GPWA

攻略法

10ユニット法の特徴や賭け方、実際に使える必勝法なのか徹底解説

10ユニット法の特徴や賭け方、実際に使える必勝法なのか徹底解説

10ユニット法は数列を使った攻略法です。

モンテカルロ法という攻略法に少し似ていますが、使い方は難しいものではありません。

またこの10ユニット法の優秀なところは、資金管理力も鍛えることができる点にあります。

目標利益の設定や、許容損失額を設定しゲームを始めるため、自ずと管理能力を鍛えることができるのです。

今回はこの10ユニット法の特徴から活用方法、実践を踏まえた有効性の検証を加えて、10ユニット法を解説していきます。

【注目】あなたにピッタリなオンラインカジノは?今話題の厳選オンカジランキング!

もくじ

10ユニット法とは?

10ユニット法

10ユニット法は、その名の通り10のユニットを活用したベット手法です。似たようなベット手法にはモンテカルロ法があります。

この10ユニット法は、目標利益額を10等分した「ユニット」を作成することから始まります。

例えば、10ドルの利益目標を設定すれば、10ドルを10等分した1ドルのユニットを10個作り、それを数列化します。

1回のゲームの賭け金は、数列化した数字の右端と左端の金額を加算した金額になります。

勝利すれば該当数字を消去しますが、負けた場合は負債額を数列の右端に書き足します。

以降のゲームも常に賭け金額は両端の数字を加算した金額でゲームを進め、数列の数字が全部なくなれば10ユニット法が完結し、目標利益が上げられるという仕組みです。

10ユニット法の特徴

ベット

10ユニット法の特徴の詳細を解説していきます。

ゲーム前に目標利益と許容損失と1ゲームの賭け金が決められる

目標利益 10ユニット法が成功した際に獲得したい利益
許容損失 10ユニット法が失敗した場合でも許容できる損失額
1ゲームの賭け金 目標利益を10分割した金額により異なる

最大の特徴は目標利益額を設定することで、自ずと1ゲームの賭け金額が決定できる点にあります。

これによりベットコントロールにおいてあれこれ悩む必要がなくなります。

また、許容損失額は利益目標に応じて別途設定することができます。

明確に目標利益と許容損失額を把握できることになるので、資金管理力を身に付けやすい特徴があるのです。

10ユニット法が成功すると確実に目標利益を獲得できる

ゲーム数 賭け金 勝敗 勝敗後の数列 累計損益
1 2ドル 勝ち 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 +2ドル
2 2ドル 勝ち 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 +4ドル
3 2ドル 勝ち 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 +6ドル
4 2ドル 勝ち 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 +8ドル
5 2ドル 勝ち 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 +10ドル

10ユニット法は完遂できれば、必ず目標利益額の利益を生み出します。これも10ユニット法の特徴のひとつです。

明確な利益目標の達成は、賭けに対するモチベーションの向上にも一役買ってくれます。

「10ユニット法の完遂=目標利益達成」の構図ができるため、資金管理は非常にしやすい側面を持っているのです。

合わせて、許容損失額の設定も簡単に行える特徴があります。

10ユニット法の基本的な流れ

目標利益 10ドル
許容損失 10ドル
1ゲームの賭け金 1ドル

すでにモンテカルロ法をご存じの方はスムーズに理解できることと思います。

また、モンテカルロ法を知らなくとも、ある程度の手間はかかるベット手法です。

しかし、難しいベット法ではありませんから、安心して確認してください。

1. 紙に1を横並びで10個書く

紙に1を横並びで10個書く

解説という側面を踏まえ、わかりやすい目標設定をしていきます。利益目標を10ドル、許容損失額も10ドルと設定したと仮定します。

この場合、10ドルを10等分にすれば1ユニットの数字が作成できます。10÷10=1と計算できるので、1ユニット当たり1ドル。

そのため、上の画像のような「1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1」という数列を紙に記します。

