GPWA

攻略法

キャンセレーション法の特徴や賭け方、実際に使える必勝法なのか徹底解説!

キャンセレーション法の特徴や賭け方、実際に使える必勝法なのか徹底解説!

カジノゲームを楽しむ際は、資金管理が非常に重要と言われます。

自己資金を全損することなく、効率よく利益を得るのが理想となるわけですが、この点は投資と非常によく似ていますね。

今回ご紹介するキャンセレーション法は、「利益目標」に大きく的を当てた必勝法です。

利益目標まで利益を積み上げることに特化した必勝法、キャンセレーション法はいったいどのような必勝法なのか。

キャンセレーション法の特徴や活用法、検証を交えながら有用性の確認をしていきます。

【注目】あなたにピッタリなオンラインカジノは?今話題の厳選オンカジランキング!

もくじ

キャンセレーション法とは?

キャンセレーション法

キャンセレーション法は「利益目標」をベースにその到達を目指す必勝法です。

その手法は、数列を使う必勝法の「モンテカルロ法」「ラブシェール法」に非常に似た側面を持っています。

まず上の画像のように10ドルを利益目標とした場合、合計数字が10となる任意の数列を作成します。

画像のように「1, 2, 3, 4」という数列でも構いませんし、「2, 1, 2, 2, 1, 2」という数列でも「3, 2, 2, 3」という数列でも構いません。

大切なのが数列を構成する数字の合計が「利益目標」となる点です。

キャンセレーション法の特徴

先ほどもお伝えしましたが、キャンセレーション法は数列を活用します。

しかしモンテカルロ法とは異なる特徴もあるので、確認していくことにしましょう。

勝利時の利益を自分で決めることができる

資金

最大の特徴は、利益目標を自分で決めることができる点です。

利益目標を10ドルと決定すれば、それをもとに数列を作成します。そして数列の消去に成功すれば、利益目標となる金額の利益が確定するのです。

この点が同じ数列を活用する必勝法と明確に異なる点です。1セット(1つの数列)が完結できれば目標となる利益が確定する必勝法なのです。

1ゲームあたりの賭け金を自由に設定できる

1ゲームあたりの賭け金を自由に設定できる

1ゲーム当たりの賭け金額は、数列を構成する数字を2つ加算することで決定します。

このことを念頭に置いて数列を作成すれば、1ゲーム当たりの賭け金額が何ドルになるかの想定が可能です。

つまり、1ゲーム当たりのおよその賭け金を、自分自身で設定できることになるのです。

キャンセレーション法の基本的な流れ

すでに数列を用いる必勝法の知識を持たれている方は、すぐに理解できることとなるはずです。

基本的な流れは数列の作成、作成した数列をもとに該当ゲームの賭け金を決定する流れとなります。

そして数列の数字をすべて消去できればキャンセレーション法が完了します。

1. ゲーム前に自分で目標利益を決める

ゲーム前に自分で目標利益を決める

まずは自己資金に応じて「目標利益」の設定から行います。

ただ、50ドルしか資金がないのに目標利益を100ドルとするのはあまりにも無謀です。

自己資金に応じた適正な範囲内で「目標利益」を決定しましょう。

2. 目標利益の数字を48個ほどに分割して紙に書く

目標利益の数字を4~8個ほどに分割して紙に書く

数列の数字の合計が決定した目標利益となる数列を作成します。ここで大切なポイントがあります。

数列が長くなれば長くなるほど長期戦傾向が強くなること、数列の数字を少なくすればするほど1回の賭け金額が高くなるので理解しておきましょう。

3. 数列の両端にある数字を足した金額を賭ける

数列の両端にある数字を足した金額を賭ける

数列が作成出来たら賭けを行います。初回の賭け金額は、数列の両端の数字を加算した金額です。

例えば上の画像の1列目の数列は2+1=3と計算し、3ドルの賭け金額。2列目の数列では2+5=7と計算し、7ドルの賭け金額、そして3つ目も同様で15ドルの賭け金額です。

これで最初のゲームの賭け金額が決定し、賭けが行えます。以降は、勝った場合と負けた場合で対応が異なります。

4-A. 負けた場合:数列の右側に前回賭けた額を追加する

負けた場合:数列の右側に前回賭けた額を追加する

負けた場合は、負債額を数列の右端に書き足します。

例えば1つ目の「2, 1, 1, 2, 1, 2, 1」という数列で3ドル賭けをして負けた場合、負債額の3ドルを書き足し「2, 1, 1, 2, 1, 2, 1, 3」という数列を新たに作成します。

