GPWA

攻略法

ウィナーズ法の特徴や賭け方、実際に使える必勝法なのか徹底解説!

ウィナーズ法の特徴や賭け方、実際に使える必勝法なのか徹底解説!

ウィナーズ法は負債を取り戻す必勝法です。

負債額をもとに数列を作成し、無理のない賭け金額で負債の回収を目指す必勝法。

数列を使うため、モンテカルロ法やラブシェール法などの必勝法と似ていますが、数列の活用方法は異なります。

今回の記事では、このウィナーズ法の特徴や活用法、実践検証から有用性まで幅広く解説をしていきます。

【注目】あなたにピッタリなオンラインカジノは?今話題の厳選オンカジランキング!

もくじ

ウィナーズ法とは?

ウィナーズ法

ウィナーズ法は2連敗が活用の契機となる必勝法です。

例えばルーレットの「赤・黒賭け」に1ドル賭けをして連敗をしたと仮定します。この時の負債額は2ドルとなります。

この2ドルをもとに数列を作成。数列は「1, 1」という数列になり、この数列をもとに賭け金額を決定します。

賭け金額は、数列の左端の数字を2倍した金額になります。

そして勝利した場合該当数字を消去し、負けた場合は負債額を右端に書き足しましょう。

数列が完全に消去できればウィナーズ法は完了します。

ウィナーズ法の特徴

冒頭に少し触れましたが、ウィナーズ法はモンテカルロ法やラブシェール法、10ユニット法といった数列を用いる必勝法と非常に似ている特徴があります。

ウィナーズ法はこの他にも特徴がありますから、改めてウィナーズ法の特徴を確認していくことにしましょう。

リスクを抑えて損失回収ができる

資金

ウィナーズ法最大のメリットともいえる特徴が、「リスクを抑えて損失回収ができる」という点です。

ウィナーズ法は1回の勝利で損失額の回収を目的としていません。

複数回の勝利の積み重ねで損失の回収を目指すため、リスクが分散されるのです。

勝率が50%でも利益が出せる

ゲーム数 賭け金 勝敗 勝敗後の数列 累計損益
1 1ドル 負け - -1ドル
2 1ドル 負け 1、1 -2ドル
3 2ドル 負け 1、1、2 -4ドル
4 2ドル 負け 1、1、2、2 -6ドル
5 2ドル 勝ち 11、2、2 -4ドル
6 2ドル 勝ち 112、4 -2ドル
7 4ドル 勝ち 1124 +2ドル
8 8ドル 勝ち 1124 +10ドル

