GPWA

攻略法

ピラミッド法(ダランベール法)の特徴や賭け方、実際に使える必勝法なのか徹底解説!

ピラミッド法(ダランベール法)の特徴や賭け方、実際に使える必勝法なのか徹底解説!

ピラミッド法、別名ダランベール法とも言われる必勝法について解説しています。

数学者が開発したため非常に理にかなう攻略法でありながら、使い方はシンプルでわかりやすいです。

今回は、このピラミッド法の特徴や活用法、さらには実践検証などを詳しく解説をしていきます。

【注目】あなたにピッタリなオンラインカジノは?今話題の厳選オンカジランキング!

もくじ

ピラミッド法(ダランベール法)とは

ピラミッド法

ピラミッド法は、自然とゲームの流れに応じてベット額を変動させる必勝法です。

簡単に紹介をすると「勝ったら賭け金額を1ドル減額をする」、負けたら「賭け金額を1ドル増額」するというもの。

そして、賭け金額が0になればダランベール法が完了します。

ピラミッド法は、賭け金額の変動域を図で表すと上記の「ピラミッド状」になることが由来です。

ピラミッド法(ダランベール法)の特徴

ピラミッド法の特徴の1つは、活用法が非常にシンプルで分かりやすい点にあります。

さらにリスクが大きく変動することがないという特徴があります。

フランスの数学者によって考案された投資法

ダランベール

ピラミッド法を考案したのは18世紀のフランスの哲学者・物理学者・数学者でもあったジャン・ル・ロン・ダランベールという人物です。

ジャン・ル・ロン・ダランベールは、数学だけでなく物理分野や哲学といった分野でも功績を残した人物。

ダランベールが数学的見地から考案した投資法であるため、ダランベール法とも呼ばれる理由です。

リスクを抑えて利益を積み上げられる

ゲーム数

賭け金

勝敗

累計損益

1

5ドル

負け

-5ドル

2

6ドル

勝ち

+1ドル

3

5ドル

勝ち

+6ドル

4

4ドル

負け

+2ドル

5

5ドル

勝ち

+7ドル

ピラミッド法の最大の特徴は、リスクを抑えながら利益を積み上げられる側面にあります。

上の表はピラミッド法を活用した、5ゲームの「賭け金」「勝敗」「累積損益」を一覧にした表です。

注目すべきは賭け金の欄です。変動が4ドルから6ドルと狭い幅に収まっています。

これは、ほぼ毎ゲームでリスクに差がないということを表しています。

ピラミッド法(ダランベール法)の基本的な流れ

ピラミッド法は、勝ったら1ドル賭け金額を下げ、負けたら1ドル賭け金を上げるというシンプルなものです。

しかしその前に決めておくべきこともあります。それらを基本的な流れを確認しながら身に付けていきましょう。

1. ゲーム前に初回の賭け金と勝敗後の増減単位を決める

ピラミッド法の活用をする場合、最初に「初回の賭け金」と「増減単位」の2つをあらかじめ決めなければなりません。

増減を繰り返す流れの中で収益を積み上げる必勝法のため、5ドルや10ドルといった初回の賭け金額がおすすめ。

そして「増減単位」は、初回の賭け金額に応じて適切な金額を設定しましょう。

初回賭け金額は5ドルであれば1ドル程度が理想的で、10ドルであれば1ドルまたは2ドルといった単位が理想的です。

2-A. 負け:賭け金を1単位増やして次のゲームを行う

負けた場合:賭け金を1単位増やして次のゲームを行う

ピラミッド法では負けた次のゲームでは賭け金額を1単位増額します。この1単位とは先の項目で決定した「増減単位」を表します。

上記のように1ドルと設定したなら、先のゲームの賭け金額から1ドルを増額します。

負けたら増減単位の1ドルを上乗せして賭け金額を増額するので、2ゲーム目では2ドルの賭け金となります。

2-B. 勝ち:賭け金を1単位減らして次のゲームを行う

勝った場合:賭け金を1単位減らして次のゲームを行う

勝った場合、賭け金額を1単位分減額します。

増減単位を1ドルと決定しているのであれば、1ドルの減額ということになります。

