バカラ

バカラの連勝確率と連敗確率を実際のゲーム結果に基づいて徹底解説

バカラの連勝確率と連敗確率を実際のゲーム結果に基づいて徹底解説

バカラはオンラインカジノで最も人気が高くプレイヤー数も多いカジノゲームです。

ですが、中にはバカラでなかなか勝てず負けてばかりだという人も少なからずいるのではないでしょうか。

もしかしたらそうした人はバカラの連勝確率、連敗確率を知らないままなのかもしれません。

今回はバカラの連勝確率と連敗確率を詳しくご紹介し、どういったベットが必要になるのか必勝法とあわせてご紹介します!

バカラの連勝確率と連敗確率について

バカラの連勝確率と連敗確率について

カジノゲームをプレイする上で、どこにどれだけ賭ければ勝つ可能性があるのか、というのが重要になります。

連勝確率や連敗確率はベットする場所によってそれぞれ異なっており、またその確率は一種の天井のようなものでもあります。

反対に考えると、一定の回数同じベットを繰り返せば連勝・連敗が止まり、異なった結果になることも予想できるようになるのです。

プレイヤーとバンカーの勝率は異なる

勝敗結果

確率

プレイヤーの勝ち

44.62%

バンカーの勝ち

45.86%

タイ

9.52%

まず、バカラは大きく分けて3種類のベットスポットがあります。

『プレイヤー・バンカー・タイ』ですね。

この3つのうち、プレイヤーとバンカーに関しては同じような出現確率に見えて実は違います。

プレイヤーよりもバンカーが勝利する確率の方が高く、これは次で説明する3枚目が配られる条件によるものです。

3枚目を引く条件によってバンカーが逆転しやすいため

バンカーに3枚目のカードが配られる条件

プレイヤーとバンカーでは、3枚目のカードが配られる条件が異なっており、バンカーはプレイヤーのハンド次第で変わってきます。

プレイヤーハンドとバンカーハンドで3枚目が配られるかどうかは決まりますが、その後もプレイヤーの3枚目が何のカードなのかによって変わってきます。

つまり、バンカーの3枚目については常に後出しできるような状況で、逆転できる可能性が高いとも言えるのです。

バンカー勝利コミッションを考慮しても還元率が高い

賭け方

還元率

控除率

プレイヤー

98.76%

-1.24%

バンカー

98.95%

-1.05%

タイ

85.68%

-14.32%

また、バンカー勝利は出現率が高いというだけではなく、還元率も0.2%ほど高くなっています。

これは出現率に伴う確率なので、必然的にバンカーベットの方が稼ぎやすくなってくるということでもあります。

もちろん、コミッションバカラではバンカーベット勝利で手数料が取られますが、これを加味してもバンカーベットが強いと言われています。

完全な独立事象ゲームではないので確率はあくまで参考に

独立事象ゲームではない

「独立事象」とは、ルーレットのように1ゲームずつの結果がその後のゲーム結果に影響しないことを指します。

対して「従属事象」とは、バカラやブラックジャックなどトランプカードを使った場合、1ゲームごとに使用したカードが除外されていきます。

デックが半分になる前にはデック交換されますが、除外されていくことで全カードの出現確率が変わってしまうことを従属事象といいます。

バカラの10連勝確率

連勝確率

まずはバカラで10連勝する確率について、各ベット方法からご紹介していきます。

ご紹介するのは『プレイヤーベット・バンカーベット・タイベット』の3つです。

プレイヤーベットの10連勝確率

ゲーム数

連勝確率

1

44.62%

2

19.91%

3

8.884%

4

3.964%

5

1.769%

6

0.789%

7

0.352%

8

0.157%

9

0.070%

10

0.031%

プレイヤーベットで勝利する確率は、バンカーベットよりも少し低い44.62%となっています。

1ゲーム目の勝率が44.62%だとした場合、10連勝する確率は0.031%となっていることがわかりますよね。

つまり、あくまで連勝は1割~2割り程度の可能性がある、3連勝程度であることが一般的だと考えておきましょう。