上の表は1ドルの負債が生じた場面から、ウィナーズ法を活用した一例の賭け金額と勝敗、そして累積損益を一覧化した表です。

8ゲームでの勝率は4勝4敗の5分ですが、累積損益がプラスの10ドルとなっていることが確認できます。

このように、勝率50%に到達すればプラス収支が見込める、という特徴をウィナーズ法は持っているのです。

ウィナーズ法の基本的な流れ

ここからウィナーズ法の基本的な流れを確認していくことにしましょう。

1. 初回の賭け金額を決める

チップ

最初に決定するのは1回のゲームに賭ける賭け金額です。

この1回のゲームに賭ける金額は資金額によって様々です。

ウィナーズ法を活用したいのであれば、1回のゲームの賭ける賭け金額は自己資金の5%以内に収めるべきです。

2. 2連敗したら紙に賭けた金額を書いてウィナーズ法を開始

2連敗したら紙に賭けた金額を書いてウィナーズ法を開始

ウィナーズ法を活用契機となる機会は2連敗以降になります。2連敗をしたら数列を作成します。

数列の作成の仕方は1ゲーム目の負債額、2ゲームの目の負債額と連続して数字を記せば完了です。

例えば、1ドルのフラットベットで連敗した場合、上の画像のように「1, 1」という数列の作成ができることになります。

3. 数列の左端にある数字を2倍にした額を賭ける

数列の左端にある数字を2倍にした額を賭ける

3ゲーム目の賭け金額はこの数列を用いて導きます。「1, 1」という数列をもとに賭け金額を決定します。

賭け金額は左端の数字を2倍した金額、というのがウィナーズ法のルールです。

よって、「1, 1」という数列の場合には1×2=2と計算し、2ドルが賭け金額と求められます。

4-A. 負けた場合:数列の右側に前回賭けた額を追加する

負けた場合:数列の右側に前回賭けた額を追加する

負けてしまった場合、数列の右端に負債額を書き足します。

この例では2ドルの負債ができたので右端に「2」を書き足し、数列は「1, 1, 2」という数列となります。

そして次ゲームは左端の数字を2倍するので、同様に1×2=2と計算をして2ドルとあることが分かります。

4-B. 勝った場合:数列の左端の数字をひとつ消す

勝った場合:数列の左端の数字をひとつ消す

勝利した場合は左端の「1」を消去します。

そして次のゲームのかけ金額は残った数字をもとに1×2=2と求めることができ、賭け金額が2ドルとなることが確認できます。

5. 最終的に数列が全てなくなったらウィナーズ法を終了する

最終的に数列が全てなくなったらウィナーズ法を終了する

ウィナーズ法の完了は、数列の数字がすべて消去できた場合となります。

勝利した際に消去できる数字は必ず1つなので、最終局面では必ず1つの数字が残ることとなり、リーチ状態。

この状態のゲームで勝利を収めると、ウィナーズ法の完了を迎えることができるのです。

ウィナーズ法は本当に使える必勝法かルーレットを使って実践

ルーレットの赤・黒賭けを使ってウィナーズ法を実践

賭け方 赤・黒賭け
初回賭け金 1ドル

ウィナーズ法の活用方法は確認できたことと思います。次いで、実践を通じて有用性の確認をしながら活用法の理解を深めていくことにします。

実践を行うゲームはヨーロピアンルーレットを選択します。初回の賭け金額を1ドルとして、赤・黒賭けを行うこととします。

1ゲーム目

1ゲーム目

ゲーム数 1ゲーム目
賭け金 1ドル
勝敗 負け
勝敗後の数列 -
累計損益 -1ドル

1ゲーム目は赤を選択し、1ドルをベットします。結果は「黒の15」となり残念ながら不的中です。

1ドルの損失が生じましたが、連敗しないとウィナーズ法の検証ができないので、前向きな負けとなりました。

2ゲーム目

2ゲーム目

ゲーム数 2ゲーム目
賭け金 1ドル
勝敗 負け
勝敗後の数列 1, 1
累計損益 -2ドル

ウィナーズ法の活用契機は連敗ですから、もう1回負けないとウィナーズ法が活用できません。

結果は「黒の22」となり、見事に不的中です。損失は2ドルとなりましたが、ウィナーズ法の活用契機を得られたのでワクワクします。

3ゲーム目

3ゲーム目

ゲーム数 3ゲーム目
賭け金 2ドル
勝敗 負け
勝敗後の数列 1, 1, 2
