤーベットのみを選択することにします。

そして初期ベット額は1ドルとし、プラスαの加算額は1ドルと決定します。

また連勝目標は3連勝に設定し、3連勝を達成できれば初期ベットに戻るとのルールでグランパーレー法の検証を行います。

1ゲーム目

1ゲーム目

ゲーム数

1ゲーム目

賭け金

1ドル

+αの賭け金

-

合計賭け金

1ドル

勝敗

勝ち

累計損益

+1ドル

1ゲーム目は通常ゲームとなります。

初期ベット額の1ドルをプレイヤーに賭けます。

結果は8対6でプレイヤーの勝利です。結果、的中となり2ドルの配当が得られ1ドルの利益が得られました。

よって次のゲームからグランパーレー法を活用開始です。

2ゲーム目

2ゲーム目

ゲーム数

2ゲーム目

賭け金

2ドル

+αの賭け金

1ドル

合計賭け金

3ドル

勝敗

勝ち

累計損益

+4ドル

勝利したのでグランパーレー法を活用します。

先のゲームの賭け金額の2倍の2ドルに、プラスαの1ドルを加算し3ドルでの勝負となります。

3ドルをプレイヤーにベットします。

結果は9対0でプレイヤーの勝利で連勝することができました。

得られた配当は6ドルで総収支は4ドルの利益を得ることとなりました。

3ゲーム目

3ゲーム目

ゲーム数

3ゲーム目

賭け金

6ドル

+αの賭け金

1ドル

合計賭け金

7ドル

勝敗

負け

累計損益

-3ドル

2ゲーム目は連勝を決め、3連勝目を賭けた勝負となりました。

賭け金額は7ドルとなります。

7ドルをプレイヤーにベットします。

結果は4対6でバンカーの勝利。

不的中となり、7ドルの賭け金を失いました。総収支は3ドルのマイナスとなりました。

4ゲーム目

4ゲーム目

ゲーム数

4ゲーム目

賭け金

1ドル

+αの賭け金

-

合計賭け金

1ドル

勝敗

勝ち

累計損益

-2ドル

3ゲーム目で敗戦をしたので、初期ベットに戻ります。

1ドルをプレイヤーにベットします。

結果は4対7でバンカーの勝利です。

結果、不的中となり1ドルの損失で、総収支は4ドルのマイナスとなりました。

5ゲーム目

5ゲーム目

ゲーム数

5ゲーム目

賭け金

2ドル

+αの賭け金

1ドル

合計賭け金

3ドル

勝敗

負け

累計損益

-5ドル

勝利機会を得られていないので5ゲーム目も初期ベット額のままです。

1ドルをプレイヤーにベットします。

結果は2対7でバンカーの勝利。

再び不的中となり1ドルの損失が生じ、総収支は5ドルのマイナスとなりました。

6ゲーム目

6ゲーム目

ゲーム数

6ゲーム目

賭け金

1ドル

+αの賭け金

-

合計賭け金

1ドル

勝敗

勝ち

累計損益

-4ドル

6ゲーム目も賭け金額は1ドルのままです。

1ドルをプレイヤーにベットします。

結果は7対4でプレイヤーの勝利。

めでたく的中となり2ドルの配当を得ることができました。総収支は4ドルのマイナスとなりました。

7ゲーム目

7ゲーム目

ゲーム数

7ゲーム目

賭け金

2ドル

+αの賭け金

1ドル

合計賭け金

3ドル

勝敗

勝ち

累計損益

-1ドル

ようやく的中の機会を得られたので、2回目のグランパーレー法の発動です。

賭け金額は3ドルです。3ドルをプレイヤーにベットします。

結果は8対6でプレイヤーの勝利。

6ドルの配当を得られ、総収支はマイナス1ドルまで挽回することができました。

8ゲーム目

8ゲーム目

ゲーム数

8ゲーム目

賭け金

6ドル

+αの賭け金

1ドル

合計賭け金

7ドル

勝敗

勝ち

累計損益

+6ドル

8ゲーム目は3連勝を狙う肝となるゲームとなりました。

賭け金額は3ドルの倍額の6ドルにプラスαの1ドルを加算した7ドル。

結果は5対4でプレイヤーの勝ちとなり的中。

14ドルの配当を得られ、収支は6ドルのプラスとなりました。

9ゲーム目

9ゲーム目

ゲーム数

9ゲーム目

賭け金

14ドル

+αの賭け金

1ドル

合計賭け金

15ドル

勝敗

負け

累計損益

-9ドル

本来ならば、3連勝を達成したので初期ベットに戻すべきですが、検証は10ゲームほどと決めていたので最後の1勝負とグランパーレー法を継続します。

賭け金額は先のゲームの賭け金の7ドルの2倍の14ドル、プラスαの1ドルを加算して15ドルになります。

結果は1対7でバンカーの勝ちで負けてしまいました。