負債額を右端に書き足し、次のゲームに備えることとなるのです。

4-B. 勝った場合:両端の数字を削除する

勝った場合:両端の数字を削除する

勝った場合、数列の両端の該当数字を消去します。

1つ目の「2, 1, 1, 2, 1, 2, 1」という数列では両端の「2, 1」が消去され新たに「1, 1, 2, 1, 2」という数列が作成されることになります。

勝った場合は両端の数字を消去して、次のゲームに備えます。

5. 最終的に数列が全てなくなったらキャンセレーション法を終了する

最終的に数列が全てなくなったらキャンセレーション法を終了する

全ての数字が消去出来たら、キャンセレーション法は完了します。つまり目標とした金額の利益が確定すること。

1つ目の数列では10ドル、2つ目の数列では20ドル、3つ目の数列では50ドルの利益が確定するのです。

キャンセレーション法は本当に使える必勝法かバカラを使って実践

バカラのプレイヤーベットを使ってキャンセレーション法を実践
賭け方 プレイヤー
目標利益 10ドル
数列 1、122112

キャンセレーション法は、有効な必勝法なのかを検証を通じて確認をしていくことにしましょう。

選択するゲームはバカラ。バカラではプレイヤーベット時の勝利の場合2倍の配当を得られますが、バンカーベットでは1.95倍の配当しか得られません。

そのためこの検証ではプレイヤーベットのみを選択することとします。

目標利益は10ドルとし、数列は「1, 1, 2, 2, 1, 1, 2」という数列を作成しました。

1ゲーム目

1ゲーム目
ゲーム数 1ゲーム目
賭け金 3ドル
勝敗 勝ち
勝敗後の数列 1、1、221、1、2
累計損益 +3ドル

1ゲーム目の賭け金額は数列の両端の数字を加算して3ドルとなります。3ドルをプレイヤーにベットしていざ勝負です。

結果は、74でプレイヤーの勝ちです。見事的中となり6ドルの配当を得られ、累積損益はプラスの3ドルとなりました。

数列の両端の数字を消去し、「1, 2, 2, 1, 1」という数列を作成し、次ゲームに備えます。

2ゲーム目

2ゲーム目
ゲーム数 2ゲーム目
賭け金 2ドル
勝敗 勝ち
勝敗後の数列 1122112
累計損益 +5ドル

2ゲーム目の賭け金額は数列から1+12ドルと確認できます。よって2ドルをプレイヤーにベットします。

結果は85でプレイヤーの勝利で連勝となりました。

4ドルの配当を得られ、累積損益はプラスの5ドルとなりました。数列の両端の数字を消去し、新たに「2, 2, 1」という数列を作成して次のゲームに備えます。

3ゲーム目

3ゲーム目
ゲーム数 3ゲーム目
賭け金 3ドル
勝敗 負け
勝敗後の数列 1122、1、123
累計損益 +2ドル

3ゲーム目の賭け金額は数列から2+13ドルとなります。3ドルをプレイヤーに賭けます。

結果は、69でバンカーの勝利です。ここで残念ながら外してしまいました。

3ドルの損失が生じ、累積損益はプラスの2ドルに目減り。新しい数列に負債額の3を書き足し「2, 2, 1, 3」とい数列を作成して次のゲームに備えます。

4ゲーム目

4ゲーム目
ゲーム数 4ゲーム目
賭け金 5ドル
勝敗 タイ
勝敗後の数列 1122、1、123
累計損益 +2ドル

4ゲーム目の賭け金額は数列から2+3=5ドルと確認できます。5ドルをプレイヤーにベットします。

結果は88でタイとの結果となりました。この場合は賭け金額が全額返却されますのでノーカウント。

累積損益も変動なく、数列も変化しません。次のゲームの賭け金も5ドルとなります。

5ゲーム目

5ゲーム目
ゲーム数 5ゲーム目
賭け金 5ドル
勝敗 負け
勝敗後の数列 1122、1、12、3、5
累計損益 -3ドル

5ゲーム目は再度5ドルの賭けを行います。5ドルをプレイヤーにベットします。

結果は09でバンカーの勝利となりました。負けたので負債額の5ドルを数列に書き足します。新しい数列は「2,2, 1, 3, 5」となります。

5ドルの損失となり累積損益はマイナスの3ドルとなりました。

6ゲーム目

6ゲーム目
ゲーム数 6ゲーム目
賭け金 7ドル
勝敗 勝ち
勝敗後の数列 1122、1、1235
累計損益 +4ドル

6ゲーム目の賭け金額は2+5=7と求められ7ドルです。7ドルをプレイヤーにベットします。

