GPWA

攻略法

モンテカルロ法の特徴や賭け方、実際に使える必勝法なのか徹底解説!

モンテカルロ法の特徴や賭け方、実際に使える必勝法なのか徹底解説!

はるか昔にカジノを閉鎖に追い込んだとも噂をされるベット手法があります。

あくまでも噂でその事実が確認されたわけではありませんが、有用性があるからこそこのような噂が流れているのもまた事実。

その噂の正体となるのが「モンテカルロ法」です。カジノが盛んなモナコ公国の地域の名称である、モンテカルロがこの名前の由来です。

今回はそんなモンテカルロ法の特徴や活用法、実践検証を踏まえて有効性も解説していきます。

【注目】あなたにピッタリなオンラインカジノは?今話題の厳選オンカジランキング!

もくじ

モンテカルロ法とは?

モンテカルロ法

モンテカルロ法は、数値計算に乱数を用いて行う手法の総称です。

意外かも知れませんが数学的手法なのです。

もともとは中性子が物質中を動き回る様子を探るために、スタニスワウフ・ラウムという数学者が考案し、ジョン・フォイ・ノイマンという数学者が「モンテカルロ法」と命名したと言われています。

また名前の由来となったのが、当時カジノが盛んだったモナコ公国のモンテカルロの地名を採用したと言われています。

カジノゲームは数学との関連性が深く、モンテカルロ法がカジノゲームでの勝率を上げることに有効活用できたことも大きく関係しているようです。

モンテカルロ法の特徴

モンテカルロ法は数列を利用した特徴がありますが、それ以外にも特徴を持っています。

モンテカルロ法の特徴を知ることは、どのような場面で有効に活用できるかを知ることにもつながるのでとても大切な要素です。

それでは、モンテカルロ法の代表的な特徴を確認していくことにしましょう。

リスクを抑えながら利益を積み上げられる

利益

まずはベット手法の特徴として、リスクをある程度抑えながら利益を上げる事が可能なベット手法であるという点があります。

例えばよく知られているマーチンゲール法では、負けた場合に賭け金が2倍になり、さらに連敗を重ねると4倍、8倍と賭け金が膨らみます。

しかしモンテカルロ法では仮に連敗をしても、賭け金の上昇はマーチンゲール法のように極端なものにはなりません。

緩やかに賭け金が上がる仕組みのため、リスクを抑えることができるのです。

2倍、3倍配当があるゲームで使える攻略法

2倍、3倍配当があるゲームで使える攻略法

モンテカルロ法の活用に理想的なゲームは、勝利時に2倍、または3倍の配当が得られるゲームが理想となります。

ルーレットのイーブンベットやダズンベット、カラムベットがこれに該当。

その他、バカラ、ブラックジャックも活用が可能なゲームとなるのです。

2倍配当ゲームでのモンテカルロ法の使い方

勝利時に2倍の配当が得られるゲームでの活用方法を確認していくことにしましょう。

ここでは、ルーレットのイーブンベットの「赤・黒賭け」「奇数・偶数賭け」「ハイ・ロ―賭け」を用いて解説をしていきます。

ちなみにバカラの場合はバンカーベットでの勝利時の配当が1.95倍となり理想的ではありません。

ブラックジャックでの活用の場合には、「スプリット」「ダブルダウン」の選択をすると賭け金が倍額になるため、注意しましょう。

1. メモに1~3の数字を書く

メモに1~3の数字を書く

まずは数列を作成します。この数列はいくつでも構いませんが、長い数列を作成すると自ずと長期戦となってしまいます。

そのため3~5個程度の数列で行うのが理想的です。

また数列の数字に大きな格差を持たせてしまう、と急激な賭け金のアップにつながります。

今回は解説のため便宜上「1, 2, 3」という数列を作成します。

2. 両端にある数字を足して最初の賭け金を決める

両端にある数字を足して最初の賭け金を決める

最初の賭け金は、数列の両端の数字を加算した金額を賭けます。

「1, 2, 3」という数列の場合は、1+3=4となりますから、4ドルです。

常に両端の数を加算した金額が賭け金となるので迷うことはありません。

3. 負けた場合は前回の賭け金を右端に追加する

負けた場合は前回の賭け金を右端に追加する

4ドル賭けのゲームで負けた場合、負債額の4を数列の右端に書き足します。

これによって数列は「1, 2, 3, 4」と4つの数列になることになります。