バンカーベットの10連勝確率

ゲーム数

連勝確率

1

45.86%

2

21.03%

3

9.645%

4

4.423%

5

2.028%

6

0.930%

7

0.426%

8

0.195%

9

0.089%

10

0.041%

対してバンカーベットで勝利する確率は、45.86%もあることがわかっています。

1ゲーム目の勝率を45.86%だとした場合に、バンカーが10連勝する確率は0.041%。

こちらもプレイヤーベットと同様にとても低い数字になっているので、バンカーベットで10連勝する可能性もほぼありません。

タイベットの10連勝確率

ゲーム数

連勝確率

1

9.52%

2

0.906%

3

0.086%

4

0.008%

5

0.00078%

6

0.00007%

7

0.000007%

8

0.0000006664%

9

0.00000006344128%

10

-

タイベットで10連勝する確率については、元々の勝率が高くないこともあり途方も無い数字となりました。

常に1/10ほどの勝率しかないのがタイベットなので、10連勝の確率は表せないほどに。

“数ゲームプレイして一度あるぐらいがタイという結果”であることが、この数字からもわかります。

バカラの10連敗確率

連敗確率

では続いてバカラで10連敗する確率について、詳しくご紹介していきます。

連勝時同様に、賭け方は『プレイヤーベット・バンカーベット・タイベット』の3つです。

プレイヤーベットの10連敗確率

ゲーム数

連敗確率

1

55.38%

2

30.67%

3

16.98%

4

9.41%

5

5.21%

6

2.884%

7

1.597%

8

0.884%

9

0.490%

10

0.271%

プレイヤーベットで連敗する確率は、最初の敗率である55.38%を基準として計算していきました。

2連敗や3連敗は可能性としてある数字ですが、4連敗や5連敗あたりからは可能性がとても少なくなってきています。

元々の勝率が50%はありませんので、最終的に10連敗する確率も連勝確率よりは大きいことがわかります。

バンカーベットの10連敗確率

ゲーム数

連敗確率

1

54.14%

2

29.31%

3

15.87%

4

8.59%

5

4.65%

6

2.518%

7

1.363%

8

0.738%

9

0.399%

10

0.216%

バンカーベットで連敗する確率については、プレイヤーベットより少し勝率が高いこともあり54.14%から始まります。

こちらもプレイヤーベットと同じような数字の並びとなっており、10%の確率を切るのが4連敗時。

このあたりから連敗する確率はとても少なくなってきていることがわかります。

タイベットの10連敗確率

ゲーム数

連敗確率

1

90.48%

2

81.87%

3

74.07%

4

67.02%

5

60.64%

6

54.87%

7

49.64%

8

44.92%

9

40.64%

10

36.77%

イベットで10連敗する確率は、敗率の90.48%から10連敗までほぼ下がることがありません。

10連敗時でも36.77%もの連敗確率が残っており、ほぼ間違いなく負けてしまうというのがこの確率からわかります。

逆に言えば10ゲームに一回ぐらいはタイになることがあるため、タイミングを見計らってタイベットを視野に入れるのもありです。

バカラを実践して連勝確率と連敗確率をチェック

バカラの連勝確率と連敗確率をもとにして、実際にこの通りの結果になるのかベラジョンカジノで実践してみました!

こちらの動画では連勝状況などもご紹介していますが、これとはまた別に全100ゲームの勝敗結果をまとめています。

全100ゲームの勝敗結果まとめ

結果

勝利数

プレイヤーの勝ち

47

バンカーの勝ち

46

タイ

7

100ゲームの勝敗結果まとめがこちら!