結果は52でプレイヤーの勝利です。14ドルの配当を得られ、7ドルの利益を得ることができました。累積損益はプラス4ドルとなり、プラス域に復活です。

数列の「2, 5」を消去し、数列は「2,1,3」となりました。

7ゲーム目

7ゲーム目
ゲーム数 7ゲーム目
賭け金 5ドル
勝敗 負け
勝敗後の数列 1122、1、12、3、55
累計損益 -1ドル

7ゲーム目の賭け金額は2+3=5ドルと求めることができます。5ドルをプレイヤーにベットします。

結果は38でバンカーの勝利です。負けたので5ドルの損失が生じ、累積損益は再びマイナス1ドルとマイナス域に入ってしまいました。

損失額の5ドルを数列に書き足し、「2, 1, 3, 5」という数列を作成し次のゲームに備えます。

8ゲーム目

8ゲーム目
ゲーム数 8ゲーム目
賭け金 7ドル
勝敗 勝ち
勝敗後の数列 1122112355
累計損益 +6ドル

8ゲーム目の賭け金額は2+5=7ドルと求められます。7ドルをプレイヤーにベットします。

結果は53でプレイヤーの勝利です。14ドルの配当を得られ、7ドルの利益となりました。累積損益はプラスの6ドルと再浮上することができました。

数列の両端の数字の「2, 5」を消去し、新しい数列「1, 3」を作成し次のゲームに備えます。

9ゲーム目

9ゲーム目
ゲーム数 9ゲーム目
賭け金 4ドル
勝敗 勝ち
勝敗後の数列 1122112355
累計損益 +10ドル

勝てばラストゲームとなる9ゲーム目。賭け金は残る2つの数字を加算し、1+3=4ドルです。

4ドルをプレイヤーにベットします。結果は、70でプレイヤーの勝利です。

見事に的中し8ドルの配当を得られ、4ドルの利益となりました。累積損益はプラスの10ドルとなり目標達成です。

数列もすべて消去出来たので、検証を終了することとします。

キャンセレーション法の実践結果

ゲーム数 賭け金 勝敗 勝敗後の数列 累計損益
1 3ドル 勝ち 1122112 +3ドル
2 2ドル 勝ち 1122112 +5ドル
3 3ドル 負け 1122、1、123 +2ドル
4 5ドル タイ 1122、1、123 +2ドル
5 5ドル 負け 1122、1、12、3、5 -3ドル
6 7ドル 勝ち 1122、1、1235 +4ドル
7 5ドル 負け 1122、1、12、3、55 -1ドル
8 7ドル 勝ち 1122112355 +6ドル
9 4ドル 勝ち 1122112355 +10ドル

※9ゲーム目で目標利益に到達したのでキャンセレーション法を終了

9戦して531引き分けの結果となりました。

勝率がよかったこともありますが、大切なポイントは数列をすべて消去出来、目標を達成できた点です。

1セット完了で目標を達成できるのです。この点からは積極的に有効活用をしたいとの思いを強く持つことができました。

賭け金の変動幅も27ドルとそう大きくはありません。数列の作成の仕方にもよりますが、大きく賭け金額が変動しない点は安心感を持つことができますね。

キャンセレーション法のメリット・デメリット

キャンセレーションはメリットだけでなく、デメリットも知っておかなければなりません。

メリットとデメリットをしっかりと理解し、必勝法を活用しましょう。

メリット1. 成功すれば自分で決めた目標利益が得られる

資金

最大のメリットは、キャンセレーション法を完了出来れば、目標とした利益を獲得できる点です。

しかもその目標到達は、1セット完了するだけで得られるので、他の必勝法にはないメリットとも言えます。

合わせてやめどきまで明確、無駄に利益を失うリスクもありません。

メリット2. 資金管理がしやすい

資金管理

資金管理がしやすいのもキャンセレーション法のメリットの1つです。

キャンセレーション法を活用するために自ずと必要になるため、許容損失額の設定だけをすればいいことになります。

許容損失額だけを意識すればいいので、活用のしやすさにつながるわけですね。

デメリット1. 連敗が続くと賭け金が大きくなる

ゲーム数 賭け金 勝敗 勝敗後の数列 累計損益
1 3ドル 負け 231313 -3ドル
2 5ドル 負け 23131、3、5 -8ドル
3 7ドル 負け 23131、3、57 -15ドル
4 9ドル 負け 23131、3、579 -24ドル
5 11ドル 負け 23131、3、57911 -35ドル

