ルーレット

ルーレットで出目が連続する確率と世界記録を基にしたおすすめ必勝法について解説

ルーレットで出目が連続する確率と世界記録を基にしたおすすめ必勝法について解説

 

ルーレットで遊んでいれば、ときに出目が連続して片方に偏ることもありますよね。

出目の偏りは性質上どうしても発生することですが、どれくらいの確率で発生するのか気になるところ。

連続確率を理解しておけば、最大でもどれくらいの連続が予想されるのか、判断することが可能です。

今回はルーレットの出目連続確率や、実際に世界記録として発生した出目の連続確率をご紹介します。

ルーレットで出目が連続した世界記録

ルーレット

ルーレットは赤黒賭けなどの配当2倍スポットに賭けることで、勝率約50%のカジノゲームとなります。

片方に賭け続けていれば1/2で当たるものですが、一時的に出目が偏ってしまったときには、出目が連続することも。

世界記録として知られている数字から、噂程度でもありますが連続した出目についても解説します。

公式の世界記録は27回

世界記録

連続して同色が出た記録として、1913年にモンテカルロで出た連続数が27回です。

出た色は『黒』で、公式の情報としてはこの1913年以降には更新されていません。

27回も連続で黒が出る、ということは一生に一度でも経験できるようなことではない、ということですね。

非公式の世界記録は51回

ルーレット

非公式ではありますが、連続記録として噂されているのがドイツ・バートホンブルクの記録で連続51回。

こちらについても出た色は『黒』だとされており、非公式ながら過去最高の連続記録となっています。

バートホンブルクという地域は、モンテカルロの母とも呼ばれているカジノ地区として世界的に有名です。

ルーレットの出目が連続する確率

では、これらの出目が連続した数字について、どれくらい難易度が高いことなのか確率で見ていきましょう。

27回連続は1億3,000万分の1

計算式

50%の確率で27回連続=7.4505805969238E-7

=1/134,217,728

27回も同色が連続で出るということは、確率にしてみると1億3,000万分の1という数字になります。

例えば、日本でも有名なジャンボ宝くじの当選確率は1,000万分の1という確率。

比べて見るだけでもわかるように、出目が連続する以上に宝くじを当てるほうが簡単だとも言えます。

51回連続は225兆分の1

計算式

50%の確率で51回連続=4.4408920985006E-14

=1/2,251,799,813,685,248

非公式とはいえどその確率を計算してみると、なんと225兆分の1という確率になりました。

51回連続という記録自体が非公式でもあるため、現実的な数字でないことは明らかですね。

ルーレットの種類によっても連続確率は変わる

ルーレットの種類

これらの確率はルーレットの種類によって異なりますので、あくまで参考程度にしておきましょう。

一般的なスポット数でもあるヨーロピアンルーレットは37スポット、対してアメリカンルーレットは38スポットあります。

シングルゼロかダブルゼロかで、出現確率も連続確率も変わってきます。

ルーレットの出目が連続する際のコツと注意点

ルーレットで出目が連続している場合に、抑えておくべきコツと注意点をご紹介します。

ツラ追いをして勝率を上げる

ルーレット

ルーレットでは一時的に同色へと偏ることは多々あり、見極めが重要です。

こちらの勝敗結果では黒が4連続、赤が3連続しているように、数回程度が偏ることは珍しくありません。

こうしたときにはツラ追いといい、連続する色を追ってベットすることにより、シンプルな賭け方が可能になります。

大数の法則により収束していく

大数の法則

偏りを見極めてベットすることは大事ですが、最終的には大数の法則により収束していくことを覚えておきましょう。

大数の法則とは、特定の施策を繰り返していくことで、最終的には確率通りの数字に近づいていく法則のこと。

あくまで勝率約50%という赤黒賭けにおいて、出目が一時的に偏っても最終的には50%へと近づいていきます。

ルーレットの出目が連続する際のおすすめ必勝法

出目が連続しているテーブルをあえて狙う、というのも賭け方のひとつとしてありです。

そういったときにおすすめできる必勝法をご紹介します。

98.48%法(2/3ベット法)

98.48%法(2/3ベット法)

98.48%法は、ルーレット特有の空回しを行うことで、どのエリアにボールが落ちやすいのか判断する方法です。

空回しはチップを賭けずにテーブルをチェックし続けることを指し、98.48%法では同じコラムorダズンに落ちるまで空回しします。

同じエリアに3回落ちたことを確認したら、4回目にはそのエリア以外の2エリアにベット。

4連続で同じエリアに落ちる確率は1.52%なので、勝率は約98.48%となるのです。

ドクターシュミット法

ドクターシュミット法

ドクターシュミット法でも空回しを利用して、どの数字により多くのボールが落ちるのかを確認します。

ひたすら空回しすることで出やすい数字をチェックし、ドクターシュミット法ではよく出る数字にベットします。

賭け方はストレートベットでもコラムダズンベットでも問題なく、自分の好きな賭け方でOKです。

グランマーチンゲール法

グランマーチンゲール法

グランマーチンゲール法は、マーチンゲール法を基にした必勝法です。

ゲームに連敗している際、賭け金を倍にしてベットしていくことで、最終的に1勝すれば利益を確保できます。

グランマーチンゲール法では倍ベット時にプラスで任意の賭け金をベットすることにより、1勝時の利益が大きくなるというものです。

グランパーレー法

グランパーレー法

グランパーレー法はパーレー法を基にしている、強化されたパーレー法と言えるでしょう。

連勝時に効果を発揮するグランパーレー法は、連勝し続ける限りは賭け金を倍ベットしていきます。

倍ベット時に任意の賭け金をプラスすることで、短時間でも大幅な利益を得ることができる必勝法です。

【参考】ルーレットの必勝法・攻略法を徹底解説!すぐに使える勝つための戦略まとめ

まとめ

どんなカジノゲームでも一時的に確率が偏ることはありますが、どれくらい連続するものなのかを知っておけば、判断材料のひとつになります。

今回ご紹介したルーレットの連続確率はそう出現するものではありません。

ですが、出目が連続する可能性は通常のゲームでもあるものなので、連続する可能性を理解して遊ぶようにしましょう。

当サイトからのご登録で無料で30ドルプレゼント!
ベラジョンカジノ当サイト限定キャンペーン!
当サイトからご登録いただいた方にもれなく、 ベラジョンカジノで使えるボーナス30ドル(約3,000円)を無料プレゼントします!
今すぐ登録して無料特典を受け取る!

-ルーレット

© 2021 ベラジョンカジノ専門攻略サイト