累計損益 -4ドル

3ゲームを前に数列を作成します。「1,1」との数列から1×2=2と計算し、2ドルの賭け。赤を選択して2ドルを賭けます。

結果は「黒の31」となり、不的中となりました。損益は-4ドルとなりました。

4ゲーム目

4ゲーム目

ゲーム数 4ゲーム目
賭け金 2ドル
勝敗 勝ち
勝敗後の数列 11、2
累計損益 -2ドル

4ゲーム前に数列を修正します。先ほどもゲームで負けたので数列は「1, 1, 2」となりました。

そして賭け金額は先ほど同様に、1×2=2と計算をして2ドルと導けます。今回は、黒を選択し2ドルを賭けます。

結果は「黒の29」となりようやく的中することができました。的中したので、数列の左端の数字をひとつ消去します。

収支は2ドルのマイナスとなりました。数列は「1, 2」となりました。

5ゲーム目

5ゲーム目

ゲーム数 5ゲーム目
賭け金 2ドル
勝敗 勝ち
勝敗後の数列 112
累計損益 0

5ゲーム目の数列は「1, 2」ですので、賭け金額は1×2=2で求められ2ドルと確認できます。

赤を選択し2ドルをベット。結果は、「赤の1」となり連勝することができました。

4ドルの配当を得られ、収支は±0。さらに的中したので左端の「1」を消去します。

6ゲーム目

6ゲーム目

ゲーム数 6ゲーム目
賭け金 4ドル
勝敗 負け
勝敗後の数列 112、4
累計損益 -4ドル

残る数字は「2」だけとなりました。賭け金額は2×2=4と求められます。4ドルを黒に賭けます。

結果は「赤の27」となり不的中。4ドルの損失が生じ、総収支も4ドルのマイナスとなりました。

そして数列の右端に4を書き足します。結果、新しい数列は、「2, 4」という数列になりました。

7ゲーム目

7ゲーム目

ゲーム数 7ゲーム目
賭け金 4ドル
勝敗 勝ち
勝敗後の数列 1124
累計損益 0

7ゲーム目の賭け金額は「2, 4」という数列から2×2=4と導くことができます。赤を選択して4ドルをベット。

結果は「赤の5」となり的中です。8ドルの配当を得られ、総収支は再び±0となりました。

数列の左端の「2」を消去したので数列に残る数字は4のみとなりました。

8ゲーム目

8ゲーム目

ゲーム数 8ゲーム目
賭け金 8ドル
勝敗 勝ち
勝敗後の数列 1124
累計損益 +8ドル

再び残りの数字が1つとなったので、このゲームで勝利できればウィナーズ法が完了します。

賭け金額は4×2=8で求めることができます。赤を選択し8ドルを賭け。結果は、「赤の3」となり見事に的中です。

16ドルの配当が得られ、総収支も8ドルのプラスとなりました。

最後に残った「4」を消去して、ウィナーズ法が完了しました。よって、検証を終了します。

ウィナーズ法の実践結果

ゲーム数 賭け金 勝敗 勝敗後の数列 累計損益
1 1ドル 負け - -1ドル
2 1ドル 負け 1、1 -2ドル
3 2ドル 負け 1、1、2 -4ドル
4 2ドル 勝ち 11、2 -2ドル
5 2ドル 勝ち 112 0
6 4ドル 負け 112、4 -4ドル
7 4ドル 勝ち 1124 0
8 8ドル 勝ち 1124 +8ドル

※数列が全てなくなったのでウィナーズ法を終了

ウィナーズ法の実践結果は8戦して4勝4敗の結果となりました。

勝率は50%となり、めでたくウィナーズ法を完遂。総収支も8ドルの利益が得られています。

1ドルから始めて、最大賭け金額は8ドルです。勝ち負けを繰り返し、数列を右に伸ばしてしまうと賭け額が高くなります。

マーチンゲール法のように次のゲームで即倍額とはならず、ワンクッション入ることが確認できます。

ただし、長期戦となる場合は厳しい戦いが予想できそうです。

ウィナーズ法のメリット・デメリット

メリット・デメリット

ウィナーズ法にも他の必勝法同様にメリットとデメリットが存在します。

そこでウィナーズ法のメリットとデメリットを確認していくことにします。

メリット1. 数列が全てなくなると必ず利益が得られる

ゲーム数 賭け金 勝敗 勝敗後の数列 累計損益
1 1ドル 負け - -1ドル
2 1ドル 負け 1、1 -2ドル
3 2ドル 勝ち 1、1 0ドル
4 2ドル 勝ち 11 +2ドル