両端の数字を足し合わせて次ゲームの賭け金を決める

両端の数字を足し合わせて次ゲームの賭け金を決める

そして次のゲームの賭け金額は「1, 2, 3, 4」となった数列の両端の数字を加算するので1+4=5となり、5ドルが賭け金です。

4. 勝った場合は両端の数字を1桁削除する

勝った場合は両端の数字を1桁削除する

勝った場合にはどうなるのかを見ていくことにします。

数列を最初の「1, 2, 3」に戻して解説をします。

この場合は、1+3=4となり、4ドルの賭けを行っています。

そして勝利したので、該当数字の左端の1と右端の3を消去。

これにより数字が1つ残り、モンテカルロ法が完了です。

5. 最終的に数列が1桁 orなくなった場合は最初からやり直す

勝った場合は両端の数字を1桁削除する

モンテカルロ法が完了するのは、「数列がすべて消去出来た場合」と「数列の数字がひとつだけ残った場合」です。

めでたくモンテカルロ法が完了出来たら、次のセットを新しく始めることとなります。

例えば、上の画像のような「2, 3, 4」の数列が残った場面で2+4=6の6ドルの賭けを行い、勝利した場合は、2と4の数字を消去。

その結果、数列には3の数字がひとつだけ残ることなり、モンテカルロ法が完了するのです。

3倍配当ゲームでのモンテカルロ法の使い方

3倍配当のゲームでのモンテカルロ法の使い方は2倍配当の場合と少しだけ異なります。

該当するカジノゲームはルーレットの「ダズンベット」と「カラムベット」の2つの賭け方を選択する場合です。

それでは、手順を追いながら解説をしていくことにしましょう。

1. メモに1~5の数字を書く

メモに1~5の数字を書く

便宜上「1, 2, 3, 4, 5」という数列を用意します。もちろん数列は、「2, 2, 2, 2, 2」という数列でも構いません。

特徴として、常に両端の金額を加算した数が賭け金です。

負けた場合の負債額も右端に書き足されることから、右肩上がりの数列の方が賭け金額の変動幅が小さくなりますよ。

2. 両端にある数字を足して最初の賭け金を決める

両端にある数字を足して最初の賭け金を決める

今回用意した「1, 2, 3, 4, 5」という数列から、最初の賭け金額は1+5=6で、6ドルになります。

この点は2倍配当のゲームを選択した場合と違いがありません。

3. 負けた場合は前回の賭け金を右端に追加する

負けた場合は前回の賭け金を右端に追加する

負けた場合は負債額の6ドルを数列の右端に書き足します。

よって数列は画像のように「1, 2, 3, 4, 5, 6」です。

負けた場合、負債額を右端に書き足すのも2倍配当のゲームを選択した場合と違いがありません。

再度両端の数字を足して次ゲームの賭け金を決める

再度両端の数字を足して次ゲームの賭け金を決める

では負けた場合の確認をしていきましょう。

1+5=5の計算で6ドルの賭けで負けたので、数列に6を書き足します。

よって次のゲームの賭け金額は1+6=7となり、7ドルを賭けです。

もしこのゲームで負けた場合は、今度は数列の右端に7を書き足しましょう。

4. 勝った場合は両端の数字を2桁削除する

勝った場合は両端の数字を2桁削除する

では勝った場合はどうなるのでしょう。

ここに2倍配当のゲームを選択した場合とで、違いがありますから注意です。

最初の数列の「1, 2, 3, 4, 5」の状態で解説をしていきます。

1+5=6と計算し6ドルの賭けを行って勝利を収めた場合、3倍配当のゲームを選択した場合は、右端の2つの数字と左端の2つの数字を消去します。

よって、この場合は」「1, 2」と「4, 5」をそれぞれ消去します。

数列がひとつ、もしくはなくなった場合は最初からやり直す

数列がひとつ、もしくはなくなった場合は最初からやり直す

3倍配当の賭け方を選択した場合でも「数列の数字がすべて消去された場合」、または「数列の数字がひとつだけ残った場合」となるとモンテカルロ法は完了します。

上の画像のように6ドルの賭けを行って、勝利を得られた場合は「1, 2」と「4, 5」の数字を消去するため「3」だけが残ります。

数列に数字が1つだけとなったので、モンテカルロ法が完了します。

モンテカルロ法は本当に使える必勝法かルーレットを使って実践

ここでは実践を通して、モンテカルロ法の理解を深めていきましょう。

