ブラックジャック

ブラックジャックのファイブカードチャーリーについて、種類や配当とあわせて解説!

ブラックジャックのファイブカードチャーリーについて、種類や配当とあわせて解説!

 

ブラックジャックはハンドを21に近づけること、また21にすることが目的のカジノゲーム。

プレイヤーとディーラーで勝負して、21に近い方が勝ち、というのがブラックジャックのルールです。

ですが、実はポーカーのように役を完成させることで得られる配当などもあるのです。

今回はそのうちのひとつである、ファイブカードチャーリーについて詳しく解説していきます。

ブラックジャックのファイブカードチャーリーについて

ブラックジャックのファイブカードチャーリー

ブラックジャックの基本ルールはハンドを21に近づけること、21にすることです。

プレイヤーとディーラーでハンドの勝負をし、通常通りに勝利すれば配当2倍が受けられるルール。

これとあわせてポーカーの役のように、ハンドを特定の条件下で集めることにより役が成立します。

ハンドのカード枚数が5枚で21以下

ハンドのカード枚数が5枚で21以下

ブラックジャックのファイブカードチャーリーは、ハンドのカード枚数が5枚の状態を指します。

ただカードを5枚集めれば良いというわけではなく、当然ながらバーストしてはいけません。

そのためカードを5枚集めますが、ハンドは21以下である必要があります。

ナチュラルブラックジャックの次に強い

ナチュラルブラックジャック

ブラックジャックにおいて、最初の2枚のカードで21が成立するナチュラルブラックジャックは最も強いです。

しかし、その次に強いとされているのがこのファイブカードチャーリー。

あくまで役のひとつとして存在するものですが、5枚のカードを集めようとするとバーストの可能性も高いため注意が必要です。

採用されていないカジノが多い

カジノ

用意しておいてくれれば狙える可能性もあるファイブカードチャーリーですが、実際に導入されているケースは多くありません。

オンラインカジノごとに導入しているゲームも異なりますし、仕様として採用しているゲームプロバイダも多くないもの。

もしブラックジャックにおいてファイブカードチャーリーを見かけたら、とても珍しいですよ!

ファイブカードチャーリーの種類と配当

ファイブカードチャーリーはカードを5枚も集めなければいけませんので、配当が大きくなると思いますよね。

実際に多くの場合で採用されている配当と、チャーリー系の種類についてご紹介します。

ファイブカードチャーリー成功時の配当は2倍

ファイブカードチャーリー成功時の配当は2倍

ブラックジャックにおいてファイブカードチャーリーが成立した場合の配当は、2倍とされています。

通常通りに勝利した場合においてもブラックジャックでは配当2倍なので、同じ配当ですね。

つまり、無理にファイブカードチャーリーを狙う必要はなく、役のひとつとして覚えておく程度でよいでしょう。

ファイブカードチャーリー以外にもチャーリーの種類がある

名称

カード枚数

ファイブカードチャーリー

5

シックスカードチャーリー

6

セブンカードチャーリー

7

エイトカードチャーリー

8

ナインカードチャーリー

9

テンカードチャーリー

10

ファイブカードチャーリーはカード5枚を揃えた状態のことを指しますが、その他にも種類があります。

カード枚数は5枚から10枚まであり、カード10枚の状況をテンカードチャーリーと言います。

カード枚数が増えていくごとに難易度は上がっていきますが、どれも配当が同じ2倍とされています。

ポンツーンのファイブカードについて

ポンツーンとはブラックジャックを基にしたゲーム

ポンツーン

ブラックジャックを基にしたゲームであるポンツーンでも、同じようにファイブカードチャーリーが採用されています。

ポンツーンはナチュラルブラックジャックの状態のことを「ポンツーン」と言いますが、基本的なルールはブラックジャックと同じ。

細かなルールの違いはありますが、ポンツーン自体が用意されているオンラインカジノは多くありません。

ポンツーンではファイブカードトリックという

ポンツーンではファイブカードトリックという

ブラックジャックではカード5枚を集めるとファイブカードチャーリーと言いますが、ポンツーンでは異なります。

ポンツーンでのファイブカードチャーリーのことは、ファイブカードトリックと言います。

正式名称が異なるだけで、成立の条件などはファイブカードチャーリーと全く同じです。

ファイブカードトリックの配当は3倍

ファイブカードチャーリー成功時の配当は2倍

ファイブカードトリックの配当は、ファイブカードチャーリーと異なり、配当3倍となっています。

ブラックジャックにおいて配当3倍を狙えるケースは、サイドベットを除くとインシュランスのみ。

この場合を考えるとファイブカードトリックを狙うのも、ひとつの戦略としてよいですよね。

まとめ

ブラックジャックのファイブカードチャーリーとは出会う機会がそうそうありません。

採用されているオンラインカジノやゲームプロバイダが少ない以上、通常通りの勝利ハンドを狙うのがおすすめ。

ブラックジャックならばサイドベットなども用意されているので、サイドベットを駆使して配当アップを狙うのがよいでしょう!

当サイトからのご登録で無料で30ドルプレゼント!
ベラジョンカジノ当サイト限定キャンペーン!
当サイトからご登録いただいた方にもれなく、 ベラジョンカジノで使えるボーナス30ドル(約3,000円)を無料プレゼントします!
今すぐ登録して無料特典を受け取る!

-ブラックジャック

© 2021 ベラジョンカジノ専門攻略サイト