ウィナーズ法のメリットの1つに数列がなくなれば、必ず利益が得られる点があげられます。

連敗を契機に活用し、負債を取り戻すことが主眼の必勝法ですが、完結させられれば必ず利益が生じるのは大きなメリットといえます。

メリット2. 攻略法のやめどきがわかりやすい

トランプ

ウィナーズ法の完結が即やめどきとなるので、やめどきが分かりやすいという側面はメリットといえます。

しかしうまく勝ちを重ねられず数列が右に伸びてしまう状況になると、賭け金額が高騰することも頭に入れておく必要があります。

スムーズに勝ちを重ねられている場面では、やめどきはウィナーズ法の完結が示してくれわかりやすいメリットがあります。

一方で長引くと、その限りではないことも頭に入れておきましょう。

デメリット1. 2連敗しなければ攻略法が使えない

ウィナーズ法の活用契機となるのが2連敗です。つまりは2連敗しないと使えません。

ウィナーズ法が使えないというデメリットは確かにありますが、良い状況である事実も考えると問題ないでしょう。

デメリット2. 常にノートとペンを使う必要がある

ノートとペン

数列を作成するため、常にノートとペンが必要で手間がかかるというのは、ウィナーズ法の最も大きなデメリットです。

限られたベッティングタイムの中で、数列を書き足したり消去したりとの手間は、ミスを誘発する要因にもなります。

しかしオンラインカジノでは、一回ゲームを飛ばすなど対処すれば問題にはならないでしょう。

ウィナーズ法を使う際の注意点

ウィナーズ法は2連敗しなと活用できないという側面をお伝えしましたが、ウィナーズ法を活用する際には他にも注意すべき点がいくつかあります。

これらウィナーズ法を使う際の注意点を上げておきますので、有用な活用に結びつけるようにしてください。

勝率約50%で配当が2倍のゲームを選ぶ

オンライン

ウィナーズ法が活用できるのは勝率が約50%のゲームであり、勝利時に得られる配当が賭け金額の2倍のものが適切です。

この条件に当てはまるゲームといえば、ルーレットのイーブンベット、バカラ、ブラックジャックなどがあげられます。

ルーレットは様々な賭け方の選択が可能ですが、イーブンベットと呼ばれる「赤・黒賭け」「奇数・偶数賭け」「ハイ・ロー賭け」の3種類の賭け賭け方が理想となります。

またバカラではバンカーベットにベットしたら、配当が1.95倍のため理想的ではありません。

ブラックジャックではスプリットやダブルダウンのアクションを選択すると、ウィナーズ法の活用に問題や課題が生じる点は知っておく必要があります。

勝率約50%のゲームの中でも独立事象のゲームがおすすめ

独立事象 従属事象

ウィナーズ法の活用は、独立事象のゲームが最も有効。

独立事象とは、当回のゲームの結果に前のゲームの結果が影響しないゲームを指します。オンラインカジノゲームの中ではルーレットやクラップスがこれに当てはまります。

従属事象のゲームとは、当回ゲームの結果に前のゲーム結果が影響を与えるゲームを指します。オンラインカジノゲームの中ではバカラやブラックジャックがこれに当たります。

よってウィナーズ法の活用は、ルーレットが最も理想的といえます。

ウィナーズ法を使う前に連敗時の損切り額を決めておく

チップ

ウィナーズ法はリスクが小さいとはいえ、ギャンブルですからリスクなくなることはありません。

ウィナーズ法を活用しても、賭けが続けば賭け金額が高騰することとなります。

高騰すればそれだけリスクを背負う必要が生じますから許容損失額を設定し、損切りするラインを明確にしておくことは絶対に必要になります。

勝ち負けが交互に続くと賭け金が大きくなるので1度リセットするのがおすすめ

ゲーム数 賭け金 勝敗 勝敗後の数列 累計損益
1 1ドル 負け - -1ドル
2 1ドル 負け 1、1 -2ドル
3 2ドル 勝ち 1、1 0ドル
4 2ドル 負け 11、2 -2ドル
5 2ドル 勝ち 112 0ドル
6 4ドル 負け 112、4 -4ドル
7 4ドル 勝ち 1124 0ドル
8 8ドル 負け 1124、8 -8ドル
9 8ドル 勝ち 11248 0ドル
10 16ドル 負け 11248、16 -16ドル

中々数列を消去できず減らせない場面や、右に数列が長くなってしまう状況下は決して良い流れとは言えない場面です。

このような場合は、勇気をもってリセットをすることも必要です。

上の表は勝ち負けを繰り返した際のウィナーズ法の状況を示したものですが、賭け金が高騰することも確認できます。

流れが悪いことは数列の消去状況で確認できます。場合によっては、勇気ある撤退を検討するのもひとつの方法といえます。

ウィナーズ法を実践する際におすすめのオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノで利用できる入出金方法

payment_visa

取得ライセンス

30ドル+ハワイアンドリームのフリースピン20回分プレゼント!