2. 両端を足した数字を賭ける

両端を足した数字を賭ける

数列の作成が済めば、賭け金を導き出すことが可能になります。

そのため賭け金は、常に数列の両端の数字を加算した金額です。

つまり、初回のゲームの賭け金額は1+1=2ドルとなります。

勝った場合:両端の数字を消す&利益を許容損失に足す

勝った場合:両端の数字を消す&利益を許容損失に足す

勝った場合、数列の該当数字を両端の数字を消去します。

上の画像のように両端の数字を消去すれば、1ドルの8ユニットが残ることとなります。

許容損失額には、消した数字を加算することで許容損失額の管理も可能となります。

勝った場合:数字を消したらまた両端の数字を足して賭ける

勝った場合:数字を消したらまた両端の数字を足して賭ける

次のゲームでは同様に、数列の両端の数字を加算して賭け金を算出します。

この場合、1+1=2ドルと計算できますから、2ドルが次のゲームの賭け金となるのです。

負けた場合:数列の右端に賭けた数字を追加&賭け金を許容損失から引く

負けた場合:数列の右端に賭けた数字を追加&賭け金を許容損失から引く

次に負けた場合についてみていくことにしましょう。便宜上、初期ゲームに戻ります。

最初のゲームは、10ユニットの数列の両端の数字を加算し2ドルの賭けを行いました。

結果、負けてしまった場合には負債額となった2ドルを数列の右端に書き足します。

同時に許容損失額からも2ドルを減算することとなります。

負けた場合:数字を追加したらまた両端の数字を足して賭ける

負けた場合:数字を追加したらまた両端の数字を足して賭ける

次のゲームの賭け金額は、数列の両端の数字を加算した金額となるので1+2=3と計算でき、3ドルです。

負ければ数列の数字がひとつ増え、勝てば数列の数字が2つ消えることとなります。

数列が全て消えるか許容損失額がマイナスになったら終了

数列が全て消えるか許容損失額がマイナスになったら終了

10ユニット法の完遂は数列がすべて消去出来た場合です。この場合、目標利益額の利益を上げられていることとなります。

一方、許容損失額が許容額に達した場合も10ユニット法を終了。

この場合、許容損失額の損失が生じていることとなります。

10ユニット法は本当に使える必勝法かルーレットを使って実践

賭け方 赤・黒賭け
目標利益 10ドル
許容損失額 10ドル

選択する賭け方は赤・黒賭けで、目標利益額、許容損失額ともに10ドルと設定をします。

1ゲームの賭け金はゲームの進行と、勝敗結果に応じて10ユニット法のルールに則って行っていきます。

1ゲーム目

1ゲーム目

賭け金 2ドル
勝敗 勝ち
勝敗決着後の数列 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
許容損失額 12ドル

1ゲーム目は黒に賭けます。賭け金額は1+1=2ドルと求められるので2ドルをベット。

結果は黒の15となり見事に的中です。4ドルの配当が得られ、2ドルの利益が得られました。

同時に数列の両端の数字を消去します。

2ゲーム目

2ゲーム目

賭け金 2ドル
勝敗 勝ち
勝敗決着後の数列 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
許容損失額 14ドル

2ゲーム目の賭け金は1ゲーム同様に1+1=2ドルと求められます。黒への賭けを選択し、いざ勝負です。

結果は黒の15となり連勝となりました。4ドルの配当を得られ利益も4ドル。合わせて両端の数字を消去します。

3ゲーム目

3ゲーム目

賭け金 2ドル
勝敗 勝ち
勝敗決着後の数列 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
許容損失額 16ドル

3ゲーム目も賭け金は2ドルとなります。今回は赤を選択。結果は赤の16となり3連勝となりました。

4ドルの配当を得られ、利益も6ドルに伸ばすことができました。再び両端の数字を消去し、残る数字が4ユニットとなりました。

4ゲーム目

4ゲーム目

賭け金 2ドル
勝敗 勝ち
勝敗決着後の数列 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
許容損失額 18ドル

4ゲーム目も2ドルと同額の賭け金となります。黒を選択しました。結果は黒の11となり4連勝。

再び4ドルの配当を得られ、利益も8ドル。

また、両端の数字を消去し、残る数字は2ユニットのみとなりました。

5ゲーム目

5ゲーム目

賭け金 2ドル
勝敗 負け
勝敗決着後の数列 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2
許容損失額 16ドル