ほぼほぼ各勝率に寄ったような勝利数となりました。

勝率の観点からバンカーの方が勝利数は多いと踏んでいましたが、実際にはプレイヤーの方が1勝利だけ多い形に。

この結果を基にして、連勝確率を含めた数字をご紹介していきます。

100ゲームの連勝確率まとめ

連勝確率

プレイヤー

バンカー

2連勝

6%

8%

3連勝

12%

6%

4連勝

8%

8%

5連勝

5%

10%

6連勝

0%

0%

7連勝

7%

0%

プレイヤーベットの連勝確率と、バンカーベットの連勝確率について、上記のようにまとめました。

8連勝以降はどちらもありませんでしたので、最大で7連勝までした結果となっています。

プレイヤーベットは3連勝の確率が12%もあり、バンカーベットでは5連勝の確率が10%もありました。

100ゲームの連敗確率まとめ

連敗確率

プレイヤー

バンカー

2連敗

8%

6%

3連敗

6%

12%

4連敗

8%

8%

5連敗

10%

5%

6連敗

0%

0%

7連敗

0%

7%

続いて連敗確率ですが、プレイヤーベットでは5連敗の確率が10%あり、バンカーベットでは3連敗の確率が12%。

こちらも最大で7連敗までしている結果となったので、実際のゲームでも10連勝・10連敗するようなことはなかなかないことがわかりました。

また、タイベットに関しては連勝も連敗もなかったため、今回の表からは省いています。

バカラで連勝時と連敗時に効果的な必勝法

バカラを実際にプレイする時には、ここまでに解説してきた連勝確率と連敗確率を頭に入れておきましょう。

その上で、連勝時や連敗時に効果的な必勝法をご紹介しますのであわせて取り入れていきましょう!

連敗時に使えるマーチンゲール法

マーチンゲール法

マーチンゲール法とは、連敗したときに前ゲームの賭け金を倍にして次のゲームで賭けるといった手法です。

これを繰り返していくことで何連敗しても、1勝するときには必ず利益が出ているような状況になっているシステム。

マーチンゲール法は通称“理論上絶対に負けない必勝法”とも言われており、実際にそのとおりの結果が生まれます。

連敗時に大きく稼ぐグランマーチンゲール法

グランマーチンゲール法

マーチンゲール法をさらに強化したのがこちらのグランマーチンゲール法で、これはより大きな利益を生み出すための必勝法です。

基本的な仕組みはマーチンゲール法と同じですが、賭け金を倍にするだけではなくプラスαの賭け金を追加していきます。

これによって連敗時に賭けるベット額が大きく上がり、1勝したときにマーチンゲール法以上の利益が出るような仕組みです。

連勝時に使えるパーレー法(逆マーチンゲール法)

パーレー法

連勝しているときにはもっと利益を生み出したくなりますよね。そんなときにおすすめなのがパーレー法です。

パーレー法は通称“逆マーチンゲール法”と言われており、連敗時ではなく連勝時に賭け金を前ゲームの倍、ベットしていきます。

1敗でもすれば最初の賭け金分がマイナスとなりますが、連勝している限りは大きな利益を短期で生み出すことができる必勝法です。

連勝時に大きく稼ぐグランパーレー法

グランパーレー法

グランパーレー法とは、パーレー法の強化版でより攻撃的な必勝法として知られています。

パーレー法は連勝時に賭け金を倍ベットしていきますが、これにプラスαで賭け金を設定していくのがグランパーレー法。

より攻撃的で23ゲームの連勝だけでも8倍~10倍という資金の増え方になっている必勝法です。

まとめ

バカラを攻略する上で、運ばかりに頼るのではなく数字や確率を理解してより適切に勝つことがとても重要。

連勝確率や連敗確率はほぼ2択のバカラにおいて、どちらに賭けるのか判断する重要な材料となってくるでしょう。

プレイヤーベットしたとき、バンカーベットしたときに何連勝何連敗することが最大となるのか、これらも含めて理解しておけばより適切な判断ができるようになりますよ!

バカラをやるための最強オンラインカジノとは?

バカラをプレイするには、どこでプレイするのか?は非常に重要です。下手な所でプレイすると損をする可能性があるので、最もオトクなオンラインカジノをご紹介します。
今すぐ確認する

-バカラ

© 2021 ベラジョンカジノ専門攻略サイト