どの必勝法でも同じことですが、連敗を重ねると賭け金額が高騰します。

賭け金額が上がる幅は、マーチンゲール法のように倍々にはなりませんが、相応に大きくなってしまいます。

上の表は5連敗した時の賭け金額の変動を表したもの。3ドルの賭け金額が5連敗で11ドルに上がっていることが確認できます。

キャンセレーション法でも連敗は鬼門となるのです。

デメリット2. 数列を使うので紙とペンが必要

記録 メモ

数列を用いる必勝法では、共通しているデメリットがキャンセレーション法にもあります。

それがメモを必要とし、ゲーム毎に勝敗によって、消去や書き足しをする煩わしさです。

とはいえ、効果的なのでデメリットとも言い難いですが、手間がかかるのはデメリットと言えます。

キャンセレーション法を使う際の注意点

キャンセレーション法は、全てのカジノゲームに万能な必勝法ではありません。

そのためゲームの選択や、資金管理の仕方などを注意しましょう。

勝率約50%で配当が2倍のゲームを選ぶ

勝率約50%で配当が2倍のゲームを選ぶ

キャンセレーション法の有効活用は、勝率が約50%のカジノゲームであり、勝利時に得られる配当が賭け金の2倍となるゲームが理想となります。

これに該当するゲームは3種類。ルーレットにバカラ、ブラックジャックです。

ルーレットでは、「赤黒賭け」「奇数偶数賭け」「ハイロー賭け」の3種類。

バカラではプレイヤーベットが理想。その理由はプレイヤーベットでの勝利時の配当が賭け金の2倍なのに対して、バンカーベットは1.95倍になるからです。

そして最後にブラックジャックは、ダブルダウンやスプリットといったアクションを選択する際、配当が変わります。

これらを総合すると、ルーレットが最も理想的となるのです。

勝率約50%のゲームの中でも独立事象のゲームがおすすめ

独立事象 従属事象

ゲームには、独立事象と従属事象のゲームがあります。

独立事象のゲームでは、当回ゲームの結果は前回の結果に影響を受けることはありません。

しかし従属事象のゲームでは当回ゲームの結果は、これまでのゲーム結果に何かしらの影響を受けることとなるのです。

カードゲームではカードが消費されるため、前回ゲームで使用されたカードがその後のゲームに影響を与えてしまうのです。

この視点からみるとキャンセレーション法の使用は、ルーレットでプレイするのが最適ですね。

無謀な目標金額を設定しない

ドル お金

キャンセレーション法の成否を握る1つの項目は目標設定です。

先にも少し触れましたが、自己資金に対して適切な目標設定をしなければ、成功率が下がります。

自己資金が少ないのに高い目標設定をすれば、連敗によって賭け金額が上がります。これにより、即追い込まれてしまう可能性が生じるのです。

よって目標設定は、自己資金の20%前後が理想となるでしょう。

遊ぶゲームのベット額上限に注意

遊ぶゲームのベット額上限に注意

テーブルゲームには、それぞれのテーブルごとに上限となる賭け金額が設定されています。

特に大金を賭けて遊ぶ方は、この上限額には細心の注意を払う必要があります。

せっかくの必勝法であっても、テーブルの限度額を超えての賭けは行えません。

よってゲームを始める前に、テーブルリミットと言われる賭けの上限額を確認しておく必要があるのです。

特にハイローラーの方は必須項目と考えるべき注意点です。

攻略法を使う前は目標金額だけでなく損切り額も決めておく

事前に目標金額や損切り額を決めておく

許容損失額の設定は欠かせません。同時に厳守という項目も忘れてはいけません。

キャンセレーション法は必ず勝てるものではありません。負けることもあるのです。

自己資金に応じて許容損失額を設定し、どこまで追えるかを明確にしておく必要があります。

絶対に避けるべきは自己資金を全損し、復活のチャンスを自ら消してしまうことなので注意しましょう。

キャンセレーション法は状況に応じて分割数を調整するのがおすすめ

キャンセレーション法は、数列の作成の仕方で活用方法が変えられる特徴があります。

1つのポイントは数列を長くすると長期戦になりやすい点。一方で1回のゲームへの賭け金額がおさえられるという側面を持っています。

もうひとつのポイントは、数列を短くすると短期戦になりやすい、一方で1回のゲームの賭け金額が大きくなります。

リスクを抑えて稼ぎたい場合は数列を多くする

目標金額 数列
10ドル 1、1212111
20ドル 2、1223122212
30ドル 3、54235242

数列を長くすると必然的に一つひとつの数字は小さくなります。これによって、1回の賭け金額も小さくなります。

同時に消化をすべき数字が多くなることから、ゲーム数が自ずと必要となることも確認できるはずです。

よって、リスクを抑えて稼ぎたい場合はこのような数列が理想なものの、長期戦は覚悟しましょう。