結果15ドルの賭け金額を失い、総収支は9ドルのマイナスです。

グランパーレー法の実践結果

ゲーム数

賭け金

+αの賭け金

合計賭け金

勝敗

累計損益

1

1ドル

-

1ドル

勝ち

+1ドル

2

2ドル

1ドル

3ドル

勝ち

+4ドル

3

6ドル

1ドル

7ドル

負け

-3ドル

4

1ドル

-

1ドル

勝ち

-2ドル

5

2ドル

1ドル

3ドル

負け

-5ドル

6

1ドル

-

1ドル

勝ち

-4ドル

7

2ドル

1ドル

3ドル

勝ち

-1ドル

8

6ドル

1ドル

7ドル

勝ち

+6ドル

9

14ドル

1ドル

15ドル

負け

-9ドル

改めて実践結果を確認していくことにしましょう。9戦して6勝3敗です。

高い勝率を得られたのでプラス収支を残したかったところですが、最後の大勝負に負けてしまいマイナス収支となってしまいました。

パーレー法との比較においてプラスαの1ドルを加算することが、連勝時には大きな利益をもたらすことは確認できました。

2連勝時、パーレー法なら4ドルの配当が得られ3ドルの利益となるわけですが、グランパーレー法の場合は6ドルの配当で4ドルの利益。

これが3連勝ともなれば、パーレー法では7ドルの利益ですが、グランパーレー法では11ドルもの利益となるのです。

当てられれば大きな利益となりますが、自身で決めたルールを守ることも大切だなと痛感する結果となりました。

グランパーレー法のメリット・デメリット

メリット・デメリット

グランパーレー法は、ベースがパーレー法のためメリットとデメリットもパーレー法に非常に似ています。

さらに、「グラン」の名が付く以上にメリットとデメリットも強調されることとなっています。

それでは改めてグランパーレー法のメリットとデメリットを確認していくことにしましょう。

この知識はグランパーレー法の有用活用には欠かせませんから、しっかりと確認しておくことをおすすめします。

メリット1. 少ない資金でも大きく勝てる

ゲーム数

賭け金

+αの賭け金

合計賭け金

勝敗

累計損益

1

1ドル

-

1ドル

勝ち

+1ドル

2

2ドル

1ドル

3ドル

勝ち

+4ドル

3

6ドル

1ドル

7ドル

勝ち

+11ドル

4

14ドル

1ドル

15ドル

勝ち

+26ドル

5

30ドル

1ドル

31ドル

勝ち

+57ドル

パーレー法では5連勝で1ドルの資金が、1ドル→2ドル→4ドル→8ドル→16ドルと増やすことが可能です。

グランパーレー法の場合、1ドル→2ドル→6ドル→14ドル→30ドルと増やすことが可能なのです。

ただし、連勝さえすればとの条件付きな点は忘れないようにしてください。

メリット2. シンプルなルールなので初心者でも覚えやすい

ルーレット

メリットの2点目は、活用方法が簡単で明瞭なこと。

勝てば賭け金を倍額にして、プラスαを加算して賭けるという非常にシンプルなものなので、誰でもすぐに活用が可能なのです。

この活用のしやすさは大きなメリットといえます。

デメリット1. 1度でも負けると勝利金が全てなくなる

ゲーム数

賭け金

+αの賭け金

合計賭け金

勝敗

累計損益

1

1ドル

-

1ドル

勝ち

+1ドル

2

2ドル

1ドル

3ドル

勝ち

+4ドル

3

6ドル

1ドル

7ドル

勝ち

+11ドル

4

14ドル

1ドル

15ドル

勝ち

+26ドル

5

30ドル

1ドル

31ドル

勝ち

+57ドル

6

62ドル

1ドル

63ドル

負け

-6ドル

たった1度でも負けてしまうとせっかくの利益が全て無くなってしまう、というデメリットがあるのです。

連勝を重ねることで、利益を爆発的に増やすわけですから仕方ないものの、1回の負けで利益が吹き飛んでしまいます。

そのため連勝回数はあらかじめ決めておく必要があります。

デメリット2. 勝ち負けが続くと損失額が増える

ゲーム数

賭け金

+αの賭け金

合計賭け金

勝敗

累計損益

1

1ドル

-

1ドル

勝ち

+1ドル

2

2ドル

1ドル

3ドル

負け

-2ドル

3

1ドル

-

1ドル

勝ち

-1ドル

4

2ドル

1ドル

3ドル

負け

-4ドル

5

1ドル

-

1ドル

勝ち

-3ドル

6

2ドル

1ドル

3ドル