上の画像では初回賭け金額を3ドルに設定し、増減単位を1ドルと設定した場合の勝ちを重ねた場合を図示したものです。

3. 連勝して賭け金を減らせなくなった場合

連勝を重ねることで、賭け金額は徐々に減額されます。最終的には決定した増減単位での減額ができなくなります。

ここでダランベール法を完了することもできますが、継続してゲームを続けることも可能です。

パターン1. 前回の賭け金と同額で賭け続ける

前回の賭け金と同額で賭け続ける

ゲームを継続する場合、減額ができなくなった場合にはあえて減額を行わずに先のゲームと同額を賭けて継続です。

勝ち続ければ利益を上積みすることができます。

もしその流れの中で負けてしまえば、再び1単位を増額することでピラミッド法の活用が再び可能となるのです。

パターン2. 初回に決めた賭け金に戻す

初回に決めた賭け金に戻す

ピラミッド法を完結する場合、初回の賭け金額に戻すこととなります。

リセットして再び初回の賭け金額からピラミッド法の活用をするのです。

この場合、完結点が明確になるためやめどきが明確になる利点もあります。

ピラミッド法(ダランベール法)は本当に使える必勝法かルーレットを使って実践

ダランベール法

賭け方

赤・黒賭け

初回賭け金

5ドル

増減単位

1ドル

実践するカジノゲームはヨーロピアンルーレットとします。

そして、選択する賭け式は「赤・黒賭け」です。

初回賭け金を5ドルに設定し、合わせて増減単位は1ドルと設定して実践に臨みます。

1ゲーム目

1ゲーム目

ゲーム数

1ゲーム目

賭け金

5ドル

勝敗

勝ち

累積損益

+5ドル

1ゲーム目は初回賭け金の5ドルを赤にベットします。

結果は「赤の36」となり見事に的中となりました。

10ドルの配当を得られ、5ドルの利益を得ることができました。累積損益はプラス5ドルとなりました。

2ゲーム目

2ゲーム目

ゲーム数

2ゲーム目

賭け金

4ドル

勝敗

負け

累積損益

+1ドル

1ゲーム目で勝利したので、2ゲーム目の賭け金額は1ドルを減額した4ドルとなります。

4ドルを赤にベットします。

結果は、「黒の13」となり不的中となりました。4ドルの損失で、累積損益はプラスの1ドルです。

3ゲーム目

3ゲーム目

ゲーム数

3ゲーム目

賭け金

5ドル

勝敗

負け

累積損益

-4ドル

2ゲーム目に負けてたので、賭け金額は1ドル増額し5ドルとなります。

5ドルを黒にベットします。

結果は、「赤の12」となり連敗をしてしまいました。

5ドルの損失で、累積損益はマイナス4ドルとなりました。

4ゲーム目

4ゲーム目

ゲーム数

4ゲーム目

賭け金

6ドル

勝敗

勝ち

累積損益

+2ドル

4ゲーム目の賭け金額は先のゲームに負けたので1ドルの増額をし、6ドルとなります。

6ドルを赤にベットします。

結果は、「赤の5」となり的中。12ドルの配当が得られ、6ドルの利益。

累積損益はプラスの2ドルとなり、プラス域に復活することができました。

5ゲーム目

5ゲーム目

ゲーム数

5ゲーム目

賭け金

5ドル

勝敗

負け

累積損益

-3ドル

先のゲームで勝利したので、賭け金額は1ドルの減額を行い5ドルとなります。

5ドルを赤にベットします。

結果は「黒の4」となり残念ながら不的中です。

5ドルの損失で、累積損益はマイナスの3ドルとなりました。

6ゲーム目

6ゲーム目

ゲーム数

6ゲーム目

賭け金

6ドル

勝敗

勝ち

累積損益

+3ドル

6ゲーム目は先のゲームで負けたので、1ドルを増額し6ドルの賭け金額となります。

黒に6ドルをベットします。

結果は、「黒の6」となり見事に的中。

12ドルの配当が得られ、6ドルの利益となりました。累積損益はプラスの3ドルとなりました。

7ゲーム目

7ゲーム目

ゲーム数

7ゲーム目

賭け金

5ドル

勝敗

負け

累積損益

-2ドル