短時間で目標利益を達成したい場合は数列を少なくする

目標金額 数列
10ドル 2、323
20ドル 4、4444
30ドル 6、6666

逆に数字を少なくすると、一つひとつの数字が大きくなります。結果、数字が少ないことから、少ない勝利数で数列の消去が可能です。

数列を少なくすれば短期戦傾向が強まる反面、賭け金は高騰しやすいのです。流れが良い時は積極的な選択も有効です。

キャンセレーション法を実践する際におすすめのオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノで利用できる入出金方法

取得ライセンス

30ドル+ハワイアンドリームのフリースピン20回分プレゼント!

ベラジョンカジノは2011年から日本市場に参入し、10年以上の運営実績がある日本で人気ナンバーワンのオンラインカジノです。

入金ボーナスは回数によって最大950ドル貰え、ボーナスの出金条件も20倍と緩いため、初心者の方でも簡単に勝利金を出金できます。

さらにベラジョンカジノへの入金に応じて、1日あたり5ドル分のゲームを10日連続で無料プレイ可能!

ベラジョンカジノはオンラインカジノ業界の中でも先行配信されるゲーム数がとても多いので、いち早く新作ゲームで遊ぶことができます。

どの項目をとっても日本人ユーザーの満足度が高いので、登録先に迷ったらまずベラジョンに登録するのがおすすめ。

当サイトからのご登録で

入金不要ボーナス30ドルを

無料プレゼント

当サイトからご登録いただいた方にもれなく、入金不要ボーナス30ドル(約3,000円)をプレゼント致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

カジノシークレット

カジノシークレットで利用できる入出金方法

取得ライセンス

   キャッシュバック最高500ドルをプレゼント!

カジノシークレットは、キャッシュバック方式というボーナスを採用しているオンラインカジノ。

キャッシュバックとは対象ゲームをプレイして勝負に負けた時に、賭け金の一部が自動的に戻ってくるという仕組みです。

またオンラインカジノでボーナスを出金する際に出金条件という制限を満たす必要がありますが、カジノシークレットは出金条件なし!

つまり、獲得した勝利金をすぐに出金できます。

遊べるゲームの種類も豊富なので、面倒なボーナスの賭け条件を気にせず遊びたい方におすすめ。

当サイトからのご登録で

最高500ドルまでの初回入金額50%を

キャッシュバック!

当サイトからご登録いただいた方に、最高500ドルまでの初回入金額50%をキャッシュバック致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

遊雅堂

遊雅堂で利用できる入出金方法

取得ライセンス

    入金不要ボーナス3,000円をプレゼント!

遊雅堂は高級感のある和風デザインで、ベラジョンカジノの姉妹サイトとしても有名なオンラインカジノ。

サポートは日本人向けに最適化されており、初心者の方でも安心してプレイできます。

さらに遊雅堂は日本円がそのまま使え、わざわざドルやユーロに換金する必要がありません。

プレイ画面の金額も日本円で表記されているので、日本人プレイヤーとしては非常に便利!

遊雅堂はオンラインカジノで人気のゲームを多数揃えているので、入出金やゲームに関するトラブルを回避して遊びたい方におすすめです。

当サイトからのご登録で

入金不要ボーナス3,000円を

無料プレゼント!

当サイトからご登録いただいた方にもれなく、入金不要ボーナス3,000円をプレゼント致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

まとめ

キャンセレーション法は、数列全削除の完了と共に、目標利益獲得が約束された必勝法です。

システム上資金管理もしますので、許容損失額の設定や順守といった課題を持っている方にはキャンセレーション法は理想的。

リスクを負った短期決戦方にも、リスクを抑えた長期戦方にもアレンジが可能な側面もあり、様々なゲームの楽しみ方に対応できますよ。

活用の幅も広い必勝法なので、ぜひとも身に付けておきましょう!

迷ったらここ!おすすめのオンラインカジノをランキングで紹介!

数あるオンラインカジノから、カジノラッシュオンラインがおすすめをランキング化しました!

どのオンラインカジノにするか悩んでいるあなたに、ランキング形式でわかりやすく紹介します。

まだどこにも登録していないあなたも、他のオンラインカジノも遊んでみたいというあなたも

是非このランキングから探してみてください。

▼ランキングを今すぐチェックする

最新版!オンラインカジノ総合ランキング

-攻略法