初期の数列は「1, 2, 3」とシンプルものでスタートします。

選択する賭け方は、ルーレットのイーブンベットの「赤・黒賭け」で実践です。

2倍配当ゲームでの実践結果

2倍配当ゲームでの実践結果

ゲーム数

数列

賭け金

勝敗

累計損益

1ゲーム目

1、2、3

4ドル

勝ち

+4ドル

2ゲーム目

1、2、3

4ドル

勝ち

+8ドル

3ゲーム目

1、2、3

4ドル

負け

+4ドル

4ゲーム目

1、2、3、4

5ドル

負け

-1ドル

5ゲーム目

1、2、3、4、5

6ドル

勝ち

+5ドル

6ゲーム目

12、3、45

6ドル

勝ち

+11ドル

※6ゲーム目で数字が1桁になったので終了

「数列の項目」の赤文字を足したものが賭け金額です。

結果的に6ゲームの実践で11ドルの利益を上げることができています。

6ゲームで4勝2敗の結果ですから、少しばかり運も味方してくれたようですね。

賭け金額の上り幅や利益の積み上がり方は参考になるはずです。

3倍配当ゲームでの実践結果

3倍配当ゲームでの実践結果

ゲーム数

数列

賭け金

勝敗

累計損益

1ゲーム目

1、2、3、4、5

6ドル

勝ち

+12ドル

2ゲーム目

1、2、3、4、5

6ドル

勝ち

+24ドル

3ゲーム目

1、2、3、4、5

6ドル

負け

+18ドル

4ゲーム目

1、2、3、4、5、6

7ドル

勝ち

+32ドル

5ゲーム目

123456

7ドル

負け

+25ドル

6ゲーム目

3、4、7

10ドル

負け

+15ドル

7ゲーム目

3、4、7、10

13ドル

勝ち

+41ドル

※7ゲーム目で数字がなくなったので終了

次いで、3倍配当のゲームを選択した場合の実践を行ってみました。

選択したゲームはルーレットのダズンベット。上の表がその実践結果の一覧になります。

結果は7ゲームで4勝3敗。41ドルの利益を上げる事ができました。

ダズンベットを考えれば当てられた方ですね。

やはり2倍配当の場合より負けた際の賭け金の上り幅は大きくなります。

一方で、勝利時の利益は非常に大きいものと確認ができました。

モンテカルロ法のメリット・デメリット

メリット・デメリット

これまでモンテカルロ法の活用の仕方を、2倍配当のゲームの場合と3倍配当のゲームの場合で見てきました。

合わせて実践の結果を確認すれば、モンテカルロ法の有用性は確認できたことと思います。

このようにモンテカルロ法は非常に有用なベット手法でメリットを持つことは確かですが、同時にデメリットをあわせ持っていることも知っておかなければなりません。

ここからは、モンテカルロ法のメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

メリット1. 1セット終了時に高確率で利益が出る

ゲーム数

数列

賭け金

勝敗

累計損益

1ゲーム目

1、2、3

4ドル

負け

-4ドル

2ゲーム目

1、2、3、4

5ドル

負け

-9ドル

3ゲーム目

1、2、3、4、5

6ドル

負け

-15ドル

4ゲーム目

1、2、3、4、5、6

7ドル

勝ち

-8ドル

5ゲーム目

12、3、4、56

7ドル

勝ち

-1ドル

6ゲーム目

123456

7ドル

勝ち

+6ドル

モンテカルロ法の最大のメリットは、セットが完了すれば利益が確定する点にあります。

同時にその利益は高い確率で望めるのです。

決して負けないというものではありませんが、高確率で利益を生じさせる点は最大のメリットなのです。

メリット2. 連敗が続いても資金がすぐになくならない

ゲーム数

勝敗

モンテカルロ法
賭け金

マーチンゲール法
賭け金

1ゲーム目

負け

4ドル

1ドル

2ゲーム目

負け

5ドル

2ドル

3ゲーム目

負け

6ドル

4ドル

4ゲーム目

負け

7ドル

8ドル

5ゲーム目

負け

8ドル

16ドル

6ゲーム目

負け

9ドル

32ドル

7ゲーム目

負け

10ドル

64ドル

8ゲーム目

負け

11ドル

128ドル

9ゲーム目

負け

12ドル

256ドル

10ゲーム目

負け

13ドル

512ドル