7ゲーム目の賭け金額は、先のゲームで勝利したため1ドルを減額し5ドルとなります。

5ドルを赤にベットします。

結果は、「黒の8」となり不的中です。

5ドルの損失で累積損益も再びマイナス域となり、マイナスの2ドルとなってしまいました。

8ゲーム目

8ゲーム目

ゲーム数

8ゲーム目

賭け金

6ドル

勝敗

勝ち

累積損益

+4ドル

8ゲーム目の賭け金額は、先のゲームに負けたので1ドルの増額を行い6ドルとなります。

6ドルを黒にベットします。

結果は「黒の33」となり的中することができました。

12ドルの配当を得られ、6ドルの利益。累積損益はプラスの4ドルとなりました。

9ゲーム目

9ゲーム目

ゲーム数

9ゲーム目

賭け金

5ドル

勝敗

勝ち

累計利益

+9ドル

9ゲーム目の賭け金額は、先のゲームで勝利したので1ドルを減額した5ドルとなります。

5ドルを黒にベットします。

結果は、「黒の13」となり的中です。

10ドルの配当を得られ5ドルの利益となりました。累積損益もプラスの9ドルと増やすことができました。

10ゲーム目

10ゲーム目

ゲーム数

10ゲーム目

賭け金

4ドル

勝敗

負け

累計利益

+5ドル

10ゲーム目の賭け金額は、先のゲームで勝利をしたので1ドル減額し4ドルとなります。

4ドルを黒にベットします。結果は「緑の0」となり不的中となりました。

4ドルの損失で、累積損益はプラスの4ドルとなりました。

ピラミッド法(ダランベール法)の実践結果

ゲーム数

賭け金

勝敗

累計損益

1

5ドル

勝ち

+5ドル

2

4ドル

負け

+1ドル

3

5ドル

負け

-4ドル

4

6ドル

勝ち

+2ドル

5

5ドル

負け

-3ドル

6

6ドル

勝ち

+3ドル

7

5ドル

負け

-2ドル

8

6ドル

勝ち

+4ドル

9

5ドル

勝ち

+9ドル

10

4ドル

負け

+5ドル

今回の検証ではピラミッド法の完結までたどり着くことができませんでしたが、5分の勝敗結果でも利益が出ることを確認できました。

さらには賭け金額の変動幅は、4ドルから6ドルまでとたったの2ドルしか変動していません。

つまりゲームにおける負けのリスクが、ほぼ均等であるということ。

フラットベット同様に毎ゲームでのリスクがほぼ変わらないものの、利益が出ていることからピラミッド法の有効性が確認できました。

ピラミッド法(ダランベール法)のメリット・デメリット

メリット・デメリット

ピラミッド法の有効活用にはデメリットの理解は欠かせません。

同時にメリットの理解も必要になります。

そこでメリットとデメリットの両面を確認しておくことにしましょう。

メリット1. 勝敗が同数でも利益が残る

ゲーム数

賭け金

勝敗

累計損益

1

5ドル

勝ち

+5ドル

2

4ドル

勝ち

+9ドル

3

3ドル

負け

+6ドル

4

4ドル

負け

+2ドル

5

5ドル

負け

-3ドル

6

6ドル

勝ち

+3ドル

7

5ドル

負け

-2ドル

8

6ドル

勝ち

+4ドル

9

5ドル

負け

-1ドル

10

6ドル

勝ち

+5ドル

勝敗数が同数となる、5分の結果でも利益が出るのはピラミッド法のメリットと理解できます。

フラットベットでは±0との結果になるのですから、ダランベール法の有効性を示す側面といえます。

大きなメリットと理解することができます。

メリット2. ルールがシンプルなので初心者でも使いやすい

ルーレット

メリットの2つ目の側面はシンプルで活用しやすい点です。

「勝ったら1単位減額」「負けたら1単位増額」と単純なので、誰でもすぐに活用することができます。

デメリット1. 連勝しても利益の増え方は緩やか

ゲーム数

賭け金

勝敗

累計損益

1

5ドル

勝ち

+5ドル

2

4ドル

勝ち

+9ドル