負け

-6ドル

グランパーレー法では、連勝しなければメリットを生かすことができません。

勝ち負けを交互に繰り返す流れでは、負債額だけが積み重なることとなるのです。

この点はデメリットとしてしっかり理解して、勝ち負け交互に繰り返すような流れの時には使わないのが理想です。

グランパーレー法を使う際の注意点

グランパーレー法は、どのカジノゲームでも活用できる必勝法ではありません。

よってゲームの選択にも注意が必要となりますし、選択する賭け方にも注意が必要となるのです。

そこで改めて注意をすべき点をいくつか確認しておくことにしましょう。

勝率約50%で配当が2倍のゲームを選ぶ

ベット

グランパーレー法の活用は勝利率が約50%のゲームでかつ、配当が2倍のゲームが理想になります。

つまり選択できるゲームは、ルーレット、バカラ、ブラックジャックなど。

ルーレットでは様々な賭け方が選択できますが、理想となるのはイーブンベットと呼ばれる「赤・黒賭け」「奇数・偶数賭け」「ハイ・ロー賭け」の3種類の賭け方です。

またバカラではバンカーベットの勝利時の配当が1.95倍、プレイヤーベットの勝利時の配当が2倍なのでプレイヤーベットが理想といえます。

ブラックジャックでは、スプリットやダブルダウンといったアクションの選択をすることが可能なため、グランパーレー法の活用に適さない場面が訪れることも知っておきましょう。

勝率約50%のゲームの中でも独立事象のゲームがおすすめ

独立事象 従属事象

グランパーレー法の活用は独立事象のゲームが理想です。

独立事象ゲームは前ゲームの結果が当回のゲーム結果に影響を与えませんが、従属事象ゲームでは前ゲームの結果が当回ゲーム結果に影響を与えます。

オンラインカジノの独立事象のテーブルゲームは、ルーレットとクラップスです。

従属事象のテーブルゲームはバカラやブラックジャックが当てはまります。

つまり、ルーレットが最も有効活用できるカジノゲームです。

グランパーレー法の成功率を上げる方法

連勝によって利益を雪だるま式に増やす魅力が非常に大きいグランパーレー法ですが、その成功率は決して高いものとは言えません。

それでもチャンスとなる機会を得られたのであれば、少しでも成功率を上げたいものです。

そこでグランパーレー法の成功率を上げる方法を紹介することにします。ぜひ参考にして、成功率を上げ利益を大きく増やすことに活用してください。

グランパーレー法のやめどきを事前に決めておく

ゲーム数

連勝確率

1ゲーム目

約50%

2ゲーム目

約25%

3ゲーム目

約12.5%

4ゲーム目

約6.25 %

5ゲーム目

約3.12%

6ゲーム目

約1.56%

7ゲーム目

約0.78%

8ゲーム目

約0.39%

9ゲーム目

約0.19%

10ゲーム目

約0.09%

グランパーレー法の成否は連勝できるかできないかにかかっています。

つまり何連勝を狙うかによって成功率が異なることとなるのです。

上の表は勝率が約50%のゲームで、連勝の可能性を一覧にしたものです。

グランパーレー法で10連勝を達成確率はたったの0.09%であり、現実的な数字ではありません。

現実的な数字でいえば、3連勝または、4連勝となると確認できます。成功したければ欲をかきすぎないことも大切ですね。

勝敗履歴を基に今後の勝敗を予想して賭ける

勝敗履歴を基に今後の勝敗を予想してベットする

勝率を高めるためには履歴の活用が有効です。

バカラでは罫線があり、ルーレットにも履歴が表示されます。

これらを利用することで流れを把握できれば、次の勝者や出目の予想に活かすことも可能です。

与えられる情報は有効に活用し、勝率アップに繋げることがグランパーレー法の成功率向上には欠かせません。

ルーレットで使う場合はツラ(出目)の偏りを分析して勝率を上げる

ルーレット ツラ

グランパーレー法の活用において、ツラの流れに乗るのはとても有効な手法です。

ツラはバカラやルーレットで確認ができますが、うまく流れに乗れば容易く連勝を重ねることも可能。

ツラの出現を予測して賭けることは、グランパーレー法の活用においてポイントとなります。

グランパーレー法を実践する際におすすめのオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノで利用できる入出金方法

payment_visa

取得ライセンス

30ドル+ハワイアンドリームのフリースピン20回分プレゼント!