上の表はモンテカルロ法と、マーチンゲール法の連敗時の賭け金額の変動を表に表したものです。

10連敗時のマーチンゲール法を利用した場合、賭け金は512ドルにもなってしまうのです。

一方でモンテカルロ法は10連敗しても賭け金は13ドルなのです。

モンテカルロ法なら、連敗することで賭け金が急激に無くなることがありません。

デメリット1. 計算が複雑なので慣れてくるまでに時間がかかる

計算

モンテカルロ法のデメリットとして最も大きなものはその手間です。

ひとつに数列を用意しなければならず、勝敗によって消去したり書き足したりしなければならない手間はデメリットと言えるでしょう。

しかしこの手間を補うだけのメリットは確認できるはずです。

とはいえ、それでも慣れるまでには相応に時間を要することは確認しておくべきでしょう。

デメリット2. 短時間で大きく稼げない

モンテカルロ法の最大のデメリットは短期間で大きな利益を上げることが難しい点にあります。

さらに長期戦になる傾向もあり、これらはデメリットとしてとらえることができる項目です。

モンテカルロ法を使う際の注意点

モンテカルロ法をより有効に活用するためには、活用前に知っておく必要のある注意点がいくつかあります。

資金管理の側面や実践の中で大切となる項目です。

しっかりと確認をして、モンテカルロ法の有効性を失うことの無いように注意をしましょう。

事前に目標金額や損切り額を決めておく

目標金額

モンテカルロ法は高い勝率を期待できますが、決して負けないベット手法ではありません。

つまりは負けることも想定し、ゲームに臨まなければならないのです。

この視点で最も重要な注意点は、「利益目標の設定」と「許容損失額の設定」となります。

ゲームに臨む前に自身の資金面から適切な利益目標を設定し、同時に許容損失額をも設定します。

利益が目標金額に達した場合も、損失が許容額に達した場合も必ずゲームを離れるという資金管理は勝つためには欠かせません。

モンテカルロ法は高い集中力が必要なので長時間の使用は避ける

時間

モンテカルロ法は、数列を用いてベットコントロールを行うベット手法です。

そのため集中力が途切れてしまえばミスをしやすくなる可能性が高まります。

そこで大切な注意点が長時間の実践は避けるということになります。

これは単に集中力の持続という側面からだけでなく、ゲーム毎にハウスエッジ分の負担を強いられるカジノゲームでは非常に重要な視点となるのです。

モンテカルロ法は長期戦になりやすい傾向がありますから、このこと踏まえてなるだけ短期の活用が理想ですよ。

モンテカルロ法の成功率を上げる方法

モンテカルロ法の活用に理想的なゲームはルーレットです。

ルーレットの出目の確率は理論的に求めることができますが、短期間ではこの確率通りとならないことの方が多いこともあるのです。

勝敗履歴を基に今後の勝敗を予想してベットする

勝敗履歴を基に今後の勝敗を予想してベットする

確率通りに出目が生じないことを、偏りといいます。

大なり小なり偏りは常に生じていますが、大数の法則により、1万、10万とゲーム数を重ねる中で理論上の確率の値に限りなく近づいていくのです。

100回程度のゲームの中では偏りが生じることともなりますから、その偏りを把握して賭けるか賭けないかでは大きな差が生じることが多いのです。

そのため過去のゲームの履歴を確認し、どのような偏りが生じているのか把握しておくといいですよ。

ルーレットでは空回しを使って傾向を予想する

ルーレット

オンラインカジノのルーレットの中には、履歴の表示されないルーレットも存在します。

その多くはビデオルーレットやソフトゲームとも言われる、いわゆるテレビゲーム形式のルーレットに存在します。

このようなルーレットを選択して遊ぶ場合には、空回しと呼ばれる、賭けずにゲームを進行させることをすることをおすすめします。

これにより出目の傾向を把握することが可能になりますよ。

ビデオルーレットでも偏りが生じますから、ゲーム開始前に傾向を探ることが勝率の向上につながるのです。

モンテカルロ法を実践する際におすすめのオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノで利用できる入出金方法

取得ライセンス

30ドル+ハワイアンドリームのフリースピン20回分プレゼント!