3

3ドル

勝ち

+12ドル

4

2ドル

勝ち

+14ドル

5

1ドル

勝ち

+15ドル

6

1ドル

勝ち

+16ドル

7

1ドル

勝ち

+17ドル

8

1ドル

勝ち

+18ドル

9

1ドル

勝ち

+19ドル

10

1ドル

勝ち

+20ドル

デメリットは連勝を重ねても、利益の増え方が緩やかな点にあります。

勝ったら1単位減額することが要因となるわけですが、リスクを軽減するための策と考えれば、相殺できます。

連勝場面ではフラットベットよりも利益効率が悪いため、コツコツ稼ぐスタイルですね。

デメリット2. 連敗が続くと損失回収が難しくなる

ゲーム数

賭け金

勝敗

累計損益

1

1ドル

負け

-1ドル

2

2ドル

負け

-3ドル

3

3ドル

負け

-6ドル

4

4ドル

負け

-10ドル

5

5ドル

負け

-15ドル

6

6ドル

負け

-21ドル

7

7ドル

負け

-28ドル

8

8ドル

負け

-36ドル

9

9ドル

負け

-45ドル

10

10ドル

負け

-55ドル

上の表は10連敗した際の、ピラミッド法の賭け金額の変動と累積損益を表した表です。

極端な例ではありますが、このような大きな連敗をしてしまうと損失回収が難しいでしょう。

また同時に、損益回収に必要なゲーム数も多いです。

連敗はどの必勝法においてもマイナスに働いてしまいますので、連敗が続く場面では効果が薄いことは理解しておきましょう。

ピラミッド法(ダランベール法)を使う際の注意点

注意点はしっかりと理解していれば、即有効な活用に結び付けられることにもなるためとても重要です。

ピラミッド法を使う際の注意点を確認していくことにしましょう。

勝率約50%で配当が2倍のゲームを選ぶ

勝率約50%で配当が2倍のゲームを選ぶ

ダランベール法の活用できるカジノゲームには2つの条件があります。

1つに勝率が約50%のゲームであること。そしてもう1つが勝利時の配当が2倍であることです。

この2つの条件を満たしたカジノゲームが、ピラミッド法の活用できるゲームということになります。

カジノゲームの中でこの条件の当てはまるゲームは、ルーレットの「赤黒賭け」「奇数偶数賭け」「ハイロー賭け」の3種類。

その他、バカラやブラックジャックも該当しますが、バカラではバンカーベットでの勝利時の配当が1.95倍である点。

ブラックジャックではスプリットやダブルダウンといった、配当が異なる点に注意しましょう。

勝率約50%のゲームの中でも独立事象のゲームがおすすめ

独立事象 従属事象

勝率約50%のゲームの中でも、おすすめはルーレットとなります。

ルーレットは独立事象のゲームに分類されるカジノゲームです。

独立事象のゲームでは当回ゲームの結果に、これまでのゲーム結果が影響をすることがありません。

よっていつでも勝率は一定となるのです。

しかし、バカラやブラックジャックのような従属事象のゲームは、当回ゲームの結果にこれまでのゲームの結果が影響を与えてしまうのです。

つまりゲームの選択において、独立事象のルーレットがおすすめとなるのです。

連勝連敗時の損益の流れを把握しておく

ピラミッド法の活用においては、連勝時や連敗時の損益の流れをあらかじめ理解をしておくことが重要です。

連勝は大きく利益を伸ばすチャンスとなりますし、連敗は損失を作る機会となりやすいのです。

ピラミッド法を活用するならば、ピラミッド法を活用した際の連勝時や連敗時の特徴は理解をしておきましょう。

5連敗後に5連勝した場合

ゲーム数

賭け金

勝敗

累計損益

1

1ドル

負け

-1ドル

2

2ドル

負け

-3ドル

3

3ドル

負け

-6ドル

4

4ドル

負け

-10ドル

5

5ドル

負け

-15ドル

6

6ドル

勝ち

-9ドル

7

5ドル

勝ち

-4ドル

8

4ドル