5ゲーム目も賭け金は2ドルです。赤への賭けを選択することにしました。

結果は黒の31となり、この検証初の黒星です。2ドルを損失したため、利益は6ドルに減りました。

そして、2ドルの損失が生じたので2を数列に右端に書き足します。

6ゲーム目

6ゲーム目

賭け金 3ドル
勝敗 負け
勝敗決着後の数列 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 3
許容損失額 13ドル

先ほどのゲームで負けたので1+2=3ドルと計算することとなり、賭け金額は3ドル。

赤への賭けを選択しましたが、結果は黒の15であり、連敗となってしまいました。

3ドルの損失となり利益も3ドルへ目減りすることに。そして再び損失額の3を数列の右端に書き足します。

7ゲーム目

7ゲーム目

賭け金 4ドル
勝敗 勝ち
勝敗決着後の数列 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 3
許容損失額 17ドル

7ゲーム目の賭け金は1+3=4と計算することとなり4ドルとなります。赤への賭けを選択。

結果は、赤の9となり的中することができました。

8ドルの配当が得られ、利益は7ドル。勝利したので両端の1と3をそれぞれ消去します。

8ゲーム目

8ゲーム目

賭け金 3ドル
勝敗 勝ち
勝敗決着後の数列 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 3
許容損失額 20ドル

8ゲーム目の賭け金は1+2=3と計算でき3ドルとなります。今回は黒への賭けを選択します。

結果は黒の10となり見事に的中!6ドルの配当を得られ、利益が10ドルに到達しました。

1と2を消去すると全ての数字が消去出来たので10ユニット法が完遂することとなりました。

10ユニット法の実践結果

ゲーム数 賭け金 勝敗 勝敗後の数列 許容損失額 累計損益
2ドル 勝ち 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 12ドル +2ドル
2 2ドル 勝ち 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 14ドル +4ドル
3 2ドル 勝ち 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 16ドル +6ドル
4 2ドル 勝ち 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 18ドル +8ドル
5 2ドル 負け 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 16ドル +6ドル
6 3ドル 負け 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 3 13ドル +3ドル
7 4ドル 勝ち 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 3 17ドル +7ドル
8 3ドル 勝ち 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 3 20ドル +10ドル

上の表は、8ゲームの実践結果を一覧にしたものです。8戦6勝2敗の結果となりました。

通常の賭け金が2ドルでしたが、連敗時には3ドル、4ドルと上がることもあります。

しかし賭け金額が2倍、3倍と膨らむ訳ではないので、連敗をしても精神的負担は感じないでしょう。

10ユニット法のメリット・デメリット

メリット・デメリット

10ユニット法にはメリットもありますが、当然デメリットも存在します。

この両方のポイントをしっかりとおさえた上での活用は欠かすことができない側面です。

メリットばかりに目を向けるのもいけませんし、デメリットばかりに目を向けるのもいけません。

必ず両方を理解して活用することが大切なことなのです。

メリット1. 資金管理がしやすい

計算

実践を通じても確認できますが、資金管理のしやすさは攻略法と呼ばれるベット手法の中でもずば抜けているといえます。

利益目標の達成度や、許容損失額までの許容金額など一目瞭然で確認することさえ可能になるのです。

この点は資金管理を身に付けたい方や、オンラインカジノ初心者には特におすすめのポイントとなります。

メリット2. ゲームのやめどきが分かりやすい

STOP

目標利益の到達と、許容損失額の到達が確認しやすいのでゲームを離れるタイミングを明確にすることができます。

ついついズルズルとゲームを続けてしまう行為は、負けを誘発してしまいます。

完遂または到達を機会にゲームを離れるので区切りが付けやすい特徴が10ユニット法にはあるのです。

デメリット1. 常にノートとペンを使う必要がある

メモ

数列を作成し、ベットの度に結果に応じて、消去や書き足しをしなければならない手間はデメリットと言えるかもしれません。

しかし、そのデメリットの側面を十分に補うだけの効果があることは理解できるでしょうから、この手間は積極的に受け入れるべき事柄といえます。

デメリット2. 連敗が続くと賭け金が徐々に大きくなる

ゲーム数 賭け金 勝敗 勝敗後の数列
1 2ドル 負け 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2
2 3ドル 負け 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 3
3 4ドル 負け 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4
4 5ドル 負け 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5
5 6ドル 負け 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6
6 7ドル 負け 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 7
7 8ドル 負け 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 7 8
8 9ドル 負け 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9