ベラジョンカジノは2011年から日本市場に参入し、10年以上の運営実績がある日本で人気ナンバーワンのオンラインカジノです。

入金ボーナスは回数によって最大950ドル貰え、ボーナスの出金条件も20倍と緩いため、初心者の方でも簡単に勝利金を出金できます。

さらにベラジョンカジノへの入金に応じて、1日あたり5ドル分のゲームを10日連続で無料プレイ可能!

ベラジョンカジノはオンラインカジノ業界の中でも先行配信されるゲーム数がとても多いので、いち早く新作ゲームで遊ぶことができます。

どの項目をとっても日本人ユーザーの満足度が高いので、登録先に迷ったらまずベラジョンに登録するのがおすすめ。

当サイトからのご登録で

入金不要ボーナス30ドルを

無料プレゼント

当サイトからご登録いただいた方にもれなく、入金不要ボーナス30ドル(約3,000円)をプレゼント致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

カジノシークレット

カジノシークレットで利用できる入出金方法

取得ライセンス

   キャッシュバック最高500ドルをプレゼント!

カジノシークレットは、キャッシュバック方式というボーナスを採用しているオンラインカジノ。

キャッシュバックとは対象ゲームをプレイして勝負に負けた時に、賭け金の一部が自動的に戻ってくるという仕組みです。

またオンラインカジノでボーナスを出金する際に出金条件という制限を満たす必要がありますが、カジノシークレットは出金条件なし!

つまり、獲得した勝利金をすぐに出金できます。

遊べるゲームの種類も豊富なので、面倒なボーナスの賭け条件を気にせず遊びたい方におすすめ。

当サイトからのご登録で

最高500ドルまでの初回入金額50%を

キャッシュバック!

当サイトからご登録いただいた方に、最高500ドルまでの初回入金額50%をキャッシュバック致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

遊雅堂

遊雅堂で利用できる入出金方法

取得ライセンス

    入金不要ボーナス3,000円をプレゼント!

遊雅堂は高級感のある和風デザインで、ベラジョンカジノの姉妹サイトとしても有名なオンラインカジノ。

サポートは日本人向けに最適化されており、初心者の方でも安心してプレイできます。

さらに遊雅堂は日本円がそのまま使え、わざわざドルやユーロに換金する必要がありません。

プレイ画面の金額も日本円で表記されているので、日本人プレイヤーとしては非常に便利!

遊雅堂はオンラインカジノで人気のゲームを多数揃えているので、入出金やゲームに関するトラブルを回避して遊びたい方におすすめです。

当サイトからのご登録で

入金不要ボーナス3,000円を

無料プレゼント!

当サイトからご登録いただいた方にもれなく、入金不要ボーナス3,000円をプレゼント致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

まとめ

一説にはこのモンテカルロ法を活用しカジノを潰すまで追い込んだから、モンテカルロ法と命名されたとも言われていますが、その事実は確認できていません。

しかし、いずれにせよ数学者が研究のために開発をしたものをカジノで応用しているわけですから、有効性はお墨付きとも言えますね。

また覚えてしまえば、使い方は難しいものではありません。長きに渡ってカジノゲームを楽しみたい方は、是非とも身に付けておきたいベット手法です。

モンテカルロ法が皆さんのカジノライフを長きに渡って支えてくれるものとなることを祈っています!

迷ったらここ!おすすめのオンラインカジノをランキングで紹介!

数あるオンラインカジノから、カジノラッシュオンラインがおすすめをランキング化しました!

どのオンラインカジノにするか悩んでいるあなたに、ランキング形式でわかりやすく紹介します。

まだどこにも登録していないあなたも、他のオンラインカジノも遊んでみたいというあなたも

是非このランキングから探してみてください。

▼ランキングを今すぐチェックする

最新版!オンラインカジノ総合ランキング

-攻略法