勝ち

0

9

3ドル

勝ち

+3ドル

10

2ドル

勝ち

+5ドル

5連敗した後に5連勝した場合は、簡単に言えば負け先行でゲームが進み、勝利を重ねて5分に追いついた場合です。

この場合は累積損益がプラスになるので何の問題もありません。

5連勝後に5連敗した場合

ゲーム数

賭け金

勝敗

累計損益

1

1ドル

勝ち

+1ドル

2

1ドル

勝ち

+2ドル

3

1ドル

勝ち

+3ドル

4

1ドル

勝ち

+4ドル

5

1ドル

勝ち

+5ドル

6

1ドル

負け

+4ドル

7

2ドル

負け

+2ドル

8

3ドル

負け

-1ドル

9

4ドル

負け

-5ドル

10

5ドル

負け

-9ドル

逆に5連勝した後に5連敗をする、勝ち先行の流れで負け数が追い付くような流れの場合。これは累積損益がマイナスとなります。

上の表は5連勝後に5連敗をした場合の、賭け金の変動と累積損益を一覧にした表です。

この表からも確認できる通り、勝ち先行で負けが追い付く流れでは利益が出ません。

6連敗後に4連勝した場合

ゲーム数

賭け金

勝敗

累計損益

1

1ドル

負け

-1ドル

2

2ドル

負け

-3ドル

3

3ドル

負け

-6ドル

4

4ドル

負け

-10ドル

5

5ドル

負け

-15ドル

6

6ドル

負け

-21ドル

7

7ドル

勝ち

-14ドル

8

6ドル

勝ち

-8ドル

9

5ドル

勝ち

-3ドル

10

4ドル

勝ち

+1ドル

負け先行で連勝が続く流れ、例えば上の表のような6連敗→4連勝のような場合。

こちらでも利益を出るのが、ピラミッド法の特徴です。

6連敗後の4連勝では、負け数が勝ち数を2つ上回ることになります。しかし利益が得られるのです。

6連勝後に4連敗した場合

ゲーム数

賭け金

勝敗

累計損益

1

1ドル

勝ち

+1ドル

2

1ドル

勝ち

+2ドル

3

1ドル

勝ち

+3ドル

4

1ドル

勝ち

+4ドル

5

1ドル

勝ち

+5ドル

6

1ドル

勝ち

+6ドル

7

1ドル

負け

+5ドル

8

2ドル

負け

+3ドル

9

3ドル

負け

0

10

4ドル

負け

-4ドル

6連勝後に4連敗をする流れでは、勝ち数が負け数を2つ上回りますが、累積損益はマイナスとなります。

ピラミッド法は負け先行の流れには強いですが、勝ち先行の流れでは連敗に対して弱いです。

連勝できる確率を把握してやめどきを決めておく

連勝数

連勝確率

1連勝

50%

2連勝

25%

3連勝

12.5%

4連勝

6.25%

5連勝

3.125%

6連勝

1.562%

7連勝

0.781%

8連勝

0.390%

9連勝

0.195%

10連勝

0.097%

連取や連敗の確率は知っておけば、利益確定や損切りの判断に役立てることができるからです。

3連勝も3連敗も6.25%です。そして4連勝も4連敗も3.125%と非常に低い確率です。

このような起こりにくい事象をきっかけに、4連勝したらやめる。などと決めておくことは非常に重要です。

賭け金を上げる場合は遊ぶゲームのベット額上限に注意

ベット額上限

テーブルの最大賭け金額の把握はしておきましょう。

カジノではテーブルごとに、最低賭け金額と最大賭け金額が設定されています。

最大賭け金額の設定の低いテーブルを選択してしまうと、テーブルリミットを超える可能性があるので注意です。

特にハイローラーの方は、注意が必要な項目ですね。

ピラミッド法(ダランベール法)を実践する際におすすめのオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノで利用できる入出金方法

取得ライセンス

30ドル+ハワイアンドリームのフリースピン20回分プレゼント!