ベラジョンカジノは2011年から日本市場に参入し、10年以上の運営実績がある日本で人気ナンバーワンのオンラインカジノです。

入金ボーナスは回数によって最大950ドル貰え、ボーナスの出金条件も20倍と緩いため、初心者の方でも簡単に勝利金を出金できます。

さらにベラジョンカジノへの入金に応じて、1日あたり5ドル分のゲームを10日連続で無料プレイ可能!

ベラジョンカジノはオンラインカジノ業界の中でも先行配信されるゲーム数がとても多いので、いち早く新作ゲームで遊ぶことができます。

どの項目をとっても日本人ユーザーの満足度が高いので、登録先に迷ったらまずベラジョンに登録するのがおすすめ。

当サイトからのご登録で

入金不要ボーナス30ドルを

無料プレゼント

当サイトからご登録いただいた方にもれなく、入金不要ボーナス30ドル(約3,000円)をプレゼント致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

カジノシークレット

カジノシークレットで利用できる入出金方法

payment_visa

取得ライセンス

   キャッシュバック最高500ドルをプレゼント!

カジノシークレットは、キャッシュバック方式というボーナスを採用しているオンラインカジノ。

キャッシュバックとは対象ゲームをプレイして勝負に負けた時に、賭け金の一部が自動的に戻ってくるという仕組みです。

またオンラインカジノでボーナスを出金する際に出金条件という制限を満たす必要がありますが、カジノシークレットは出金条件なし!

つまり、獲得した勝利金をすぐに出金できます。

遊べるゲームの種類も豊富なので、面倒なボーナスの賭け条件を気にせず遊びたい方におすすめ。

当サイトからのご登録で

最高500ドルまでの初回入金額50%を

キャッシュバック!

当サイトからご登録いただいた方に、最高500ドルまでの初回入金額50%をキャッシュバック致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

遊雅堂

遊雅堂で利用できる入出金方法

取得ライセンス

    入金不要ボーナス3,000円をプレゼント!

遊雅堂は高級感のある和風デザインで、ベラジョンカジノの姉妹サイトとしても有名なオンラインカジノ。

サポートは日本人向けに最適化されており、初心者の方でも安心してプレイできます。

さらに遊雅堂は日本円がそのまま使え、わざわざドルやユーロに換金する必要がありません。

プレイ画面の金額も日本円で表記されているので、日本人プレイヤーとしては非常に便利!

遊雅堂はオンラインカジノで人気のゲームを多数揃えているので、入出金やゲームに関するトラブルを回避して遊びたい方におすすめです。

当サイトからのご登録で

入金不要ボーナス3,000円を

無料プレゼント!

当サイトからご登録いただいた方にもれなく、入金不要ボーナス3,000円をプレゼント致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

まとめ

ウィナーズ法は、リスクを軽減した損失回収の必勝法です。

利用時には数列を利用しますが、他の数列を利用するモンテカルロ法や10ユニット法などとは異なる使い方です。

また数列を作成する手間は確かに必要ですが、リスクを軽減し、勝率50%を達成できれば積極的な活用が有効になります。

ウィナーズ法を適切な場面でうまく活用できれば、きっと皆さんのカジノライフも充実すること間違いないでしょう。

損失回収する際は、ぜひとも選択肢のひとつとして覚えておきましょう!

迷ったらここ!おすすめのオンラインカジノをランキングで紹介!

数あるオンラインカジノから、カジノラッシュオンラインがおすすめをランキング化しました!

どのオンラインカジノにするか悩んでいるあなたに、ランキング形式でわかりやすく紹介します。

まだどこにも登録していないあなたも、他のオンラインカジノも遊んでみたいというあなたも

是非このランキングから探してみてください。

▼ランキングを今すぐチェックする

最新版!オンラインカジノ総合ランキング

-攻略法