連敗しても賭け金の増額幅は小さいベット手法ではありますが、やはり連敗を重ねれば賭け金が大きくなります。

この点はデメリットとして理解をするべき事柄になります。

上の表は連敗時における賭け金と数列の状況を一覧にしたものですが、2ドルの賭け金が8連敗すると10ドルを超えることが確認できます。

連敗はどの攻略法においても難敵となるのです。

10ユニット法を使う際の注意点

10ユニット法はカジノゲームのすべてで活用できるベット法ではありません。よって、活用する前に注意すべき点がいくつかあります。

これら注意点の確認を怠れば有用な活用ができなくなるので、しっかりと確認してくことをおすすめします。

10ユニット法は勝率約50%で配当が2倍のゲームを選ぶ

勝率約50%で配当が2倍のゲームを選ぶ

10ユニット法の活用は勝率が約50%のゲームでかつ、勝利時の配当が賭け金の2倍のゲームが理想となります。

最も理想的なゲームはルーレットのイーブンベット、赤・黒賭け、奇数・偶数賭け、ハイ・ロー賭けの3種類の賭け方です。

ルーレットは独立事象のゲームなので最も有効活用できるのです。

次いで、バカラやブラックジャックがあげられますが、バカラはバンカーベットを行うと配当が1.95倍である点に注意が必要。

また、ブラックジャックは、スプリットやダブルダウンといったアクションを選択すると賭け金額が自ずと2倍となります。

成功すればよいですが、失敗をした際の対応に課題が残るので、理解の上での活用が必要になります。

攻略法に慣れるまではライブカジノでは使わない

攻略法に慣れるまではライブカジノでは使わない

ライブカジノは賭けの制限時間が短く設定されているため、10ユニット法になれるまでは、ライブカジノでの実践は避ける方が望ましいです。

賭け時間の制限のないビデオルーレットやビデオバカラなどのソフトゲームで練習を行い、十分に慣れてきたらライブカジノで活用するという流れが理想となります。

もちろん慣れてきたら、ライブカジノでの活用も十分に可能です。

目標利益や許容損失額は高く設定しすぎないように注意する

ドル お金

自己資金に応じた適切な利益目標の設定と、許容損失額の設定は欠かせません。

無理な目標設定をすれば、1回の負けや1回の失敗で資金をすべて失うリスクを背負う可能性が生じます。

適正な目標設定の自己資金における割合は、個々で異なります。

賭け方やプレイ時間も影響しますし、カジノゲームへの慣れといった経験値の要素も含んだ上での判断が必要になるからです。

初心者の方は自己資金の10%~20%ほどを、利益目標や許容損失額とするのが理想ですよ。

10ユニット法の成功率を上げる方法

10ユニット法は闇雲に活用していては高い成功率は期待できません。

10ユニット法の成功率を上げるのにもちょっとしたコツや方法があるのです。

これらは知っているだけでも成功率に影響を与えますから、しっかりと確認して成功率アップに役立ててください。

勝敗履歴を基に今後の勝敗を予想してベットする

勝敗履歴を基に今後の勝敗を予想してベットする

ルーレットやバカラではゲームの履歴が表示されます。この履歴を確認することで、現在進行しているゲームの流れや傾向を把握することが可能になります。

履歴を確認し、傾向を判断することは必要不可欠な要素ととらえるとよいでしょう。

例えば、ルーレットでは黒が続く傾向がある、バカラではプレイヤーの3連以上のツラが多くみられるなど。

把握しておけば予想に反映させることが可能になり、成功率を引き上げる要因となるのです。

ルーレットでは空回しを使って傾向を予想する

ルーレット

ソフトゲームのルーレットの中には履歴の表示されないものが多く存在します。

これら履歴の表示されないビデオルーレットでの10ユニット法の活用は理想とは言えません。

しかし、これらビデオルーレットの中には空回しと言われる、賭けずにゲームを進行させることのできるものがあります。

この場合、空回しをすることで一定ゲーム数の履歴を把握することが可能になるのです。

もしビデオルーレットを選択する場合、空回しのできるビデオルーレットを選択しましょう。

10ユニット法を実践する際におすすめのオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノで利用できる入出金方法

payment_visa

取得ライセンス

30ドル+ハワイアンドリームのフリースピン20回分プレゼント!