ベラジョンカジノは2011年から日本市場に参入し、10年以上の運営実績がある日本で人気ナンバーワンのオンラインカジノです。

入金ボーナスは回数によって最大950ドル貰え、ボーナスの出金条件も20倍と緩いため、初心者の方でも簡単に勝利金を出金できます。

さらにベラジョンカジノへの入金に応じて、1日あたり5ドル分のゲームを10日連続で無料プレイ可能!

ベラジョンカジノはオンラインカジノ業界の中でも先行配信されるゲーム数がとても多いので、いち早く新作ゲームで遊ぶことができます。

どの項目をとっても日本人ユーザーの満足度が高いので、登録先に迷ったらまずベラジョンに登録するのがおすすめ。

当サイトからのご登録で

入金不要ボーナス30ドルを

無料プレゼント

当サイトからご登録いただいた方にもれなく、入金不要ボーナス30ドル(約3,000円)をプレゼント致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

カジノシークレット

カジノシークレットで利用できる入出金方法

取得ライセンス

   キャッシュバック最高500ドルをプレゼント!

カジノシークレットは、キャッシュバック方式というボーナスを採用しているオンラインカジノ。

キャッシュバックとは対象ゲームをプレイして勝負に負けた時に、賭け金の一部が自動的に戻ってくるという仕組みです。

またオンラインカジノでボーナスを出金する際に出金条件という制限を満たす必要がありますが、カジノシークレットは出金条件なし!

つまり、獲得した勝利金をすぐに出金できます。

遊べるゲームの種類も豊富なので、面倒なボーナスの賭け条件を気にせず遊びたい方におすすめ。

当サイトからのご登録で

最高500ドルまでの初回入金額50%を

キャッシュバック!

当サイトからご登録いただいた方に、最高500ドルまでの初回入金額50%をキャッシュバック致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

ボンズカジノ

ボンズカジノで利用できる入出金方法

取得ライセンス

    入金不要ボーナス40ドルをプレゼント!

ボンズカジノはカジノゲームだけでなく、スポーツベットやファイナンスと多彩な楽しみ方のできるオンラインカジノ。

日本市場への参入は2020年と比較的新しいですが、出金処理のスピードが速いと評判で新規のプレイヤーを多く獲得しています。

また業界トップクラスの入金ボーナスが用意されており、全て適用すると最大395,000円分の超高額ボーナスが貰えます。

ボンズカジノは2,000種類を大きく超える豊富なカジノゲームを取り揃えているので、オンラインカジノもスポーツベットも両方楽しみたい方におすすめ。

当サイトからのご登録で

入金不要ボーナス40ドルを

無料でプレゼント!

当サイトからご登録いただいた方にもれなく、入金不要ボーナス40ドルをプレゼント致します。
今すぐ登録して特典を受け取る!

まとめ

リスクを抑えつつもしっかりと利益を生み出すのに適した、ピラミッド法(ダランベール法)。

負け先行の流れではリスクが抑えられるのに対して、勝ち先行の流れではリスクを抑える利点により利益は増やしづらい仕組み。

しかしリスクを抑えることができるということは、積極的に運用できるということ。

使い方もとてもシンプルなので、ぜひとも活用してみてください!

迷ったらここ!おすすめのオンラインカジノをランキングで紹介!

数あるオンラインカジノから、カジノラッシュオンラインがおすすめをランキング化しました!

どのオンラインカジノにするか悩んでいるあなたに、ランキング形式でわかりやすく紹介します。

まだどこにも登録していないあなたも、他のオンラインカジノも遊んでみたいというあなたも

是非このランキングから探してみてください。

▼ランキングを今すぐチェックする

最新版!オンラインカジノ総合ランキング

-攻略法