ベラジョンカジノは2011年から日本市場に参入し、10年以上の運営実績がある日本で人気ナンバーワンのオンラインカジノです。

入金ボーナスは回数によって最大950ドル貰え、ボーナスの出金条件も20倍と緩いため、初心者の方でも簡単に勝利金を出金できます。

さらにベラジョンカジノへの入金に応じて、1日あたり5ドル分のゲームを10日連続で無料プレイ可能!

ベラジョンカジノはオンラインカジノ業界の中でも先行配信されるゲーム数がとても多いので、いち早く新作ゲームで遊ぶことができます。

どの項目をとっても日本人ユーザーの満足度が高いので、登録先に迷ったらまずベラジョンに登録するのがおすすめ。

当サイトからのご登録で

入金不要ボーナス30ドルを

無料プレゼント

当サイトからご登録いただいた方にもれなく、入金不要ボーナス30ドル(約3,000円)をプレゼント致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

カジノシークレット

カジノシークレットで利用できる入出金方法

payment_visa

取得ライセンス

   キャッシュバック最高500ドルをプレゼント!

カジノシークレットは、キャッシュバック方式というボーナスを採用しているオンラインカジノ。

キャッシュバックとは対象ゲームをプレイして勝負に負けた時に、賭け金の一部が自動的に戻ってくるという仕組みです。

またオンラインカジノでボーナスを出金する際に出金条件という制限を満たす必要がありますが、カジノシークレットは出金条件なし!

つまり、獲得した勝利金をすぐに出金できます。

遊べるゲームの種類も豊富なので、面倒なボーナスの賭け条件を気にせず遊びたい方におすすめ。

当サイトからのご登録で

最高500ドルまでの初回入金額50%を

キャッシュバック!

当サイトからご登録いただいた方に、最高500ドルまでの初回入金額50%をキャッシュバック致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

ボンズカジノ

ボンズカジノで利用できる入出金方法

取得ライセンス

    入金不要ボーナス40ドルをプレゼント!

ボンズカジノはカジノゲームだけでなく、スポーツベットやファイナンスと多彩な楽しみ方のできるオンラインカジノ。

日本市場への参入は2020年と比較的新しいですが、出金処理のスピードが速いと評判で新規のプレイヤーを多く獲得しています。

また業界トップクラスの入金ボーナスが用意されており、全て適用すると最大395,000円分の超高額ボーナスが貰えます。

ボンズカジノは2,000種類を大きく超える豊富なカジノゲームを取り揃えているので、オンラインカジノもスポーツベットも両方楽しみたい方におすすめ。

当サイトからのご登録で

入金不要ボーナス40ドルを

無料でプレゼント!

当サイトからご登録いただいた方にもれなく、入金不要ボーナス40ドルをプレゼント致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

まとめ

グランパーレー法は、攻めの手法のパーレー法をさらに攻撃的にした攻略法。

その破壊力はパーレー法を大きく凌ぎ、少ない資金からでも大きな利益を狙うことが可能です。

そしてポイントとなる要素は「連勝」。逆に言えば、連勝しなければグランパーレー法は機能しません。

この大波にうまく乗りさえすれば、グランパーレー法の大砲が炸裂することとなります。

グランパーレー法で大きな夢を見るのもオンラインカジノの楽しみ方なので、メリット・デメリットを把握したうえで、正しくグランパーレー法を活用してみましょう!

迷ったらここ!おすすめのオンラインカジノをランキングで紹介!

数あるオンラインカジノから、カジノラッシュオンラインがおすすめをランキング化しました!

どのオンラインカジノにするか悩んでいるあなたに、ランキング形式でわかりやすく紹介します。

まだどこにも登録していないあなたも、他のオンラインカジノも遊んでみたいというあなたも

是非このランキングから探してみてください。

▼ランキングを今すぐチェックする

最新版!オンラインカジノ総合ランキング

-攻略法