ベラジョンカジノは2011年から日本市場に参入し、10年以上の運営実績がある日本で人気ナンバーワンのオンラインカジノです。

入金ボーナスは回数によって最大950ドル貰え、ボーナスの出金条件も20倍と緩いため、初心者の方でも簡単に勝利金を出金できます。

さらにベラジョンカジノへの入金に応じて、1日あたり5ドル分のゲームを10日連続で無料プレイ可能!

ベラジョンカジノはオンラインカジノ業界の中でも先行配信されるゲーム数がとても多いので、いち早く新作ゲームで遊ぶことができます。

どの項目をとっても日本人ユーザーの満足度が高いので、登録先に迷ったらまずベラジョンに登録するのがおすすめ。

当サイトからのご登録で

入金不要ボーナス30ドルを

無料プレゼント

当サイトからご登録いただいた方にもれなく、入金不要ボーナス30ドル(約3,000円)をプレゼント致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

カジノシークレット

カジノシークレットで利用できる入出金方法

payment_visa

取得ライセンス

   キャッシュバック最高500ドルをプレゼント!

カジノシークレットは、キャッシュバック方式というボーナスを採用しているオンラインカジノ。

キャッシュバックとは対象ゲームをプレイして勝負に負けた時に、賭け金の一部が自動的に戻ってくるという仕組みです。

またオンラインカジノでボーナスを出金する際に出金条件という制限を満たす必要がありますが、カジノシークレットは出金条件なし!

つまり、獲得した勝利金をすぐに出金できます。

遊べるゲームの種類も豊富なので、面倒なボーナスの賭け条件を気にせず遊びたい方におすすめ。

当サイトからのご登録で

最高500ドルまでの初回入金額50%を

キャッシュバック!

当サイトからご登録いただいた方に、最高500ドルまでの初回入金額50%をキャッシュバック致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

遊雅堂

遊雅堂で利用できる入出金方法

取得ライセンス

    入金不要ボーナス3,000円をプレゼント!

遊雅堂は高級感のある和風デザインで、ベラジョンカジノの姉妹サイトとしても有名なオンラインカジノ。

サポートは日本人向けに最適化されており、初心者の方でも安心してプレイできます。

さらに遊雅堂は日本円がそのまま使え、わざわざドルやユーロに換金する必要がありません。

プレイ画面の金額も日本円で表記されているので、日本人プレイヤーとしては非常に便利!

遊雅堂はオンラインカジノで人気のゲームを多数揃えているので、入出金やゲームに関するトラブルを回避して遊びたい方におすすめです。

当サイトからのご登録で

入金不要ボーナス3,000円を

無料プレゼント!

当サイトからご登録いただいた方にもれなく、入金不要ボーナス3,000円をプレゼント致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

まとめ

10ユニット法はオンラインカジノでルーレットや、バカラを楽しむ初心者の方に特におすすめのベット手法といえます。

利益目標と許容損失額の設定が簡単に行えることで、自然と資金管理をしながらゲームを楽しむことができるようになります。

同時にゲーム毎にベットコントロールをすることになりますので、ベットコントロールの有用性も自ずと身に付くことになるのです。

カジノゲーム初心者でなくとも、資金管理を身に付けたい方は積極的な活用をおすすめします。

10ユニット法を通じて、ゲーム流れや傾向を掴む力が向上すれば、勝率は格段に上がります。

経験値を積む意味では10ユニット法は大いに活用意義のあるベット手法です。是非参考にしてカジノライフの充実させてみてください!

迷ったらここ!おすすめのオンラインカジノをランキングで紹介!

数あるオンラインカジノから、カジノラッシュオンラインがおすすめをランキング化しました!

どのオンラインカジノにするか悩んでいるあなたに、ランキング形式でわかりやすく紹介します。

まだどこにも登録していないあなたも、他のオンラインカジノも遊んでみたいというあなたも

是非このランキングから探してみてください。

▼ランキングを今すぐチェックする

最新版!オンラインカジノ総合ランキング

-攻略法